アラサー女性の婚活を男目線で考える

アラサーの女友達が婚活をしていて、「彼氏ができない」と言っているのを聞いて、男として思うこと・考えることを書いていくブログです。

カテゴリ: コンサル

こんばんは、ひろ丸です。

本ブログは「女性の婚活を男目線で考える」という趣旨でやっていて、
ほとんど私自身の女性との付き合いや、そこで失敗してきた体験などをベースにしています。


していますし、実際に、これから失敗する可能性もまだ十分ありますので

自分自身に言い聞かせるためにも、書いています。

(まったく失敗しないような完璧な男だったら良いんですけどね・・・ でも、それはきっとムリだし、そうなれる気もしないので・・・)


つまり、

読んでくださる方(いれば)のためにもなり、自分のためにもなる!


・・・そんなブログになればと・・・!


そうなれば、Win-Winです(笑)



恋愛とか男女関係は、本当に勉強あるのみですから。


ある程度の正解はあると思うんですが、人によっても違いますし、

それに、自分の考えていることが常に正しいと考えてはいけないと思うのです。


なので、他の人の意見を聞いて、

「なるほどなぁ・・・ そういう考え方もあるかぁ。。。」

というのが、常に必要じゃないかと思っております。

悩みがあるぐらいが普通なんじゃないでしょうか…



男女関係や結婚生活に限ったことではないのですが、

誰かとパートナーになって、良い関係を続けていく上で大事なことの一つは

相手のことを、どこまで考えられるか

ということかなと思います。


すごく当たり前なことを言っているようにも聞こえますが、

特に結婚ともなると、自分の生活を相手に合わせなければいけなくなるわけで、

自分のための時間は、確実に減ります
自分のやりたいと思っていることも、できなくなることが多いです。


そんな状況で
相手のことを、どこまで考えられるか

ですからね。

当り前のことを書いてますが、まったく簡単じゃないですよ。




付き合い始めなどでまだ別々に生活している状況だと、

二人ともプライベートを確保しやすいので、

二人とも、比較的わがままに (マイペースに) 生活できます。


なので、この時期にすれ違うっていうのはある意味当たり前で、
それは恐らく、
お互いに相手の状況が分かりづらく、相手のことを思いやりにくいからです。


特に男は、彼女がその場にいないと、友達との飲み会とか自分の趣味を優先して、
彼女のことはすっかり完全に頭から抜けているような場合が、ほとんどじゃないかと思います。
女性は、意外と「会いたいな」とか「声聞きたいな」とか思ってたりしますが...

こういう意識差、かなり大きいです。

そして、相手がその場にいないからこそ、この意識差があること自体にも、本人たちは気付きません


これが、しばらく経って、同棲や結婚をして一緒に暮らすようになると (更には、子どもができたりすると)
お互いの状況は見えやすくはなりますが、

逆に、わがままに (マイペースに) 生活していると相手をイライラさせることになります。


「自分のことばっかりじゃなくて、私のことももっと考えてよ!」


心情的には、こんな感じでしょうね。


「わがまま」っていうのと「マイペース」っていうのは、大差ないです。

なので、「マイペース」な人ほど、結婚って向いてないのかもしれないですね。
(私と彼女は、二人とも「マイペース」なので…  多分結婚向いてません…)


この問題は、至る所に転がっていて、
たとえ仲良しの夫婦であっても、こういうことは絶対に起こることなんじゃないかと思いますし、
だから、そうならないように、お互いに意識しなければいけないんでしょう。


女性が男性に対してこういう気持ちを持つことは多いと思うのですですが、
逆のパターンもあるでしょう。

女性が「わがまま」な場合もあると思いますし、

男性が「マイペース」な場合もあると思います。
(女性が「マイペース」で、男性が「わがまま」な場合も、もちろんあります)


女性が彼氏(旦那)に「~~~してほしいな…」って思うのは、

「私のことに大事にして欲しい」っていう女性としての可愛らしさの一つと思いますので、

個人的には応えてあげたいと思う方です。


これに全然気が付かない男性というのも、います。
同じ男として、さすがにそれについては、「気が付いてやれよ」と思います。

その場合は、男性が悪いように思います。

状況としては、

男の「マイペース」 > 女の「わがまま」

って感じでしょうか。


ところが、これが、毎日、いつも、だとしたらどうだと思います?

同じ男としては、そういう状況は苦しいです。
いつも彼女(奥さん)のことを気にしていなきゃいけない、っていうプレッシャーが出てきますので。
どれだけ彼女のことが大事だとしても、そこまで彼女のことばかり考えてはいられないですね。

敢えて言ってしまえば、

男の「マイペース」 < 女の「わがまま」

という状態になってはいるのではないかと。

まあ、

男の「マイペース」>女の「わがまま」

になっているケースの方が多いような気はしますが。
(男は、本当に気が利かない、女心が分からないと、自分自身を振り返っても思いますので…)


バランスだと思います。


彼氏が察してくれないのか。
彼女が求めすぎているのか。


このバランスが悪いという場合は、話し合ってみるしかないんでしょうね。

このバランスって、付き合っている時だけじゃなくて、結婚してからも常に変動します。
(私自身、常にそのバランスの中で奥さんと戦っています…笑)



話し合ってみて、お互い納得できる妥協点を探っていく必要があるんじゃないでしょうかね。


逆を言うと、
そういう話し合いができる相手じゃないと付き合い切れないと思います。
あなたが、ずっと相手のわがまま・マイペースに耐え続けられる精神力を持っている人か、それをはるかに凌ぐメリット (金銭的な?笑) でもない限り…


結婚ともなると、50年とか60年とか一緒に生活していかなければいけなくなりますから、

話し合いもできずに耐え続けるというのは、結構な地獄ですよね。

先日、アラサーの女友達と LINE をしていて、こういうやり取りがありました。


女性:「でも、私の彼氏って、基本的にお金に関してケチだからホテルとか行かないと思う」
   「全て全て全て全て割り勘なんです、わたしたち・・・」
   「ラーメンとかコンビニでさえ、ですね・・・」


割り勘!!

コンビニまで割り勘!!(笑)



この彼氏というのは私の友人でもあるんですが、会計士をやっている人で、
この話を聞くまで、そういう感じの人だとは思いませんでした。

恐らく、経済的にはそこそこ豊かなはずなので…。


外見的には、背が高くて、細身で、結構なイケメンなのですが、

内面的にはそこそこ変わっている人で、会計士を始める前は 5~6 年ぐらいニートだったとか。

そして、会計士の仕事はしっかりやっているんですが、
スノボにもめちゃくちゃハマっていて、インストラクターの試験を受けに行って、
「将来は、スノボを仕事にしたい」
とか言い出してしまうような人なのです。


「安定」っていう概念が全く感じられないタイプの人、っていう感じでしょうか。
(私にも「安定」っていう概念がないので、全然人のこと言えないんですが…)


そんな感じの人なので、彼のことを理解できるタイプの女性は少ないかもしれませんし、
特に、安定を求めるタイプの女性だったら、彼を彼氏 or 旦那候補として考えにくいでしょう。

事実、その彼女と付き合う前、10年ぐらい?彼女がいなかったとのこと。

かなりのイケメンで、ハイスペックなのに、です。
(でも、私も似たようなものなので、めちゃくちゃ納得しました笑
安定感・生活に安心感のある男性の友人は、みんなことごとく早く結婚していったよなぁと…)




なんとなく分かるかと思うのですが、この彼氏は、

ほっといたら、彼女のことを放置して、自分の好きなことをやってばかりいるタイプの人

です。

・・・結構、いますよね。このタイプの男性。

私からすると、多かれ少なかれ、男としてはありがちのタイプだと思うのですが。。。


そして、自分もこのタイプなので、まったく人のこと言えませんが、


このタイプは難しいです(笑)


難しいというのは、女性が期待していることを察しない、ということです。

だからモテないんですが。

仮に外見とかのスペックで彼女ができたとしても、更に話が進んで結婚できたとしても、

後々女性が苦労するタイプです。




でもね、男の大半…  言うたら90%以上は、こんなもんですよ。

だから、「男と女はすれ違うようにできている」みたいなことを言われるわけで。



このタイプの男性は、「女性のために・・・」っていう発想が貧弱なので、


一緒にいる彼女はイライラするか、悲しくなるか、呆れて絶望するか。。。


しかも、彼女がそういう気持ちになっていることすら気付いてません!

これ、本当です。


こんなふうに言っている自分自身がそうだったから、よく分かるんですが…

このタイプの男には、女性の心を察する能力がないのです。
(ただ、この能力は、トレーニングによって開発できると思っています)


だから、このテの男性には、とにかく、女性が再教育してやらないとダメでしょうね。
女性自身がイライラしないように、(男を) トレーニングしてやるというか。。。(笑)


「それはダルい。。。。。(男が) 自分でなんとかしろよ」と思うかもしれませんが、

男が自分で気づいて、自助努力で直す、なんてことはほぼありません
ので、

こういうパートナーを選んでしまって、その人と結婚したいと思うのであれば、
中長期的に、再教育することを是非ご検討ください (`・ω・´)ゞ


なんでもそうですが、問題を解決する時は、

1. まず、問題が存在することに気が付く
2. 問題の解決法を考える
3. 解決法を実践して、問題を解決する

というステップを踏む必要がありますが、

そもそも男は、「1. (女性が) 問題だと感じていること自体に気付いていない」

というケースが圧倒的に多いので、

女性が、「私はこれを問題だと思っているんだよ」と伝えない限り、男性は気付きません。

女性が「鈍感」と呼んでいるやつです。

そこは察してくれ、と。


・・・ムリです(笑)
問題の所在を気付かせない限り、直しようがありません。



さて、この女性の LINE に、私もびっくりしました。

 「さすがに、コンビニの会計まで割り勘はないだろう・・・」

と。


でも、彼女の誕生日には、ちゃんとフレンチを予約してフルコースでお祝いしてくれたそうです。

だから、金をかけるべきところではかけるし、そこはちゃんと考えてくれているみたいです。

彼女の誕生日の時は、さすがに「割り勘で!」とは言いませんでした(笑)




それは良い。

それは良いんだけど・・・


問題はそこじゃない・・・ですよ。恐らく。





男の婚活では、「女性とのデートでは、男が払うべきか」みたいな議論があるんです。

これについては、恐らく、女性によって判断が分かれるところでしょう。

付き合う前の食事についてもそうだし、
付き合い始めてからの食事もそうです。


食事に限らず、二人のお金の使い方や、どちらが払うか問題については、
婚活フェーズにとどまらず、ずっと課題になる点かと思います。
(二人の総資産が何十億もあって、お金の使い方なんか全然気にしないような生活をしている人以外は…)



このような場合、女性は「割り勘されていること」に対して悩むのですよね。

だからといって、思い切って「全部払って!」とは言いにくい。


付き合ってない男性相手だったら、奢ってくれない時点で切ってしまえば良いのですが(笑)、
付き合っていて、大事にしたいと思っている男性相手だったら、

その一言で関係が悪くなってしまったら・・・

と思ってしまう。

だから、「全部払って!」と言うには、それなりの覚悟が要ります。


しかも、この女性の場合、

彼女がその男性のことを好きになっている (そして、彼女側から告白したような形だった)

ので、

彼女の恋愛感情 (と結婚願望) の方が強いから、関係を壊すようなことを思い切って言えない。


そのせいで、問題をズルズル先延ばしにしてしまう。



好きになった方が負けですよ。本当。


でもね、それをいつまでも続けるわけにもいかんと思います。

たとえ相手のことが好きであっても、

自分が相手にこうして欲しい、ということをちゃんと言えない関係を、ずっと続けていくのは不可能です。
だって、結婚して、離婚せずに死ぬまで付き合い続けるとしたら、50 年以上とかですよ?


50年のうちには、どこかで戦わなければいけなくなる

もっと言えば、自分の希望をちゃんと伝えられる関係にしなければいけなくなります。


それに関して言えば、むしろ結婚してからの方がハードな選択です。



だから、どこかの時点で

覚悟を決めて、自分が感じていることを思い切って伝える

ことが必須だと思います。

その彼女はまだ 29 歳とかなので、結婚のリミットまではまだまだ余裕があります。
ただ、本人が 30 歳で結婚したいとなれば、ギリギリでしょうか…。


そして、彼がそれを問題だと思ってくれて、直そうとしてくれるのであれば、
彼女に合わせる努力をしてくれると思います。

ただ、言われてすぐに直すのは難易度が高いので、徐々にということになるとは思いますが…


勿論、一方で、女性の期待していることが全て認められるわけではないと思います。

どれだけ大事に思っていたとしても、女性のわがまま全てを受け止められるわけではないし、
女性が期待している全てを察してくれるスーパーマンみたいな男性は、ほぼ皆無でしょう。


だから、自分の希望を全て通そうとしない方が良いです。


大事なのは、ちゃんと話し合いができるということです。


男性側も女性側も、して欲しいこと/して欲しくないことを、

ちゃんと伝えて、真摯に受け止めて、二人の関係を良くするために努力すること。




女性のことを本当に大事に思ってくれている男性であれば

こういうことをちゃんと考えてくれると思います。


だから、直接対決を恐れないでください。



それに、もしダメそうだったら、さっさとその彼氏を切っちゃった方が良いですよ(笑)
下手に年を食ってしまう前に、結婚してから「失敗した!」って思う前に、
「男を損切りする」のはめっちゃ大事です。


私も、、、損切りされないように、日々頑張ろうと思います。。。m(_ _)m

↑このページのトップヘ