アラサー女性の婚活を男目線で考える

アラサーの女友達が婚活をしていて、「彼氏ができない」と言っているのを聞いて、男として思うこと・考えることを書いていくブログです。

カテゴリ: 仕事と婚活

このブログは婚活に関するブログのつもりなんですが、現代社会において結婚と仕事は切っても切り離せない部分があるので、今回は仕事に関するネタを取り上げてみたいと思います。
珍しく。

簡単に言うと、一般職・一般事務という仕事がなくなる、という話です。

記事は、BUSINESS INSIDERからの記事です。

 消える一般職、事務職正社員の需給ミスマッチ——「価値生まない仕事」は自動化される



直近の有効求人倍率が44年ぶりの高水準を記録するなど、空前の売り手市場となっている転職事情だが、詰めかける希望者に対し、正社員の求人が圧倒的に少ないのが、いわゆる一般事務職だ。
ハードな働き方を続けることに疲れたり、家庭との両立を考えたりする女性の求職者の多いことが特徴だが、市場の需給バランス以前にそもそも、職場から多くの一般事務の仕事が消え始めている。

結婚を考える一方で、自分の働き方についても悩んでいる方も多いんじゃないでしょうか。

「全部はかなわないことをお伝えしています。(営業などそれまでの仕事で得られていた)年収400万円で事務職は、まずほとんどありません。求人の多くを占める中小企業であれば、とくに事務職はそもそもマルチタスク。事務になれば仕事が楽になるというのは大間違いです」


という状況に対して、

まさに消える一般職の主要因ともいえるRPA(ロボットによる業務自動化)の、職場への導入を進める「RPA人材」

らしく、


「(事務職のような)バックオフィス業務には、調整力やコミュニケーション能力など、新たな職種でも活かせる能力をもつ人はたくさんいます。テクノロジーを使ったスキルを身につけるなど、柔軟なマインドを持って学び続けることで、変化に対応することは十分にできる
「AIやロボットがタスクを奪う議論は常にありますが、人間だけができる仕事は実は多い。(一般事務職が)消えると言うより、タスク(作業)が消えて、新たな仕事は増える。つまり、トランスフォーム(変わる)が実態ではないでしょうか


ということらしいんですが、
いずれにしても、時代に対応して働き続けるために、自分自身が変わり続ける (成長し続ける) ことが必要で、さもないと仕事がなくなる可能性が高いっていうことだと思います。

ここで強いて婚活と結び付けて考えてみますが、

結婚しなくても、結婚しても、自分の仕事がなくなるリスクがあるとすれば、結婚した方が "生きる" 上でのリスク分散にはなると思います。

以前の記事でも同じようなことを書きました。
 20代前半で結婚決める女子たち - 「結婚はリスク分散。人生の不確定要素をなくしたい」


また、婚活で男性を選別する時にも必要な視点じゃないかと思います。

だって、男性が将来どうやって食っていくか全然考えてない人だったら、恋愛結婚できたとしても、無職離婚 (無職になったことをきっかけに離婚してしまうこと) になってしまう可能性もあるわけですから。
むしろ、結婚適齢期を圧倒的に過ぎた時点でそんなふうになって、もし自分が専業主婦にでもなっていたら、女性の人生詰んじゃいますから。。。


将来に対する不安は誰しも持っていると思いますが、せめてそういう不安感を共有できて一緒に頑張れそうだという感覚を持てないと、結婚に踏み切るのはリスキーかもしれないですよね。

お疲れ様です。
最近一週間があっという間です。

先月も忙しかったのですが、今月はさらに忙しくて、
今週末は明日から奥さんの仕事の関係で金沢まで行ってきます。
来週月曜日は、自分の会社でプレゼンテーションがあって、それに参加するため、日曜日の仕事が終わり次第帰ってきます。

そういえば、ちらっと話しましたが、私は会社で経営をやっているのですが (社長ではありませんが)、彼女も自分の家業を継いでいて実家の会社の取締役です。
といっても、どちらも大企業ではないので、収入は微妙なところで、二人して仕事の仕方に自由度は高いものの、収入を上げていくというのがこれからの課題です。

もともと二人とも会社員だったのですが、
出会った時は、今ほどではないものの、すでに二人してだいぶフリーな感じになっていました(笑)
会社に縛られないので、朝方まで起きてたり、昼前に起きたり、みたいなこともできますが、その分、自分たちの仕事が収入にダイレクトに繋がっているような部分もあるので、その意味では危機感はあります。

私自身、会社勤めをしたこともあり、また、今の会社はフリーランスさんとの付き合いの多い会社でもあるので、これからの時代でどういう働き方がベストなのかなということは、常に意識する問題です。
それが、先日大阪に行って社外イベントでプレゼンテーションした内容だったのですが。


私個人としては、自分の人生を生きる・責任を持つ、という意味では、以前のような会社勤めよりは、今の方がしっくりきます。
会社によりかかっていると、その会社が潰れた時、他に選択肢がなくなってしまうわけで。
むしろ、自分のやりたくないことをする時間、付き合いたくない人と付き合う時間とストレスって、本当に人生の無駄だなぁと。
実際、今の会社に入ったのは、社長である友人から誘われたからというラッキーな結果でもありますが (その前の10年ぐらいはブラックすぎて、一般社会にカムバックできるかすら分かりませんでしたが)、その運を引き寄せたのも、そのチャンスを飛びついたのも、自分の意思だったので、結局、「どう生きたい」というのは常に必死に考えてなきゃだめなんだと思います。
必死に考えてもがいてると、ふとした瞬間で人生が一気に変わる瞬間が来るかもしれません。

なので、今の会社に入る前も、入った後も、面白そうだと思ったことや興味を持ったことには、できる限り自分から飛びつくようにしました。

その結果、今ではこんなブロガー"もどき" (笑) なことをやっているわけですが、お陰様で、このブログの他にも婚活のコンサルも始められましたm(__)m

そんなわけで、
自分も自分の会社以外に複数の仕事をしつつ、彼女も自分の本業以外に別の事業もしつつということで、リスクの分散をしています。

人生、何が起こるか分かりませんから、リスクの分散は大事です。


結婚すると、自分とパートナーとで違う仕事もできるわけで、自分一人で生きていくよりも生き残れる可能性が高くなります。
結婚なんて、心豊かに生き残るための一つの選択肢っすから。

一人で貧しい老後とか、絶対に楽しくないじゃん?

とか思ってしまいますし?
私は、とにかく、楽しく生きたい&一生やり甲斐・生き甲斐のあることをしていたいと思っています。
そういう意味で、人間の恋愛・男女関係というテーマは終わりがなさそうなので、ずっと追究したいなぁなどと思っています。それこそ、私がジジイになってもですね(笑)


私は、男性も女性も、超近視眼的、良くて、近視眼的な人が多いんじゃ?と思っていて、
とりあえず目の前の恋愛のこととか、日々の仕事のこととかばかり考えている人が多いんじゃ?と思っていたりするんですが、目の前のことも考えながら、10年後、20年後のことも同時に考えた方が良いと思うんですよね。
余計なお世話ながら。


と、まあ、そんなことを考えられるのも、私がもうアラフォーだからという面はありますが、でも、アラサーでそれぐらいのことを考えても、全く遅くは無いわけで。
人生のどのフェーズでも、先のことを考えることは大事ですし、その将来的なビジョンの中に結婚もあると思います。あくまでも一つの、でも大事な選択肢として。


私の奥さんは、こういう考え方が響く人だったので、付き合いたいと思いました(笑)
彼女、意外と周りからは「美人」と言われることが多いんですが、私としては、そんなところよりも、自分の価値観に共鳴する相手だったことの方が大きかったですね。


逆を言うと、出会った当初、私の中ではそこまで恋愛感情はなかったし、それは奥さんも無かったらしいです(笑)
お互い、結構冷めてるんです(笑)

でも、それでも、結果としてはお互いに良いパートナーだと思っている(ような)ので、
男女が人生のパートナーになるのに「恋愛感情」は必ずしも必要ないんでしょうね。
それよりも、一生一緒に戦っていけるかの方が大事なんじゃないかと。


今回の記事は、だいぶ個人的なことを書きました。
失礼いたしましたm(__)m

私の仕事は難しい、という仕事ももちろんたくさんあると思いますが、
私が思うに、仕事全般よりも男女関係の方が難しいような気がしています。


ざっくりとですが、
仕事って、基本的に明確な目的・目標があるじゃないですか。

お客さんを増やす、売上を上げる、会社を立ち上げる、事業を軌道に乗せる、みたいに、
何をするにしても、目的や目標が決まっていて、それを達成するために仕事があるものだと思います。
医者の仕事であれば患者さんの命を救うことだし、
保育士さんの仕事であれば、子どもたちを安全に管理しながら、人として成長させる、みたいなことじゃないかと思います。

数値化できるものもありますし、状態から評価するものもあると思いますが、
仕事があって、そのゴールがある。

その意味で、仕事って考えるべきことが単純だと思います。
(もちろん、技術や知識など習得するのが大変なものは数限りなくありますが)



一方で、男女関係、もっと言えば、結婚して、結婚生活を送って、一生寄り添いながら幸せになる、みたいなのって、明確なゴールがないと思うんですよね。

「幸せ」っていう漠然としたものがあって、それを目指すんだけど、
まったく違った価値観の人間が二人でどうしたいかを考えて、しかも50年とか60年とかのスパンで考えて、都度変更が必要になって、そして、50年とか60年とか経ってみないと、結局達成できたのかがよく分からない。

しかも、お互いにそれを達成することが簡単だと思い込んでしまっているから、ちゃんと考えないことが多いんじゃないかと。実際はめっちゃ難しいと思いますけどね。



人生を生きる中で、幸せになるために必要なことはいくつかあると思うんですが、
私は、大切な人と一緒になって、一緒に歩んでいくということが、一番大切なことじゃないかなと思っています。


他の人がどう考えるかは分からないのですが、
もし他の人がこの考えに賛成してくれて、パートナーとの関係を軽んじてしまっているとしたら、
それってなぜなのかなと思うわけです。


パートナーとの関係よりも仕事の方が大事、仕事の方が楽しい、と言ってしまう人って、
(もちろん、生活の糧を稼ぐということは重要ですが) 仕事を言い訳にして、パートナーとの関係を見て見ないふりしているんじゃないかななどと思うのです。
(仕事の方が楽しい、って言うのは、多分その通りなんです。だって、結果を得るために努力が必要で、その結果が目に見えやすいので、達成感を得やすいから)

とか言ってる自分自身も、以前は仕事の鬼だったわけですが…。

今回は東洋経済オンラインからの記事を引っ張りました。

私、意外とビジネス系のサイトをよく見ているんですが、そこでも「婚活」って題材にされやすいんですよね。社会的に、それだけ大きな問題になっているってことなんだと思います。

私もそうでしたけど、結婚したくてもできないという人も多いですし、
結婚しないと正式に家族も作れないし、確経済誌で取り上げるのも分かる気がします。


この記事で書かれているのは(女性は)稼ぐほど結婚できない」ということのようです。

その理由については、以前私も何回か記事にしたのですが、
女性の「上方婚」志向が大きく影響している、ということのようです。

まあ、確かに、1000万稼いでる女性よりも更に稼いでる男性の数なんて、そんなに多くは無いでしょうから。。。
なので、こういうタイプの女性は、年収でパートナーを選んじゃだめでしょうね。

自分よりも年収が低い=自分よりも人間的な価値が低いということではありませんから。

むしろ、こんな風に女性が考えているとしたら、その人、結婚できなくて当たり前でしょうけど。

だって、めっちゃ上からですし・・・。

男だって、このタイプはできれば敬遠したいですもん(笑)
それを見抜けずに、付き合ったり結婚したりしてしまう男の人もいたりしますが、そういう男性って、多分非モテです。だから、女性の内面まで見られる力がない
そして、だから、こういうカップルって、その後上手くいかなくて離婚したり、、、というパターンが多くなってしまうんじゃないかと思います。統計とかはありませんが。




さて、話が脱線しましたので、この記事で気になったところを抜粋してみます。


>あまり話題になりませんでしたが、2015年の国勢調査では、東京都の女性の生涯未婚率(50歳時点での未婚率)は約20%もあり、全国女性平均14%を大きく上回っています。全国男性平均の23%とほぼ変わりません

>まず、前提として、働く女性の未婚率が高いということがあります。2015年国勢調査「就業状態等基本集計」によれば、就業者のうち「仕事が主」の女性の未婚率は、各年代で男性よりも高く、パートや非労働の女性と比べて20~40代の未婚率が抜きんでて高いことがわかります。30~34歳の働く女性の半数以上、52%が未婚というのは驚きです。

男性の生涯未婚率は、正規雇用16.6%、非正規雇用50.7%と圧倒的に非正規が高いのに対して、女性は正規雇用22.1%、非正規雇用8.3%と逆転します。


というように、

・アラサー女性の2人に1人は未婚
・東京在住の女性の5人に1人は生涯未婚 (20%!)
・女性は正規雇用の方が生涯未婚が多い

というようなことらしいです。

アラサー女性の2人に1人は未婚」とか、結構多いですね・・・
でも、確かに、都心だと20代後半ぐらいだったら、独身女性の方が多いぐらいの印象は受けますね。
逆に、25歳ぐらいで結婚してたら、「え?もう?」ってなりますしね。
人によっては、27~8歳ぐらいでもまだまだ遊んでて大丈夫!って感じもあると思いますので。


というわけで、アラサーになったら、東京を出て、非正規雇用になりましょう
そうすれば、結婚できる可能性が上がります。





・・・はい、極論です(笑)



しかし、「結婚する」ということだけに焦点を当てれば、
ある意味、これはこれで一つの正解なのかもしれません。




婚活と仕事に関する話を真面目にすると、

確実に言えるのは、長労働時間の仕事は、確実に婚活に向いていない、ということです。

当たり前すぎるほど当たり前ですが、もしかしたら、長時間労働が当たり前になりすぎて、その状況でも上手くいくって(楽観的に)考えている人もいるんじゃないかと。

でも、そんなことはないですよ。
確実にハンデ背負ってますから。

だって、1日15時間ぐらい働いていたら、どのタイミングで候補者に会いに行くのでしょうか。
また、もし彼氏ができたとして、いつ仲を深めるのでしょうか。
二人で一緒にいられる時間が確実に足りないわけで、二人の仲をなかなか深められず、別れてしまう可能性が高いのではないかと思います。

逆に言うと、同じ職場であれば一緒の時間を共有できたりして上手くいくかもしれませんし、あるいは近くのオフィスの人と出会うということであれば、仕事時間中に会える可能性も高くなるので、それも上手くいくかもしれません。要は、時間がなくても二人の物理的距離が近ければ、カバーできる可能性はあるということです。

でも、そういうケースはなかなか稀なので、やっぱり前提条件である労働時間の部分は再検討するべきなのかなと思います。
もし、今の職場が「出会い」に適していないようであれば、それはもう仕事・職場そのものを変えることも考えた方が良いと思います。


そういえば私、以前飲食店で店長とかやっていたんですが、あれはもう女性はやめた方が良いですよね。
やるにしても1~2年頑張って、ノウハウを吸収して辞めるとか、
あとは、1~2年頑張って本社勤務になるとか、
そういう感じじゃないと女性は厳しいだろうと思います。

なにしろ、居酒屋勤務だった時は、昼過ぎから朝方5時くらいまで働いて、昼夜逆転
金土日は確実に仕事

なんで、そんな過酷な仕事を続けているのか、って感じがします。
まあ、女性社員はどんどん辞めて、残っている社員はほとんど男性でしたが。



婚活するために、その仕事辞めれば?


とか、どんなクソ提案だよ、って感じもあるかもしれませんが(笑)、

現実的に考えると、時間は有限ですので、
それを仕事に使うか、婚活に使うかっていうだけの話で、
仕事辞めないにしてもなんとかして時間を捻出しないと、なかなか前には進めないんじゃないかと思います。

ていうか、なぜその会社にこだわる?
その会社があなたの人生の幸せを保証してくれます?

絶対にそんなことはないんですよ。

全ての会社は、あなたの人生とか幸せとか保証してくれませんし、
なんならその会社、あと10年もしないうちに潰れる可能性だって十分あるんです。


自分の人生の時間をどこに投下するか。
結局、人生って、その自分の決断で大きく変わります。

何も考えずに、ずるずるだらだら今の生活を続けているだけであれば、
何も変わらずに、どんどん追い込まれていくでしょう。

歳を取れば取るほど、選択できる人生の選択肢はどんどん減ります。

そう考えたら、婚活するために、その仕事辞めれば?、っていうのも、必ずしもクソ提案ではないと思うんですよね。


ちなみに私が飲食業をやめた理由の一つは、「ちゃんとした人に出会いたいから」でした

少なくとも、自由にデートができないあの環境のままだったら、納得のいく婚活はできなかっただろうなと思います。
だから、あの決断は正解でした。

飲食業を辞めてからは、土日が休みになり、より多くの女性とデートに行けるようになったので、色々と婚活の選択肢が増えたなと思います。


仕事を辞めることが全てではありませんが、仕事と人生の時間については、改めて考えていただければと思います。
残されている時間は、ある意味、結構短いかもしれません。

「仕事と結婚」というと職場恋愛ぐらいしか普通思いつきませんが、


仮に今の職場での職場恋愛の可能性がなかったとしても、

せっかく仕事で1日何時間も使わなければいけないのであれば、

その時間も婚活にとってプラスにしましょう、という話です。

(この記事は、どちらかというとあまり積極的な性格でない方向けです)




まず第一に、仕事でも婚活(恋愛)でもダメなのは、受け身だということです。



仕事において、言われたことをする、決められたことをする、

というのは当たり前なんですが、

そこにもうちょっとプラスアルファの行動を乗せられませんか、ということですね。

気配りとか、気の利いた一言とか。

それだけでいいんです。
全然ムダじゃないんです。
何をするか考えておいて、それを毎日やるとかでも大丈夫です。


あと、上司がクソだとか、同僚がマイナス発言が多いとか、そういうのはこの際どうでも良いです。
言いたいこともあるとは思いますけど。

ぶっちゃけ、人間生きていると、クソな人間、マイナスな人間なんかいくらでもいます。
付き合いたくない人間もたくさんいます。

でも、仕事の中はプライベートじゃありませんので、
徹底的に自分のロールプレイングの相手になってもらえば良いと思います。


どういうことをするかというと、

・言われた仕事以外に何かをプラスしてやってあげる (仕事上の気配りでも、優しい労いの言葉でも)
・これまでは自分がやりたくなかったことには、自分から手を上げなかったけど、3回に1回ぐらいは自分から手を上げてやってみる
・仕事絡みで、あまり関わりの無かった別部署の人・他の会社の人と繋がりを作る


などなど。


今から全部やれといってもハードル高いと思いますが、
このうち1つぐらい、3回チャンスがあったら1回ぐらいできませんかね。

これで学べるのは自分自身の「主体性」「積極性」です。

このブログのテーマは婚活ですが、
婚活の大敵は、「受け身」であることです。


婚活相手に質問するということについても、相手に興味を持とうとしなければ、その質問を考え付きません。
婚活そのものだって、自分からやってみよう、自分からアプローチしてみようとしなければ、出会いのチャンスは増えません。

だから、婚活全般において積極性が必要なんです。

そして、恋愛とかでなかなか積極的になれない人ほど、
仕事で積極的になるトレーニングをすれば、自分自身を変えられる可能性が出てきます。

せっかく職場で仕事するなら、その時間も婚活に活かせるように考える方が前向きですからね。


それに、こういう自分から行動するタイプの人の方が、ポジティブなエネルギーを持てるようになるんですよ。

実際、

・会社では言われたことしかしていない、っていう女性と、
・自分からも手を挙げてがんばってる、っていう女性と、

男性からしても、やっぱり後者のポジティブなタイプの女性の方が魅力的に映るんです。
女性が男性を見る時でもそうだと思いますが、逆の場合でも一緒なんです。


もちろん、職場環境的にも、なかなかポジティブに動きにくい職場もあるでしょう。
でも、要は心の持ちようです。

「自分から~~しますよ」という心持ちになることが、仕事でも、婚活でも、確実にプラスに作用します。



それと。

職場でこういう主体性を持つと、周りからの評価が良くなります
そして、周りからの評価が良くなると、自分のお願いが通しやすくなります

いつも他の人にやってあげていると、
自分が何かをお願いしたい時に、そのお願いを受け入れてもらいやすくなります。


でも、これって、自分がちょっと心の持ち方を変えただけで起こせる変化なんですよね。

こういう主体性やポジティブなメンタルが、婚活でもプラスに作用するのはもちろん、
自分の周りの人からもより好かれるようになるので、日常での出会いも増える可能性が高くなります。


別にバリキャリになる必要はありません。

ちょっと自分の気持ちの矢印をプラスに伸ばしていくだけで、状況が変わりますし、
それは、1日8時間なり10時間なり拘束されている職場での行動で変えていけると思いますよ、ということでした。

そして、それは本当に小さな行動からしか始めようがありませんから。
でも、その小さな行動を続けて、積み重ねていくと、自分自身変わっていけると思います。


なんだか「婚活」っぽくない内容ですみませんが・・・

↑このページのトップヘ