2005年04月30日

やったぜ、打ッズ!

■2005/04/29 横浜-中日 4回戦(横浜スタジアム)
    1 2 3 4 5 6 7 8 9 計
中日 4 0 2 0 0 1 2 0 0 9 ○
横浜 0 0 0 0 0 0 0 2 2 4

●1回に井端、アレックスのホームランが出て4点先取、そして川上が投げて、3回にウッズが昨夜に続く2ラン。これで完璧に決まりました。いよいよ調子が出てきたドラゴンズ、一部に本調子ではない選手も一人、二人、三人…いますが、全体としてはほぼ予想通りにコトが運んでいます。怖いです。ヒロシには、もう負ける理由が探せませんッ!

●貯金が今季最多の8つ! なんじゃこりゃ!

●高橋由の3連弾、清原の500号が霧の彼方にかすみました。Gさん、すいません。


■2005/04/28 阪神-中日 6回戦(阪神甲子園球場)
    1 2 3 4 5 6 7 8 9 計
中日 0 0 0 0 1 0 4 4 0 9 ○
阪神 0 0 3 3 1 1 0 0 0 8

●開幕2試合の興奮が再現されました。ウッズが8回に逆転3ラン、6回までについていた7点の差を見事にひっくり返しました。

●7回は井端、立浪、アレックスのつなぎのバッティング、8回は打ッズの一発逆転弾、これで阪神も一気に半身・半信になってしまいました。
「すごい試合だった。年に1回あるかどうか。そうそうできないぞ」めずらしくカントクが興奮のコメント。

●もう、何と言っていいかわかりません。仕事疲れが一気に吹き飛びました。ありがとうトラ、ありがとうドラ!

  

Posted by writeon at 03:24Comments(0)TrackBack(4)

2005年04月20日

怒りのドラゴン、想定外の特大ホームラン!

■2005/04/19 広島-中日 3回戦(広島市民球場)
    1 2 3 4 5 6 7 8 9 計
中日 0 2 0 1 0 2 0 2 1 8 ○
広島 2 0 0 0 0 1 2 0 0 5

●ドラVSコイ=8:5 4回に福留の「測定不能(現代用語では“想定外”)」の場外大ホームランで目覚めた恐竜。それ以降は気分はドラペースで、個人的には安心して見ておれました。中継ぎ・石井が2勝目、アレックス2ラン、福留が戻ってきたのが最大の収穫!

●福留の特大の一発は、まさにふがいない自分への怒りの一発でした。これで完全にふっきれましたよね。

●ここまで朝倉は予想外にがんばっているような気がしますが、采配のミス?もあって、勝ち星には恵まれません。でも、この調子だと今年は期待できそう。次回登板では結果が出せるのではないでしょうか。

●谷繁の好調が今のドラゴンズを引っ張ってます。攻めの配球もバッティングも冴えています。感謝。無理をしないで、1年間じわりじわりとやってくださいませ。

●いよいよドラゴンズのペースになってきました。
  
Posted by writeon at 12:43Comments(2)TrackBack(1)

2005年04月17日

お帰りッ、粘竜!!

●4/17(日)ナゴヤドーム、対阪神戦 竜VS虎=2:1 山本昌の粘投+石井の熱投+リリーフ陣の健闘+福留の執念=逆転勝ち もんもんとしながらも最後はドラらしい1点差勝ち、首位阪神に2勝1敗で肩並べ!

●ほんとはスカッとしたいんだけど、でも、何というか、よく考えたら、これがドラゴンズなんですね。昨年も、いじいいじさせられながら、気がついたら競り勝っている試合が多かったことを思い出しました。とにかく、今日は福留にタイムリーが出たことで、ホッ!

●試合中の落合監督の表情には、やはりちょっと疲れが見えたような気がしました。ここまでの成績は決して悪くはないのですが、やはり調子が今いち、とくにエラーの多さが昨年と大きく違っていることに、最大のオツカレの原因があると思います。ご苦労さまです。

●ウッズの怪我、早く直してください。それより、岩瀬のぎっくり腰の噂のほうが怖いのですが。どこまでが本当でどこからがカモフラージュ情報なのかわかりませんが、怪我だけは気をつけてよね。
  
Posted by writeon at 18:58Comments(5)TrackBack(4)

2005年04月16日

なかなか本来の調子がでない…

●強がりを言っても始まりません。まだ、本来の調子が出てませんね。

●まず、荒木・井端の1・2番コンビ。今週にはいって、ようやく、らしい雰囲気が出てきましたが、それでもまだ信用できませ〜ん!

●立浪、かなり出遅れている感じ。1年間を考えてのペース配分かもしれませんが、出初めにちょっと落ち着きすぎたのではないかしらん。

●ウッズ、ややプレッシャー負け。意外と神経質で、いろいろ試行錯誤するタイプのようですね。なんか、いかにもドラゴンズ風ですが…

●福留、完璧にプレッシャー負けの絶不調。昨年の汚名挽回とウッズを意識しすぎ。もっと気楽にやったほうがいいよね。

●アレックス、心中は読めませんが、ちょっと波がありすぎ。

●朝倉、落合、岡本、平井、まだまだ自信がなさそうで、非常に不安…

●川上、ケガよりも、相変わらず力みすぎなところが…。これもプレッシャーの表れなのかも。

●けっきょく、山本昌、山井、森野、谷繁、高橋光くらいでしょうか、期待通りの活躍が見られたのは…

●カントク、開幕2戦のせいで打線にちょっと自信をもちすぎたかも。でも、昨年と同じ守り中心主義さえ変わってなければ、とりあえず問題なさそう。

●全体として、まだ本当のスタートがきれていない感じ。そろそろ本来のペースにはいってほしい、って感じ。

●4/15(金)ナゴヤドーム、対阪神戦 ドラVSトラ=6:5 ルーキー中田が好投、プロ野球初勝利、抑えの平井がちょっとめろめろでドキリ、でも結果オーライでオールセーフ!

●なんか違うんですよね、まだ本気になってない。いまだに昨年の日本シリーズを見ているような試合が続いています。あせる必要はないけど、応援団としてはストレスが少したまりかげん、って感じ。

●あす(4/16)からは心気一転、すかっとふっきれた試合を見させてほしいです。おいしいビールを用意して、お待ち申し上げておりまする。
  
Posted by writeon at 02:33Comments(4)TrackBack(4)

2005年04月11日

芯をはずす&打ち気をそぐ、不惑の球術師“昌”

●4/10(日)東京ドーム、ドラVSジャイ=10:0 山本昌が貫録勝ち、1・2番も打ち出していうことなし 対巨人1勝2敗

●今季ケガ?で少しだけ出遅れた昌が緩急を巧みに織り交ぜた、いかにも昌らしい投球術で7回を3安打無失点。巨人戦通算33勝目で、球団歴代2位の星野・現阪神SDの35勝にあと2つに迫る記録を残しました。

●このところ反ドラアナウンサー&解説者からボロクソにいわれ始めていた荒木が初回からガンガン打ち出し、つられたように井端も打ち出し、おまけに好調森野が快心の一発。昨年の全員野球を再現してくれた雰囲気で、どんなもんだい、こんなもんだい!

●今日の教訓「ウッズに頼らなくても勝てる」。これがわかっただけでも大きな収穫でした。ついでに、「結局、巨人は上原しかいない」こともわかりましたね。

●試合前、中京テレビ「スポーツ・スタジアム」では、久しぶりに江川氏の皮肉たっぷりの怪説が聞けましたが、半分はアタリで半分はハズレ。やっぱり野球は現役でないとね。
  
Posted by writeon at 00:41Comments(2)TrackBack(4)

2005年04月07日

アタマでドカーン! オシリでドカーン! だれが抑える?暴れ竜

●4/5(火)神宮球場、ドラゴンズVSヤクルト=4:3 ウッズの2本塁打で悠々勝利。

●1回表に出たウッズの2ランで、即ドラペース。大砲が火を噴けば、こんなに楽なことはない、といった感じで、朝倉のやや不安なピッチングも気にならず。さらに鉄壁の中継ぎ〜抑え投手陣で、終わってみたらいつもの勝ちパターン。今年もヤクルトをめいっぱい飲みましょう…

●頼れる4番・ウッズのすごさ。今年は安心して楽しめます。

●4/6(水)、神宮球場、ドラVSヤク=4:3 9回裏の森野の同点ホームランでイキを吹き返した恐竜打線、10回表の福留の押し出しフォーボールで、昨夜に引き続き勝利。勝ち投手は中継ぎの平井。

●落合が不調、というか、先発に自信がないのかなあ。今季は最初から、なんか弁解めいた発言が多かったように思いますが、その通りの出だしになりました。でも、たったの3点じゃないですか。次回はもっと自信をもって投げてちょ〜

森野ちゃん!●英智から代わった森野が起死回生、同点のホームラン!!! これも落合采配がズバリ、なんでしょうね。
それにしても最後の最後まで粘っこいドラナイン、完璧なプロ集団に生まれ変わってます。
  
Posted by writeon at 16:20Comments(0)TrackBack(1)

2005年04月03日

落合采配にハマッた!ハマの大魔人

●4/2対横浜第2戦9回裏、ヒットの谷繁に代えて代走・英智をだしたことで、相手ピッチャー佐々木のフォークを止め、さらに代打の切り札・高橋を送り出したことが勝利につながりました。

●相手の大魔神にはプレッシャーを与えて得意技を封じ、こちらは行け行けどんどん直球つぶしのプロを出した。その作戦がぴたりと当たった、ということで、これぞまさしく“監督の采配”による勝利。

●裏には、大魔神・佐々木がかつての魔力を失い、自分に自信がなくなってきていることがあげられます。プライバシーはともかく、昨年の成績はいまいちだったし、今季は復活にかけているが頼みの直球に威力が戻っていないこと。だから伝家の強力フォークで逃げ切りたいと思っていること。しかし、足のある走者が出たということで、思い切ったフォークが投げられない。このような弱気が安全志向につながり、魔の直球を選ばざるを得なかったこと。その直球に往年の勢いはなく、結果として、直球大好き・高橋の餌食になってしまった…

●ピッチャーの状況を冷静に分析し、心理作戦で力を封じ、さらに強力なバッターを向かわせる。もちろん、実際に動く選手の実力もすばらしいのですが、あくまでも監督あっての選手起用。だからエクセレント!

●今回はわかりやすい流れですが、これからも、いろんな戦術・戦略が見られそうで楽しみ。
  
Posted by writeon at 13:29Comments(2)TrackBack(2)

いきなり連夜のサヨナラ劇場、高橋弾!

昨日(4/2)のナゴヤドーム 俺竜VS湾星=5:4 9回裏、切り札高橋の逆転ホームランで大ドンデン勝利!

●前半は押され気味、今日は… と思っているうちに、5回裏満塁から荒木の犠牲フライで1点奪取。ちぇっ、1点か、もったいない…と思っていたら、6回裏にウッズのホームラン。これで勢いがついたって感じ。

●こうなったら、だれの頭の中にも、いやがおうにも前夜の逆転劇が思い出されます。そして、その願いを一身に受けて、高橋光信がやってくれました。打った瞬間、エエッ?!? まさか?、あああ、ヤッタアー!!!!!

●開幕から2試合連続サヨナラ本塁打での勝利は、昭和36年の大洋(現横浜)以来44年ぶり2度目の快記録だそうで。この調子なら、今季はほんとにいろんな記録が生まれるのではないかしらん。

●セントレア開港、愛・地球博開催、そしてドラゴンズ日本一と、今年の名古屋は大盛り上がり大会。この勢いで、 あらゆることが前向きにバンバンいってほしいです。バンザ〜イ
  
Posted by writeon at 12:50Comments(0)TrackBack(2)

2005年04月02日

セ・リーグ史上初めての快挙、アレックス!

●昨夜の興奮がまださめません。テレビのニュースやドラ番組などを見まくり、感動のシーンを10数回も見させてもらいました。

●開幕試合でのサヨナラ満塁ホームランは、セ・リーグ史上初めてのことだったんですね。歴史的な一瞬を(テレビではありますが)、その瞬間、直接目にすることができて幸せでした。この調子なら、今季も楽しい記録がどんどん生まれそうで、ますます期待が高まります。

●今夜も引き続きヨロシク、ドラゴンズ様!
  
Posted by writeon at 13:36Comments(2)TrackBack(1)

2005年04月01日

劇的サヨナラゲームでスタート、アレックス!

●開幕初戦のナゴヤドーム、ドラVSベイスターズ=4:0

●手に汗にぎる投手戦、最後はアレックスの満塁ホームランで、絵に描いたような劇的なエンディングで、万ざ〜イ!

●川上が9回投げきりました、完封勝利! それだけでも感動ものなのに、さらにビッグな感動が訪れた!

●9回裏、いきなり立浪の粘りの三塁打でサヨナラのムードが一気に盛り上がり。幸運かも知れないけど、相手(ライト鈴木)のエラー的な守備のおかげで立浪は3塁へダッシュ。あとは犠牲フライ一発で…  続きを読む
Posted by writeon at 21:36Comments(2)TrackBack(4)