2005年08月05日

今節はヤクルトに負け越し、でも連敗はストップ

2005/08/04 中日-ヤクルト 14回戦(9勝5敗) 浜松球場
      1 2 3 4 5 6 7 8 9 計
ヤクルト 2 0 0 2 0 0 0 0 0 4 
中日   1 0 0 2 1 0 1 0 × 5 ○

●ヤクルトに先行されるも、ようやく粘り腰を見せてくれました。
1回裏は、荒木の安打、ウッズのタイムリーで1点返し。4回裏、ウッズの安打、福留のタイムリー2ベース、谷繁の内野ゴロで1点をあげて1点差。そして5回の立浪ソロ、同点ホームラン。こうなれば押せ押せムードで、7回、森野の安打とアレックスのタイムリーで勝ち越し。岡本、岩瀬で守りきり連敗ストップ。

●待ってました、これがドラゴンズの真の姿なんです。最後に、おいしいヤクルトを飲ませていただきました。次カードもよろしく、古田さん。




2005/08/03 中日-ヤクルト 13回戦 ナゴヤドーム
      1 2 3 4 5 6 7 8 9 計
ヤクルト 2 0 0 0 0 0 2 0 0 4
中日   0 0 0 0 0 0 2 0 0 2 ●

●朝倉は彼なりにがんばったけど、力及ばず。きょうは打てない打線に問題あり、でした。

●打つほうは、井端の安打とウッズが2ランホームランのみ。この2人がコンスタントに元気であることが、唯一の救い。

●11連勝後の2連敗、何かいやあな予感がしますが、そんなことはありません。あしたから気持ちを入れ替えて、再び連勝街道まっしぐらです! 昨日・本日の2試合は大ジャンプ前の助走ですから。




2005/08/02 中日-ヤクルト 12回戦 ナゴヤドーム
      1 2 3 4 5 6 7 8 9 計
ヤクルト 2 0 1 0 0 0 2 0 0 5
中日   0 0 1 0 0 0 1 0 0 2 ●

●先発・山本昌が打たれ、夢の12連勝ならず。

●井上、井端のがんばりのみ。ちょっと気が抜けたナインの雰囲気でした。やはりガス抜きは必要ということですね。これまでの経験では、適当に負け試合がないと、いったん負け始めると連敗になってしまう恐れがあるからです。それがドラゴンズらしいといえば、らしいのですが。


この記事へのトラックバックURL