aamall

2010年10月22日

禁断の手

 
     ライター講座ドットコム・DVDセミナー
 
     ~ たった4時間でプロになれる!? ~
     『素人からライターになれる講座』
 
 
現在40歳の俺はたぶん、マニュアル世代と呼ばれるのだろう。

大学受験では有名予備校の本、就職活動では『面接の達人』、通訳ガイド試験ではその専門予備校に頼った。いまだに自己啓発系のビジネス本に手が伸びるのも、その流れに違いない。

今挙げた中で、大学受験とガイド試験はよかった。ルールとゴールが明確だったからだ。「これだけやっておけば間違いない」というのがほぼ決まっていて、あとはその決められた100%にどれだけ近づけるかが勝負。何も迷うことはない、馬車馬のごとく勉強すればよかった。

しかし就職活動、ガイド試験合格後の身の振り方に関しては、マニュアル世代の弊害がもろに出た。決められないのだ。俺の場合、レールはそこで途切れていた。

モラトリアム的に選んだ塾業界の端の端、翻訳業界の端の端、主夫業界(?)の端の端。居場所を求めて彷徨いながら、俺は思った。

「これじゃダメだ。もっと道なき道を進まなくては!」

だから今回は(このライター作戦だけは)、こういう手は使うまいと思っていた。こんなDVDにも手を出したくはなかった・・・
 
 
 
が、(笑)

まあ、思いついたことは何でもやってみる。失敗したっていいじゃないか、ってことで、とりあえず買ってしまったのが上記DVD。
 
内容は主に雑誌(紙媒体)のライターの話。講師は企業の取材などを中心に手がけている人で、どのように仕事をもらうか、どのように実績を作るかなどを熱く語ってくれている。さらに、ライターとしての資質、心得、業界の仕組み(裏事情)、簡単な文章指南など、まあまあ充実の内容。
(詳しくは買って見てください!)

ひとつだけ、内容を暴露してしまうと (いいのかな?)、食えるライターとして一番大切なのは、コミュニケーション力(営業力、交渉力、機動力 etc.)だとのこと。文章力は二の次。(やっぱりなあ・・・)

俺も昔はサークルを主宰していたし、少しだが飛び込み営業の経験もある。たぶん人当たりは良いほうで、笑顔も素敵(笑)、声もデカイので、その気になれば、やってやれないことはないだろう。

だが子育て真っ最中の主夫としてはいろいろと制約があり、完璧主義の俺は、がむしゃらに100%仕事に集中できないことが負い目になって強気に出られない・・・

とか何とか言って、やはり新しい世界に飛び込むのは相当な勇気がいるもので・・・ (恐いよ~ ガクブル)
 
 
でもまあ、いろいろとヒントはもらった。今の生活を守りながらでも、やれることが1つ2つはありそうだ。

とりあえずまた、作戦を練り直してみよう。
 
 
人気ブログランキングへ



writer2010 at 14:36│Comments(0)TrackBack(0)少しは勉強も・・・ | 人気ライター目指して

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール
     人気ブログランキングへ
記事検索