2004年03月05日

原稿料について書いちゃいましょう


マンガ原稿料はなぜ安いのか?―竹熊漫談

こういう本が出ているそうなので、
ついでにライターの原稿料について書いちゃいましょう。あくまでも、自分の感覚ですが。

基本的な目安は、原稿用紙1枚(400字)で
3000〜4000円というのが伝統的な最低ライン。
1文字換算をすると、10円ということですね。

ただ、最近は原稿用紙を使う人はほとんどいないので、
実際に掲載されるページ単位で計算するところが多いみたい。
その場合の目安は、1ページ1万円〜5万円。

ものすごく幅があります。
やっぱり大手の方が高い、というのは当然としても、
一概にはそうとも言えないようです。

先日聞いた話では、
大手のGさんは1文字5円だとか。
これだと、毎月30万円稼ぐのに、原稿用紙150枚分書く必要があります。

ここからの突破口は二つ。
「有名になって、単価をあげる」
「とにかく、あちこちにたくさん書く」

僕は現在、主に後者であります。

たくさん書くには、複数の名前があると便利です。
匿名記事やら複数の名前を使っていると、たまに「大変じゃない?」と言われるのですが、
むしろ楽しいというのが僕の実感。

とくに雑誌名が一人称になるような記事では、
そのキャラになりきるというのが快感だったりするのです。

ちなみに先日聞いた話では、ゲームシナリオの原稿料は、1文字2円換算だとか。
わお。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/writing1969/191527
この記事へのトラックバック
フリーライターのwriting1969さんがご自身のサイトで原稿料について書かれていたので、興味深く読ませていただいた。 私もフリーの編集者でして、逆に私なんぞはライターさんに原稿をお願いすることもあるので、お金の話は耳が痛い部分もありますな。 ま、私のばやい、本
出版界のギャラ【編集バカ日記】at 2004年03月05日 16:53
あちこちblogを徘徊しておりますが 今日見つけた writing1969さまのblogで原稿料の話が出ていたので反応。 しがない地方雑誌のペーペーライターなんで 比べるのもおこがましいし 原稿料もたかが知れてますが‥(汗) なるほどー。そういう風に比べるだなと。 女性の場合、
社長ふとっぱら【ここにいるよ】at 2004年03月12日 00:42
id:yomoyomoさんご提唱の「はてな原稿料出し」にさくっと乗られた方、および関連しそうなところにリンク。 -http://d.hatena.ne.jp/matsunaga/20040419#p6 ...
はてな原稿料出し【おまえにハートブレイク☆オーバードライブ】at 2004年04月21日 07:15
なんだか、はてな界隈で原稿料の話が盛り上がっている模様。 世の中、意外とライター
原稿料の話【日々是ネタ也】at 2004年04月21日 15:43
10月1日の、キリのいい日に仕事の話題。 フリーライターとして活動し始めたのは今年の4月からという 「ひよこ」同然のライターである私なのですが、 9月22日に、初めてお仕事したインテリア雑誌が発売されました。 約1年前、インテリア関連の出版社に片っ端から、 .
原稿料のこと【たまプラ LIFE】at 2004年10月01日 14:42