Windows 8 のプロダクト キーを購入済みの場合は、そのプロダクト キーを使って、このページから Windows をダウンロードしてインストールできます。今すぐ Windows をインストールするか、後で ISO ファイルを含むメディアを使ってインストールするかを選ぶことができます。

http://windows.microsoft.com/ja-jp/windows-8/upgrade-product-key-only

1.公式サイトで「windows8のインストール」ボタンをクリックします。

Windows 8 proのダウンロード版を購入メディアやパッケージ費用がかからないです、ダウンロードしたファイルはインストールディスクを作成できるファイル形式(.iso)のでB's RecorderでDVDに焼いて出来上がりlことができます、それでは早速、Windows 8 proのインストールディスク用ISOデータをダウンロードする方法をご紹介していきます。
なお、ISOデータと銘打っていますが、USB用のインストールデータのダウンロードも可能です。

DVD書込みドライブをお持ちなら、以下でISOファイルをダウンロードして、それをDVDに書き込むことで「バックアップDVD」は簡単に自作できます。なので通常バックアップDVDは購入する必要はありません

1.Windows 8のインストール」画面になるので、「メディアを作ってインストール」を選択し「次へ」をクリック
1

2.「ISOファイル」を選択し「保存」をクリック。なおUSBフラッシュドライブへの保存も可能です。お好みでどうぞ
2

3 Windows 8のISOファイルの保存先を選択。ここは適当でいいですが、4GB程度の保存容量は確保しておきましょう
9
4 ISOファイルが作成されるまで待つ。
10
5「ISOファイルをDVDにコピーします」画面が表示されるので、「DVD書き込み用ドライブを開く」をクリック

11

6「Windowsディスクイメージ書き込みツール」が起動するので、空のDVDをドライブに挿入し、「書き込み」をクリック。するとWindows 8のISOイメージ書き込みが始まります
12

7「ディスクイメージはディスクに正常に書き込まれました」と表示されれば無事完了
以上で、Windows 8のインストールDVDディスク作成は終了。