あるAnonymous Coward 曰く、 Microsoftは、2014年10月31日でコンシューマー向けWindows 7のPCメーカー向けライセンスの販売を終了する。「Home Basic」「Home Premium」「Ultimate」の各エディションに関しては、OEMは今後ライセンスを得ることができなくなる。ただし法人向けとして「Professional」については引き続き販売される(Network World、CIO、Slashdot)。

 また、Windows 7 Professional搭載PCの販売終了日は公開されていないが、法人需要の関係から、Windows 10のリリースまでは販売されると考えられている。

 Steamが2014年9月に行ったハードウェア・ソフトウェア調査によると、現在、Windows 7は、32ビットと64ビットを合わせると全Windowsユーザーの59パーセントを占めている。Windows 8および8.1については28%、XPは4%に減っている。

 スラッシュドットのコメントを読む | マイクロソフト | Windows

 関連ストーリー:
7月のデスクトップOSシェア、Windows XPがようやく25%を下回る 2014年08月02日
ついにWindows XPのサポートが終了 2014年04月09日
米HP、Windows 7需要に応えてWindows 7モデルを割引販売へ 2014年01月24日