対象機種
  VALUESTAR、LaVie、Mate、VersaPro

対処方法
 1 「Adobe Reader X」では、「自動スクロール」機能を利用するとPDF文書を自動的にスクロールできます。
013511a

2 メニューバーから、「表示」→「ページ表示」→「自動スクロール」の順にクリックします。
013511b
「自動スクロール」の左側にチェックが表示されていないと無効です。
ページが自動的にスクロールします。
自動スクロールの速度や方向などの調整は、以下の情報を参考にしてください。
スクロール速度
数字キー : 0~9の間で調整できます。「0」(ゼロ)が最遅、「9」が最速です。
矢印キー : 進行方向の矢印キー(↑↓キー)で調整できます。
スクロール方向
ハイフンまたはマイナス記号キー( - キー)で、スクロール方向を反転できます。
3 ページ間の移動
左右の矢印キー(←→キー)で、次のページや前のページに移動できます。

4 自動スクロールを停止するには、キーボードのEscキーを押すか再度「表示」→「ページ表示」→「自動スクロール」の順にクリックします。
013511c

 「自動スクロール」の左側にチェックが表示されていると有効です。
以上で操作完了です。