ws71001

Adobe フォトショップ、イラストレーターをを激安価格で安く手に入れる

アドビ フォトショップとイラストレーターってどう違うの?格安購入する方法ありませんか?グラフィックデザイナーやWEBデザイナー、DTPデザイナーにとってAdobeのIllustrator(イラストレーター)やPhotoshop(フォトショップ)は必須ソフトになりますね。

Office2013

13 11月

2014年11月13日 11:36

Excel 2010で2つのセルに入力されている文字列を結合する方法

  • twitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
  • Excel 2010では、2つのセルに入力されている文字列を結合できます。

    ここでは例として、「A1」セルの文字列と「A2」セルの文字列を「A3」セルで結合し表示します。

    • A1:日本
    • A2:電気
    • A3:結合する文字列

    Excel 2010 1




    1. 「&」を使用して結合する方法

    「&」を使用して文字列を結合するには、以下の操作手順を行ってください。

    1. 結合先の「A3」セルをクリックし、キーボードから半角文字で「 =A1&A2 」と入力します。

      Excel 2010 2





    2. 「Enter」キーを押すと、「A3」セルに結合された文字列が表示されます。

      Excel 2010 3







    以上で操作完了です。

    2. 関数「CONCATENATE」を使用して結合する方法

    CONCATENATE関数を利用して文字列を結合するには、以下の操作手順を行ってください。

    1. 結合先の「A3」セルをクリックし、「関数の挿入」をクリックします。

      Excel 2010 4











    2. 「関数の分類」ボックスの▼をクリックし、「文字列操作」をクリックします。
      Excel 2010 5




















    3. 「関数名」ボックスから、「CONCATENATE」をクリックして「OK」をクリックします。
      Excel 2010 6

















    4. 「文字列1」にA1、「文字列2」にA2をそれぞれ半角文字で入力し、「OK」をクリックします。

      Excel 2010 7













    5. 「A3」セルに結合された文字列が表示されます。
      Excel 2010 8







    以上で操作完了です。

    http://www.esoft-shop.com/

    10 11月

    2014年11月10日 12:41

    Microsoft、「Office for iPhone.iPad」リリース、iOS版Officeを完全無料化

  • twitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
  • 米Microsoftは11月6日(現地時間)、iOS版のOfficeアプリにiPhone用の「Office for iPhone」を追加した。価格は無料、AppleのApp Storeから入手できる。また、これまでiOS版のOfficeアプリでOfficeファイルを作成もしくは編集するために必要だったOffice 365の契約が不要になり、全てのユーザーが無料でiOS版Officeの基本機能を全て使用できるようになった。

    MicrosoftはこれまでiPhone向けに「Office Mobile」というスマートフォン用のOfficeアプリを提供し、iPad向けには「Microsoft Word」「Microsoft Excel」「Microsoft PowerPoint」という3つのアプリを提供していた。iOS版OfficeはPC版やMac版のOfficeの体験を損なわないようにファイルを表示し、iPadのユーザーインタフェイスでOfficeの基本機能を利用できるようになっていた。バージョン1.2では、iOS版OfficeがiPhoneの画面やユーザーインターフェイスにも対応したユニバーサルアプリになった。iPhoneでは、実際のドキュメントのレイアウトと、iPhoneの画面で読みやすいレイアウトの選択が可能。
    Office for iPad
























    ユニバーサル化のほか、バージョン1.2ではDropboxが統合された。OfficeアプリからDropbox内のOfficeファイルにアクセスして編集や保存を行える。また、タイトルやキャプションなどチャートエレメントを追加・削除してチャートをカスタマイズできるようになった。

    Office 365を契約することなく、iOS版のOfficeアプリでOfficeファイルの表示、閲覧、新規作成や編集を行えるようになったが、Office 365の契約者は高度な編集機能やコラボレーションを含むOfficeのフル体験を利用できる。また数カ月中にOffice 365契約者に対して、オンラインストレージOneDriveの容量無制限プランの提供が始まる。

    Microsoftは「Office to everyone, everywhere」戦略を着々と進めており、6日にはAndroidタブレット用のOfficeアプリ「Office for Android tablet Preview」も発表した。正式版の提供は2015年の早い時期になる予定。また、タッチ操作に最適化したWindows 10用のOfficeアプリの開発を正式に認めた。

    http://office.microsoft.com/ja-jp/mobile/

    21 10月

    2014年10月21日 18:25

    Office Professional Plus 2013& FAQ

  • twitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
  • Office Professional Plus 2013& FAQ

     いつでも、どこでも使える、新しい Office
    ご自宅や外出先を問わず、いつでも使える次世代の Office が登場しました。Office にサインインするだけで、他の PC (Windows 7 または 8 とインターネット接続が必要) からクラウドに保存されたドキュメントを開いたり、普段利用している設定をほかの PC からご利用いただくことができきます。Office と Windows 8 を組み合わせることで、これまで以上に快適に、思いどおりの作業が行えるようになります。

    Office 2013 Professional PLUSのよく寄せられる質問とその回答を紹介します。

    インストール前
    一つのプロダクトキーで何台までのインストールが可能ですか。
    ■ 同一ユーザーであれば、 PC 2 台までインストールをすることができます。
    同時に何台の PC にインストールをすることはできますか。
    ■2 台です。3台目はインストールできません。また、別のパソコンに再インストールの場合も
    、電話認証が必要になります。
    Office のインストールにはどれくらいの時間がかかりますか。
    ■クイック実行機能の導入により、Office のインストールは以前より短時間で完了できます。この機能は、完全なインストールが済んでいなくても Office アプリケーションの使用を開始できるようにするストリーミング技術です。
    ※ご使用の PC /インターネット環境によって時間が異なります。回線が遅い場合は、なるべく時間に余裕をもってインストールしてください。
    インストールに必要なシステム要件を教えてください。
    ■パソコンの性能については、「SSE2 対応の 1GHz プロセッサ」という要件になります。最新5年間のパソコンはもちろん対応。Celeron/Pentium4/Core 2 DuoなどもSSE2対応ですから問題ないでしょう。
    「Microsoft アカウント」とはなんですか。また Office のインストールに必要ですか。
    ■「Microsoft アカウント」は、これまでの "Windows Live ID" の新しい名前です。
    Microsoft アカウントは、Hotmail、OneDrive、Windows Phone、Xbox LIVE などのサービスへのサインインに使用します

    インストール
    以前のバージョンの Office がインストールされています。新しい Office へアップグレードをすることはできますか。
    ■以前のバージョンの Officeがインストールされた状態で、Office 2013をインストールすると、両バージョンが共存されます。
    ダウンロードしてください。
    Microsoft Office Professional Plus 2013 ダウンロード方法


    exeフアイルでインストールできます?
    imgファイルを解凍すればインストールできます、

    再インストール

    Office を再インストールするにはアンインストールが必要となりますか。
    はい。必要となります。アンインストールを行ってから再度インストールを実行してください。

    10 10月

    2014年10月10日 20:37

    Microsoft Office Professional 2013はプロダクトキー安く買う?

  • twitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
  • マイクロソフト「Office 2013」の種類。
    Officeには、家庭向けの「Personal」、家庭及び個人事業主向けの「Home and Business」、
    個人事業主及び中小企業向けの「Professional」、学生・教職員向けの「Professional アカデミック」の4つのエディションがあります。
    Microsoft Office Home and Student 2013 [プロダクトキーのみ] ライセンス購入
    9800円購入
    Microsoft Office Professional 2013  [プロダクトキーのみ] ライセンス購入
    12800円購入
    プロダクト キーのみでの提供となり、インストールメディアはありません。
    ディスクを購入(マイクロソフト販売)
    2013 PRO














    http://www7.downloadoffice2010.microsoft.com/media/countrychooser.aspx?culture=ja-JP

    製品はMicrosoftのOffice.comから直接インストールを行う製品です(DVDメディアは付属されていません)。インストール方法は以下の通りです。
    1. www.office.com/setup/ にアクセスします。
    2. 25文字のプロダクトキーを入力し、画面に表示される指示に従います。
    3. Microsoft アカウントでサインインします。お持ちでない方は Microsoft アカウントを作成してください。
    4. 「インストール」ボタンよりPCにソフトウエアをインストールします。

     CD や DVD は付属していなくて、自分で ダウンロードをして、DVD に焼いて、インストールをするときにプロダクトキーを入力します。
    Office 2013 も iso 形式の可能性が高いですから、DVD に焼くときに操作ができない人が沢山出てくるでしょう。
    そこで将来性も考え、パソコン間を移動できるパッケージ版のOfficeを見てみましょう。

    最新のOffice2013を買うといくらかかるのか


    Microsoft Office Professional 2013 [プロダクトキーのみ]  (PC1台/1ライセンス)

    Microsoft Office Professional 2013 plus




    ダウンロード版にはProfessionalバージョンしかありませんが、
    Word/Excel/Outlook/PowerPoint/OneNote/Publisher/Access

    Microsoft Office Professional 2013 plus  [プロダクトキーのみ]  (PC2台/1ライセンス)
    Microsoft Office Professional 2013 plus

    参考価格:¥ 62,790
    価格:¥ 11,000
    レビューを見る

    <7点盛ソフトの紹介です>
    Microsoft Office Word 2013 … 文章作成
    Microsoft Office Excel 2013 … 表計算
    Microsoft Office Outlook 2013 … メール・タスク・予定表
    Microsoft Office PowerPoint 2013 … プレゼンテーション資料作成
    Microsoft Office OneNote 2013 … Microsoft製EverNote スマホで連帯できます
    Microsoft Office Publisher 2013  … チラシやDM、カタログ、名刺、ラベルなど
    Microsoft Office Access 2013 … データベースソフト(年賀状の宛名プリントにも使えます)

    これだけ盛りだくさんで、将来性も抜群です。
    OneDrive(無料で7G)に標準で対応しているので作成したファイルもどこからでもアクセスでき、
    安全・安心です。



    参考価格:¥ 62,790
    価格:¥ 12,800

    レビューを見る
    10 10月

    2014年10月10日 20:36

    MS Office お安い値段で購入する裏ワザ

  • twitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
  • 2013年マイクロソフト(Microsoft)が提供するWindows向けオフィスソフト「Microsoft Office」2013 Professional(Excel・Word・PowerPoint)。ハッキシ言ってお値段高い! 価格 を裏ワザ的に半額以下で安く激安格安通販する(秘)□□□版を紹介~!!!

    毎日の仕事に欠かせないマイクロソフトのOfficeを、賢く安く買う方法を紹介する。Officeを割安に購入する秘訣はMicrosoft Officeダウンロード版ですぐに使える!!

    Officeをダウンロードしましょう、
    ダウンロード版がオススメです。インストール時に必要なシリアル番号を無くす心配が無いからです。パッケージ版と違って、もしシリアル番号を無くしても、アマゾンで永久にシリアル番号が確認できますし、半永久的にデータのダウンロードが可能です。


    Microsoft Office Professional Plus 2013
    アクティベーションとインストール要件
    オフィスのインストール可能台数については、パーソナル版、プロフェッショナル版、単体製品の区別にかかわらず、どれも2台のパソコンまでOKになります。
    インターネットチェック方式のアクティベーション(ライセンス認証)については、従来通りの厳格なものです。パソコン2台以上へのインストールは、オンラインライセンス認証プログラム(アクティベーション)によりエラーになります。3台目はインストールできません。また、別のパソコンに再インストールの場合も、電話認証が必要になります。

    Office Professional 2013(オフィス プロフェッショナル) の価格比較

    Office Professional 2013 32-bit/x64 メディア無し 日本語版



    Microsoft Office Home and Student 2013[ダウンロード版]【日本語版】[プロダクトキーのみ] 



    Microsoft Office Professional Plus 2013 [オンラインコード] [ダウンロード] (PC2台/1ライセンス)

  • 特別価格(税込):11,000


     Office Professional Plus 2013 簡単な高速ダウンロード。Officeを今すぐインストール、

    当店のOfficeすべて正規品です。再インストールできます、

    ダウンロードをする時、MSN,Hotmail,LiveなどのMicrosoftアカウントが必要になります。アカウントが無い場合、登録が必要です
    •Microsoft より即ダウンロードできます。
    •2台まで同時認証(32ビット版、64ビット版どちらか1つ)
    •使用期間の限定等は無く、もちろん永久にご利用頂けます。
    製品のライセンス認証は、「インターネット経由」または「電話」で行うことができます

    実際の店舗で購入するよりも、ネットで購入したほうが圧倒的に安いです。
  • 記事検索

    価格比較
     PR-www.esoft-shop.jp-
    価格: 8,900
     Windows8-Websetup(ダウンロード)
     Windows8 Pro 新規インストール
     Windows8.iso DVDにインストールディスクとして焼く

     PR-www.esoft-shop.jp-
    価格: 9,800
    公式サイトからダウンロード.ディスクに書き込む

     PR-www.esoft-shop.jp-
    価格: 12,800
    公式サイトからダウンロード. ディスクを購入.ディスクに書き込む

     PR-www.esoft-shop.jp-
    価格: 13,800

     PR-www.esoft-shop.jp-
    価格: 18,500

     PR-www.esoft-shop.jp-
    価格: 16,500
    アクセスカウンター
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    livedoor プロフィール
    カテゴリ別アーカイブ
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ