ws71001

Adobe フォトショップ、イラストレーターを激安価格

アドビ フォトショップとイラストレーターってどう違うの?格安購入する方法ありませんか?グラフィックデザイナーやWEBデザイナー、DTPデザイナーにとってAdobeのIllustrator(イラストレーター)やPhotoshop(フォトショップ)は必須ソフトになりますね。

Windows 8の使い方

11 9月

2014年09月11日 17:39

Windows 8.1でのローカルアカウントと「Microsoft」アカウントの違い

  • twitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
  • Windows 8.1でのローカルアカウントと「Microsoft」アカウントの違い

    Windows 8.1へサインインするには、お使いのパソコンでのみ使用可能なローカルアカウントと、複数のWindows 8パソコンで使用可能なMicrosoftアカウントがあります。


    1. ユーザーアカウントの概要

    Windows 8.1にサインインするユーザーアカウントには、ローカルアカウントとMicrosoftアカウントの2種類があります。
    パソコン固有のローカルアカウントと、複数のパソコンで共有できるMicrosoftアカウントについて説明します。

    ローカルアカウント
    お使いのパソコンごとにユーザー名と任意でパスワードを登録し、サインインするためのアカウントです。
    パソコン固有のユーザーアカウントのため、複数のパソコンに同じユーザー名でアカウントを作成しても、パソコンの設定などは同期されません。
    「メール」や「カレンダー」などのアプリや、Windowsストアからのアプリのダウンロードなど、Windows 8.1の一部の機能
    (Microsoft社が提供するオンラインサービス)が使用できません。
    ※ 使用するには、Microsoftアカウントでサインインする必要があります。

    Microsoftアカウント
    電子メールアドレスとパスワードを使用して、Microsoft社が提供するオンラインサービス(Outlook.comやOneDriveなど)やWindows8.1へサインインするためのアカウントです。インターネット上で個人の認証を行います。
    Microsoftアカウントでサインインすると、「メール」や「カレンダー」などのアプリや、Windowsストアからのアプリのダウンロードなど、Windows 8.1のすべての機能が使用できます。
    また、複数のパソコンに同じMicrosoftアカウントでサインインすると、個人設定をオンラインで同期して、パソコンのテーマや壁紙、ブラウザーのお気に入り、アプリなどを共有できます。

    補足

    Microsoftアカウントでサインインすれば、Microsoft社が提供するさまざまなオンラインサービスが利用できるため、Windows 8.1では、Microsoftアカウントの使用が推奨されています。

    2. 現在のアカウント使用状況を確認する

    現在のアカウント使用状況は、以下の手順で確認することができます。

    1. 画面右下隅をポイントし、マウスポインターを上方向へ移動させます。
      チャームが表示されたら、「設定」をクリックします。
      チャームを表示し、「設定」をクリックします

    2. 「設定」のオプションが表示されます。
      「PC設定の変更」をクリックします。
      「PC設定の変更」をクリックします

    3. 「PC設定」が表示されます。
      「アカウント」をクリックします。
      「アカウント」をクリックします

    4. 「アカウント」が表示されます。
      「お使いのアカウント」を表示し、現在のアカウント状況を確認します。

      Microsoftアカウントでサインインしている場合には、アカウント名の下にMicrosoftアカウントのメールアドレスが表示され、「関連付けを解除する」が表示されます。
      Microsoftアカウントでサインインしている場合には、アカウント名の下にMicrosoftアカウントのメールアドレスが表示され、「関連付けを解除する」が表示されます

      ローカルアカウントでサインインしている場合には、アカウント名の下に「ローカルアカウント」と表示され、「Microsoftアカウントに関連付ける」が表示されます。
      ローカルアカウントでサインインしている場合には、アカウント名の下に「ローカルアカウント」と表示され、「Microsoftアカウントに関連付ける」が表示されます

    31 7月

    2014年07月31日 11:54

    Microsoft Windows8/8.1でセーフモード(F8)を起動する方法

  • twitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
  • セーフモードはオペレーティングシステムのよく知られた特殊状態のWindows用診断モードです。セーフモードではWindows OS唯一のオペレーティングシステムで必要とされる最小限のドライバとサービスを提供しています。機能の最小限のセットをロードすることにより、 セーフモード根本原因を特定し、Windowsオペレーティングシステムの問題のトラブルシューティングに役立ちます。このような障害のあるデバイスドライバとして、 破損したソフトウェア、 ウイルス感染やマルウェアの攻撃など通常の起動からPCを防ぐことができます。 またはWindowsが不安定になるときに使用します。

    Windows 7、Windows Vista、Windows XPともっと以前のバージョンに対応するWindowsサーバと異なって、セーフモードに入るのがとても簡単でした。BIOS起動画面後にキーボードの「F8」キーを[詳細ブート オプション]が表示されるまで連続して押下すると、セーフモードを選択できる画面が出ます。ただしWindows8でのブートプロセスが改善され、キーストロークが200ミリ秒未満に短縮を読み、F8キーに対応する期間がなくなり、ハードウェアとソフトウェアの最適化に固定してきました。換言すれば、 Windows 8のブートプロセスがユーザーに対して速すぎてF8キーを押すところに中断になります。多くのWindows8とWindows8.1のユーザーは特にSSD上で実行されていて、 F8ファンクションキーは、もはや高度なブートオプションになり、時間がかからずセーフモードに入るようになりました。

    その問題を認め、MicrosoftはWindows8では自動フェイルオーバーになりました。つまり、Windows回復環境(WinRE)は内部でブートオプションメニューに直接行くことができます。Windowsが複数回検出されるたびにそうでない場合は、Windowsをロードするから、PCを維持するという問題があることをWindows回復環境(WinREは)内部ブートオプションメニューに直接移動しますか、PCは実際には使用できない場合にもかかわらず、ブートが成功します。

    しかし、手動で他の設定を構成するには、セーフモードまたは高度なブートメニューに取得したい場合はどうなりますか? または必要としてマイクロソフトが構築された自動フェイルオーバーソリューションは(セーフモードには触れずに)は動作しませんか? マイクロソフトでは確実にセーフモードを入力するために頼ることができるオプションをいくつか設計しました。 下記の方法を使用するとセーフモードに入るなど、利用可能なオプションがありますので、ブートオプションメニューにブートするために要求されたファーストステップであることに注意してください。(詳細は下記)

    方法1Windowsシステム構成からセーフモードを起動する
    1.「Windows」キーを押しながら「R」キーを押し、表示された一覧から「ファイル名を指定して実行」をクリックします。
    2.「名前」ボックスに「msconfig」と入力し、「OK」をクリックします。
    1











    3. 「ブート」タブをクリックし、「ブートオプション」欄の「セーフブート」にチェックを入れて、「OK」をクリックします。
    WIN8 2

















    4. 「システム構成の変更を有効にするには、再起動が必要な場合があります。…」というメッセージが表示されます。「再起動」をクリックします。

    セーフモードで起動する設定を通常起動モードに戻すには、手順1から操作を行い、手順3の「システム構成」画面で「ブートオプション」欄の「セーフブート」からチェックを外して、「OK」をクリックします。手順4で「再起動」をクリックすると、次回からパソコンが通常モードで起動します。

    方法2Shiftキーを押しながら再起動する
    Shiftキーを押したまま「電源」をクリックし「再起動」を選択すると、再起動時に「オプションの選択」画面が表示されます。(チャームバー、スタート画面またはWindows8快速アクセスユーザーメニューから電源ボタンをアクセスできます。)

    方法3:「PC設定」からセーフモードを起動する
    1.画面右下隅をポイントし、マウスポインターを上方向へ移動させます。チャームが表示されたら、「設定」をクリックします。
    2. 「設定」のオプションが表示されます。「PC設定の変更」をクリックします。「PC設定」が表示されます。「保守と管理」をクリックします。
    3. 「保守と管理」が表示されます。「回復」をクリックし、「PCの起動をカスタマイズする」欄の「今すぐ再起動する」をクリックします。

    WIN8 3





















    方法
    4shutdownコマンドを使用する
    「ファイルを指定して実行」から、

    shutdown /r /o /t 0」

    と入力すると、起動オプションの選択画面に直行出来ます。
    batファイルを作成してもOKです。

    方法1を除いて上記の手順はすべて詳細ブートオプションメニューからセーフモードにmenu.Getting Windows 8のブートオプションを開くことができますが、さらにいくつかの手順が必要となります。下記のとおり:
    1.「オプションの選択」画面で「トラブルシューティング」をクリックします。
    WIN8 4


















    2. 「トラブルシューティング」が表示されます。「詳細オプション」をクリックします。
    WIN8 5


















    3. 「詳細オプション」が表示されます。「スタートアップ設定」をクリックします。
    WIN8 6 


















    4. 「スタートアップ設定」が表示されます。「再起動」をクリックします。
    WIN8 7 



















    5.再起動後、画面に表示オプションを選択する番号またはファンクションキーを使用しています。オプションの中に利用可能なは以下の通りです。(セーフモードオプションには斜体で書きました。)
    F1 or 1 – デバッグを有効にする
    F2 or 2 – ブートログを有効にする
    F3 or 3 – 低解像度ビデオを有効にする
    F4 or 4 – セーフモードを有効にする
    F5 or 5 – セーフモードとネットワークを有効にする
    F6 or 6 – セーフモードとコマンドプロントを有効にする
    F7 or 7 – ドライバー署名の強制を無効にする
    F8 or 8 – 起動時マルウェア対策を無効にする
    F9 or 9 – 障害発生後の自動再起動を無効にする
    WIN8 8


















    Windows 8インストール後、ブートメニューもModernスタイルの画面になるが、旧スタイルを使いたい場合、簡単に切り替える事が出来る。デスクトップでメニューを開き、「コマンドプロンプト(管理者)」を実行する。管理者権限でコマンドプロンプトを起動し、次のコマンドを実行します:

    bcdedit /set {default} bootmenupolicy legacy

    「bcdedit」を実行し、「bootmenupolicy」が「legacy」になっている事を確認します。これで起動時旧スタイルのメニューになります。F8を押せば、詳細メニューが表示されます。


    WIN8 9



















    次のコマンドを入力すると元に戻ります。


    bcdedit /set {default} bootmenupolicy standard

    28 7月

    2014年07月28日 12:29

    Windows 8.1 Update 1 でスタート画面に電源ボタンが表示か非表示するか

  • twitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
  • Windowsの8.1Update 1にいくつかのユーザーエクスペリエンス機能強化が追加されました。
    適用による新機能の一つとして、スタート画面右上に電源ボタンのショートカット追加があります。
    検索ボタンとユーザーアカウントも一緒に表示されるようになりました


    1





    電源ボタンをタップまたはクリックするとシャットダウン、再起動、スリープの選択があります。
    もしチャームバーやクイックアクセスパワーユーザーメニューなどを介して、 お使いのコンピュータまたはスイッチユーザーを休止状態をするには、別にスタート画面に電源ボタンの必要がないかもしれません。
    さらに、 スタート画面の電源ボタンは、Windows8.1をアップデートした後に表示されるべきである場合があり、 いくつかの理由でそれが表示されない場合もあります。
    次に、スタート画面の電源ボタンを表示または非表示にする方法をご紹介します。

    Windows8.1Update 1のスタート画面で電源ボタンを非表示にする方法
    ファイル名を指定して実行、RegEditと入力
    次のレジストリキーを開きます。
    HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\ImmersiveShell
    ImmersiveShellキーを右クリックし、メニューから新規 -> キーとクリックし、キー名を「新しいキー #1」から「Launcher」に変更します。


    2

















    4,Launcherキーの右ペインを右クリックし、メニューから<新規>→<DWORD値>とクリックし、値名を「新しいキー #1」から「Launcher_ShowPowerButtonOnStartScreen」に変更します。


    3











    5Launcher_ShowPowerButtonOnStartScreenのデータの値を0のままにし、スタート画面の電源ボタンを非表示にすることができます。


    6.レジストリエディターを終了し、Windows 8.1に再サインインします。



    代替案

    次のレジストリ登録ファイルを適用し、スタート画面の電源ボタンを非表示にもできます。

    Win8-PowerStart-Hide.reg



    Windows8.1 Update 1のスタート画面で電源ボタンを表示する方法

    1.ファイル名を指定して実行、RegEditと入力

    2.次のレジストリキーを開きます。

    HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\ImmersiveShell

    3.3.ImmersiveShellキーを右クリックし、メニューから新規 -> キーとクリックし、キー名を「新しいキー #1」から「Launcher」に変更します。

    4.Launcherキーの右ペインを右クリックし、メニューから<新規>→<DWORD値>とクリックし、値名を「新しいキー #1」から「Launcher_ShowPowerButtonOnStartScreen」に変更します。

    5.Launcher_ShowPowerButtonOnStartScreenのデータの値を1に設定すると、スタート画面の電源ボタンを表示にすることができます。

    6.レジストリエディターを終了し、Windows 8.1に再サインインします。



    代替案

    次のレジストリ登録ファイルを適用し、スタート画面の電源ボタンを表示にもできます。

    Win8-PowerStart-Show.reg




    4




    無電源ボタンを使用した
    Windows8.1スタート画面は上の図になります。

    22 1月

    2014年01月22日 12:37

    Windows 8 / 8.1で自動更新でインストールされた更新プログラムをアンインストールする方法

  • twitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
  • Windows 8 / 8.1で、自動更新でインストールされた更新プログラムをアンインストールする方法について教えてください。

    更新プログラムは不具合の修正を目的にインストールされているため、パソコンに問題が発生した場合のみアンインストールを実施してください。

    更新プログラムは不具合の修正を目的にインストールされているため、パソコンに問題が発生した場合のみアンインストールを実施してください。

    はじめに

    Windows Updateでインストールされる更新プログラムは、Windowsの不具合や、システムの欠陥であるセキュリティホールなどを修正する目的でインストールされます。
    更新プログラムはコントロールパネルからアンインストールできますが、セキュリティに問題が発生する可能性があるため推奨していません。

    更新プログラムのアンインストールは、特定の更新プログラムをインストール後にパソコンの調子が悪くなった場合や、ハードウェアが使用できなくなった場合のみ、実施してください。

    操作手順

    Windows 8 / 8.1で自動更新でインストールされた更新プログラムをアンインストールするには、以下の操作手順を行ってください。
    ※ ここではWindows 8の画面で案内していますが、 Windows 8.1でも同様の操作が行えます。

    1. 「Windows」キーを押しながら「X」キーを押し、表示された一覧から「コントロールパネル」をクリックします。
      「Windows」キーを押しながら「X」キーを押し、表示された一覧から「コントロールパネル」をクリックします

    2. 「コントロールパネル」が表示されます。
      「プログラムのアンインストール」をクリックします。
      ※ 表示方法がアイコンの場合は「プログラムと機能」をクリックします。
      「プログラムのアンインストール」をクリックします

    3. 「インストールされた更新プログラムを表示」をクリックします。
      「インストールされた更新プログラムを表示」をクリックします

    4. 画面右側に表示された一覧からアンインストールする更新プログラムをクリックして、「アンインストール」をクリックします。
      ここでは例として、「Microsoft Windows(KB2880289)の更新プログラム」をクリックします。
      アンインストールする更新プログラムをクリックして、「アンインストール」をクリックします

    5. 「更新プログラムのアンインストール」が表示されます。
      「はい」をクリックします。
      「はい」をクリックします

    6. 「これらの変更を適用するには…」というメッセージが表示された場合は、作業中のファイルを保存して、「今すぐ再起動する」をクリックします。
      作業中のファイルを保存して、「今すぐ再起動する」をクリックします

    以上で操作完了です。

    選択した更新プログラムがアンインストールされていることを確認してください。

    16 5月

    2013年05月16日 11:50

    Windows8 スタート画面のタイルからデスクトップ版IE10を起動する

  • twitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
  • 対象:Windows8・RTのInternet Explorer 10

    初期状態のWindows 8・Windows RTのスタート画面にはIE10(Internet Explorer 10)を起動するタイルが表示されています。

    このタイルをタップしたり、クリックしたりすると、Modern UI・Windows 8スタイルUIのIE10が起動します。

    しかし今のところ、Modern UI・Windows 8スタイルUIのIE10では、表示できないWebページも少なくありません。

    そのため、Modern UI版のIE10からデスクトップ版のIE10に切り替える操作も時々発生します。

    それならばいっそのこと、スタート画面のIEタイルから起動するIE10を、デスクトップ版に変更してしまうほうが便利に感じる方もいらっしゃると思います。


    ▼操作概要:スタート画面のInternet Explorerタイルをタップ・クリックしたときにデスクトップ版のIE10が起動するようにする

    デスクトップ版IE10の[インターネットオプション]ダイアログ
     -[プログラム]タブ
      -[Internet Explorerの開き方]欄
    -[Internet Explorerタイルをクリックするとデスクトップで開く]
      チェックボックスをOnにする



    上記の設定変更を行えば、スタート画面のIEタイルをタップ・クリックしたときに、デスクトップ版のIE10が起動するようになります。

    デスクトップ版IE10の[インターネットオプション]ダイアログは、デスクトップ版IE10がアクティブな状態で、アクセスキー[Alt]→[T]→[O]を押して表示するのが便利でしょう。


    記事検索

    価格比較
     PR-www.esoft-shop.jp-
    価格: 8,900
     Windows8-Websetup(ダウンロード)
     Windows8 Pro 新規インストール
     Windows8.iso DVDにインストールディスクとして焼く

     PR-www.esoft-shop.jp-
    価格: 9,800
    公式サイトからダウンロード.ディスクに書き込む

     PR-www.esoft-shop.jp-
    価格: 12,800
    公式サイトからダウンロード. ディスクを購入.ディスクに書き込む

     PR-www.esoft-shop.jp-
    価格: 13,800

     PR-www.esoft-shop.jp-
    価格: 18,500

     PR-www.esoft-shop.jp-
    価格: 16,500
    アクセスカウンター
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    livedoor プロフィール
    カテゴリ別アーカイブ
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ