Adobe Acrobat を使用した PDF ファイルの作成方法について説明しています。

一般的に PDF ファイルは、Microsoft Office で作成したファイルや CAD ファイル、リッチテキストファイルなど、PDF 形式以外の既存のドキュメントを変換して作成します。Acrobat には複数の変換方法が用意されておりますが、変換方法によってそれぞれ利点や制限があります。

A. Acrobat の「作成」メニュー

Acrobat を起動し、「ファイル」メニューまたは作成ツールバーから変換を行う方法です。





ファイルから PDF

コンピューター内に保存されているファイルを選択して PDF に変換します。

スキャナーから PDF

スキャナーから取り込んだイメージを PDF に変換します。新聞などの印刷物をテキストデータとして取り込む OCR などの処理を行う場合に便利です。

ファイル/作成/スキャナーから PDF/プリセットを設定を選択し、解像度やカラーモード、OCR の実行などのスキャン時の設定を指定することができます。



Web ページから PDF

インターネット上のページを PDF に変換します。頻繁に更新される Web  ページの情報を保存しておく場合などに便利です。「複数レベルをキャプチャ」を選択することで、単一ページだけではなく、ディレクトリ内のページを自動で取得して変換することもできます。



クリップボードから PDF

システム上でコピーした情報を PDF に変換します。例えば、テキストファイルや電子メールなどの一部をコピーしてからこの処理を行うと、ファイルやメール本文全体ではなく、コピーされた部分だけが PDF に変換されます。

B. 印刷コマンド

ファイルメニューに印刷またはプリントコマンドがあるアプリケーションであれば、どのアプリケーションからでも PDF ファイルを生成することができます。例えば Windows のメモ帳や Mac OS のテキストエディットで作成したデータなども PDF 形式で保存することができます。また、PDF の変換設定も用途に応じて変更し、プリセットとして保存することができます。

なお、Adobe PDF プリンターには、初期設定で複数のプリセット(PDF/A、PDF/X、プレス品質、雑誌広告送稿用など)が用意されているため、PDF 設定の変更は必ずしも必要な手順ではありません。用意されているプリセットが用途に適していない場合は、必要に応じて PDF 設定を変更してください。

B-1. 印刷コマンドから PDF を作成

このセクションでは、B-1. で設定したプリセットを指定して、PDF を作成する手順について説明しています。以下の手順では、例として Windows はメモ帳から、Mac OS はテキストエディットから PDF を作成しています。

Windows の場合

  1. メモ帳を起動し、ファイルを作成するか、または PDF に変換するファイルを開きます。
  2. ファイル/印刷を選択します。
  3. 印刷に使用するプリンターとして「Adobe PDF」を選択し、「詳細設定」をクリックします。





     
  4. 「Adobe PDF 設定」タブの「PDF 設定」ポップアップメニューから、B-1. で保存したプリセットを選択し、「OK」をクリックします。
  5. 「印刷」をクリックし、PDF 変換を実行します。