ws71001

Adobe フォトショップ、イラストレーターを激安価格

アドビ フォトショップとイラストレーターってどう違うの?格安購入する方法ありませんか?グラフィックデザイナーやWEBデザイナー、DTPデザイナーにとってAdobeのIllustrator(イラストレーター)やPhotoshop(フォトショップ)は必須ソフトになりますね。

デスクトップ

15 11月

2013年11月15日 23:09

マイクロソフト[Windows8.1] パーティション分割方法

  • twitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
  • Windows8やWindows8.1のパーティション分割の方法を説明します。

    パーティションの分割はWindowsの標準機能で行えますので
    ソフトのインストールなどは不要です。


    パーティションを分割するとどうなるの?


    パーティションを分割するメリットはパーティション毎のバックアップを
    短時間で行う事ができたり、システムとデータを分けて管理する事ができる事です。

    物理ドライブが1つしか搭載されていないシステムの場合は、パーティションが
    分割されていないとシステムとデータが同じパーティションに保存されます。

    また、ドライブが1つだけでパーティションが分割されていないとシステムだけの
    イメージが作りたい場合でもドライブ全体のイメージが作成されてしまいますので
    保存されているユーザーデータが多い場合はイメージ作成に時間が掛かります。

    また、SSDでは問題ありませんがHDDの場合はデータが書き込まれた場所によって速度が違います。
    HDDは先頭が速く、内周部が遅いのです。

    システムは100GBもあれば十分なので先頭部をパーティション分割して
    システム用として固定してしまえばPCの反応速度低下も抑えられます。

     

    分割方法

    パーティション分割の流れは
    「ボリュームの縮小」→「未割り当て」部にパーティション作成となります。

    part (1)
    コントロールパネル」→「システムとセキュリティ」とクリックします。

     

    part (2)
    システムとセキュリティ」内の「管理ツール」の
    ハードディスク パーティションの作成とフォーマット」をクリックします。

     

    part (4)
    ディスクの管理」が開きますので縮小したいドライブ上で右クリックして
    ボリュームの縮小」をクリックします。

     

    part (5)

    • 縮小前の合計サイズ・・・現在のパーティションの容量です。
    • 縮小可能な領域のサイズ・・・縮小できる容量です。
    • 縮小する領域のサイズ・・・今回縮小する容量です。
    • 縮小後の合計サイズ・・・縮小前から縮小するサイズを引いた容量です。

    ※MBをGBに直すには1024で割る必要があります。

    「縮小する領域のサイズ」に縮小したい容量を入力して「縮小」をクリックします。

     

    part (7)
    処理が終わると未割り当て領域が作成されますがそのままでは使用する事ができません。
    右クックして「新しいシンプルボリューム」をクリックします。

     

    part (8)
    「次へ」をクリックします。

     

    part (9)
    作成する容量の確認画面です。
    全てを指定すれば1つのパーティションになります。
    少ない容量を指定して余った領域にパーティションを分ける事も可能です。

    容量を指定して「次へ」をクリックします。

     

    part (10)
    ドライブ文字を指定します。
    ドライブ文字は後から変更できますので何でもOKです。

    尚、ドライブ文字を割り当てないと使用する事が出来ませんので注意して下さい。

     

    part (11)
    「このボリュームを次の設定でフォーマットする」を選択して下さい。

    ボリュームラベルは後で変更できますのでお好みで設定して下さい。

    クイックフォーマットにチェックが入っていないとフルフォーマットになります。
    フルフォーマットは未割り当て領域全てをフォーマットする作業を行いますので
    500GBクラスで2時間以上掛かります。

    時間が掛かっても良いならフルフォーマットの方がドライブの不具合などが
    確認できますが、他にも確認する方法がありますのでここは
    クイックフォーマットでOKです。

     

    part (12)
    「完了」をクリック

     

    part (13)
    part (14)

    パーティションが分割できました。

    13 11月

    2012年11月13日 11:26

    Windows 8のウィンドウにWindows Vista/7風の影を付加できる「窓影8」

  • twitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
  • 1537.win8logo_01_008485ddfeb17.jpg
    「窓影8」は、Windows 8のウィンドウにWindows Vista/7風の影を付加できるソフト。Windows 7/8及び同64bit版に対応するフリーソフトで、作者のWebサイトからダウンロードできる。

     Windows 8のデスクトップでは、Windows Vista/7で採用されていた“Aero”デザインが廃止され、フラットなデザインが新たに採用された。新しいデザインではウィンドウの影が極端に少なくなり、立体感を感じさせないようになっているが、ウィンドウの境界がわかりづらく感じる人もいるだろう。

     本ソフトを使えば、Winodws 8のデスクトップでもWindows Vista/7風の影を表示することが可能。起動するとタスクトレイに常駐し、以後はすべてのウィンドウの周りにはっきりとわかる影が表示されるようになる。タスクトレイアイコンから表示できる設定ダイアログからは、本ソフトをスタートアップに登録することも可能。

    15 6月

    2012年06月15日 12:43

    Windows 8の“Metro”デスクトップへ対応した「Google Chrome」開発版が登場

  • twitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
  • 「Google Chrome」v21.0.1171.0 Dev 「Google Chrome」v21.0.1171.0 Dev

     米Google Inc.は11日(現地時間)、同社製Webブラウザー「Google Chrome」の最新開発(Dev)版v21.0.1171.0を公開した。Windows 8の新しいデスクトップ“Metro”へ対応した初めてのリリースとなる。

     今回の“Metro”対応は、チャームやスナップへの対応といった“Metro Style”アプリケーションのごく基本的な要件のみを満たした暫定的なもの。そのため、デザインや機能の多くは従来のデスクトップ版「Google Chrome」を流用したものにとどまっており、Microsoftの定めた“Metro”デザインのガイドラインにも準拠していない。一見しただけでは“最大化”表示した「Google Chrome」にしか見えないだろう。

     しかし、チャームを利用したWebページの共有や、フリック操作によるスムーズなアプリケーションの切り替えは体験可能。競合ブラウザーのなかでは「Firefox」などが“Metro”対応への意欲を見せているが、「Google Chrome」が一歩リードした格好だ。

    チャームを利用したWebページの共有 チャームを利用したWebページの共有

    今回の“Metro”対応は基本的な要件のみを満たした暫定的なもの。アプリケーションバーを表示させるフリック操作は、タブバーの表示切り替えに割り当てられている 今回の“Metro”対応は基本的な要件のみを満たした暫定的なもの。アプリケーションバーを表示させるフリック操作は、タブバーの表示切り替えに割り当てられている

    “Metro”版「Google Chrome」を利用するには、既定のWebブラウザーへ指定する必要がある “Metro”版「Google Chrome」を利用するには、既定のWebブラウザーへ指定する必要がある


    サードパーティ製Webブラウザーの“Metro”対応は「Google Chrome」が一歩リード

    11 5月

    2012年05月11日 18:35

    Windows 8の“Metro”デスクトップをiPadで触って楽しめる「Win8 Metro Testbed」

  • twitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
  • 「Win8 Metro Testbed」v1.7.5.1 「Win8 Metro Testbed」v1.7.5.1

     「Win8 Metro Testbed」は、次世代OS「Windows 8」への接続に対応するiPad向けのリモートデスクトップアプリ。iOS 3.2以降に対応しており、Appleが運営するアプリケーション配信サービス“App Store”からダウンロード可能。通常価格49.99米ドル(税込み)のところ、現在、発売記念期間限定セールとして半額の24.99米ドル(日本では2,200円)で提供されている。

     2月29日に公開された次世代OS「Windows 8」の一般向けプレビュー版「Windows 8 Consumer Preview」(以下、「Windows 8 CP」)は、公開初日に100万件のダウンロードを記録したという。本誌読者のなかにも、すでにインストールして実際に試してみた人が少なからずいることだろう。

     そんな先進的なユーザーであっても、マルチタッチに対応したタブレットPCを使って、実際に“Metro”デスクトップのタッチ操作を体験した人はそう多くないのではないだろうか。“Metro”デスクトップの魅力は、なんといってもタッチ操作との親和性にある。それに触れないことには、Windows 8のすべてを体験したとは言えないが、わざわざ新しくタブレットPCを購入するとなると二の足を踏んでしまう。

     そんなときは、「Win8 Metro Testbed」を試してみよう。すでにiPadをもっていれば、わざわざタブレットPCを買わなくても、一足先に“Metro”デスクトップのタッチ操作を体験できる。

     本アプリは、リモートデスクトップ接続ソフト「Splashtop Remote Desktop」をWindows 8とiPadへ最適化させたもの。セットアップが非常に簡単で、公式に“Metro”デスクトップへの対応が謳われているのが心強い。

     利用するには、「Splashtop Remote Desktop」と同様に、まず「Windows 8 CP」へサーバーソフト「Splashtop Streamer」をインストールする。セットアップの際、数字とアルファベットからなる“セキュリティコード”の作成を求められるが、これは「Win8 Metro Testbed」から「Windows 8 CP」へアクセスする際に必要になる。

    「Windows 8 CP」へサーバーソフト「Splashtop Streamer」をインストール・セットアップしよう 「Windows 8 CP」へサーバーソフト「Splashtop Streamer」をインストール・セットアップしよう 「Windows 8 CP」へサーバーソフト「Splashtop Streamer」をインストール・セットアップしよう

     次に、「Splashtop Streamer」をインストールしたサーバーPCと、「Win8 Metro Testbed」をインストールしたiPadを同じネットワークに参加させる。すると「Win8 Metro Testbed」の接続先にサーバーPCが現れるので、それを選択して先ほど作成したセキュリティコードを入力すればよい。そのほか、Googleアカウントを利用して、インターネット越しに接続することも可能だ。

    1. 接続先のPCを選択 1. 接続先のPCを選択

    2. セキュリティコードの入力 2. セキュリティコードの入力

    3. ディスプレイの切り替えやスクリーンの向きの変更、タッチパッドモードの利用などはコントロールバーで設定できる 3. ディスプレイの切り替えやスクリーンの向きの変更、タッチパッドモードの利用などはコントロールバーで設定できる

    4. “Metro”デスクトップの表示 4. “Metro”デスクトップの表示

     筆者の環境で試用したところ反応速度は上々で、あたかもiPadにWindows 8がインストールされているかのように扱うことができた。iPadの右枠から左方向へスワイプすると、Windows 8の“チャーム”が現れ、下枠から上方向へスワイプするとアプリケーションバーが現れる。“Metro”スタイルアプリの切り替えや終了も、タッチ操作で快適に行える。有償アプリではあるものの、それに見合うだけのクオリティを備えていると言えるだろう。

    「Win8 Metro Testbed」

    【著作権者】
    Splashtop Inc.
    【対応OS】
    iOS 3.2以降
    【ソフト種別】
    ダウンロード販売 価格2,200円(
    記事検索

    価格比較
     PR-www.esoft-shop.jp-
    価格: 8,900
     Windows8-Websetup(ダウンロード)
     Windows8 Pro 新規インストール
     Windows8.iso DVDにインストールディスクとして焼く

     PR-www.esoft-shop.jp-
    価格: 9,800
    公式サイトからダウンロード.ディスクに書き込む

     PR-www.esoft-shop.jp-
    価格: 12,800
    公式サイトからダウンロード. ディスクを購入.ディスクに書き込む

     PR-www.esoft-shop.jp-
    価格: 13,800

     PR-www.esoft-shop.jp-
    価格: 18,500

     PR-www.esoft-shop.jp-
    価格: 16,500
    アクセスカウンター
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    プロフィール

    ws71001

    カテゴリ別アーカイブ
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ