ws71001

Adobe フォトショップ、イラストレーターを激安価格

アドビ フォトショップとイラストレーターってどう違うの?格安購入する方法ありませんか?グラフィックデザイナーやWEBデザイナー、DTPデザイナーにとってAdobeのIllustrator(イラストレーター)やPhotoshop(フォトショップ)は必須ソフトになりますね。

プレビュー版

2 10月

2014年10月02日 17:13

Microsoft 次期Windows OS「Windows 10」正式公開、Windows 10の製品は発売は2015年後半の予定!!

  • twitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
  • 次期Windows OSとなる「Windows 10」です、次世代OSは“Windows 9”ではなかった、(米国時間9/30)、サンフランシスコで開催されたプレスイベントでMicrosoftは次世代のWindowsを発表した。その名はWindows 10で発表された。Windows 10プレビュー版を公開しました、正式リリースは2015年後半くらい販売する予定です、
    win10  6












    今回発表されたWindows 10の新機能は一部にすぎないが、Windows 8世代で大きく変わったデスクトップの使い勝手をWindows 7ベースに戻しつつ、そのうえで作業効率アップを図り、Windows 8/8.1のModern UIも無理なく統合したような変更が目立つ。

    スタートメニュー完全復活+ライブタイル融合

     Windows 8でスタートボタンとスタートメニューが廃止され、Windows 8.1ではスタートボタンが戻ってきたが、Windows 10ではいよいよスタートメニューも完全復活する。これにより、デスクトップ画面から起動し、スタート画面を経由せず、操作を完結できるというわけだ。さらに、Windows 10の新機能として、好みのアプリやライブタイルをスタートメニュー内の右側に配置できる。

    tm_1410_win10_04.jpg Windows 10件テクニカルプレビュー(Build 9841)。スタートメニューが完全復活し、新機能としてメニューの右側にスタート画面のライブタイルやアプリタイルを配置できるようになった

    Windowsストアアプリのウィンドウ表示

     これまで全画面表示のみサポートしていたWindows10+ 件ストアアプリ(Modernアプリ)は、デスクトップでウィンドウ表示が可能だ。デスクトップアプリ同様、ウィンドウのサイズや位置の変更、タイトルバーからの最大化、最小化、閉じるといった操作に対応する。これにより、デスクトップアプリとWindowsストアアプリを並べて操作できるようにもなった。

    tm_1410_win10_2_01.jpg デスクトップでWindows10ストアアプリのウィンドウ表示が可能になった

    アプリの4分割スナップ

     ディスプレイの高解像度化トレンドを受けてか、アプリ配置のスナップ機能も強化された。上下左右に4分割でアプリを隙間なくレイアウトできる。4分割されたデスクトップの余った領域に、バックグラウンドで動作しているアプリのサムネイルも表示可能だ。サムネイルをクリックすれば、余った領域にスナップされる。

    tm_1410_win10_2_02.jpg 
    アプリは4分割にスナップ可能。余った領域にバックグラウンドで動作する他のアプリを表示できる

    タスクビュー

     スタートボタンの右に検索ボタン、その右隣には新しい「タスクビュー」ボタンを搭載。これを押すと、起動しているアプリやファイル、仮想デスクトップのサムネイルが大きく一覧表示でき、手軽に切り替えられる。

    tm_1410_win10_2_03.jpg スタートボタンから右に2つ目のボタンを押すと、「タスクビュー」が起動し、アプリを手軽に切り替えられる

    仮想デスクトップ

     仮想デスクトップを追加できるようになった。追加したデスクトップに目的別のアプリやファイルを配置するなど、複数のデスクトップを切り替えながら利用できる。仮想デスクトップの切り替えは、前述のタスクビューから行える。

    tm_1410_win10_2_04.jpg 
    複数の仮想デスクトップを追加して切り替えられる
    22 8月

    2014年08月22日 13:00

    MS[ Windows 9」プレビュー版、9月30日に公開へ!

  • twitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
  • WIN9
     
















    Microsoftが米国時間9月30日に「Windows 9」を披露するための特別イベントを計画しているという。
    The Vergeが計画に詳しい情報筋らの話として報じている。同記事によると、日程は現在のところ「暫定的」なものであるという。

     次期Windowsが本当にWindows 9という名称になるかはまだ明らかでない。
    同OSには現在、「Windows Threshold」という開発コード名が付けられているが、
    Microsoftが次期プラットフォームにもこれまでの番号体系に従った名称を付ける可能性は高い。

     米CNETの姉妹サイトであるZDNet.comは先週、MicrosoftがThresholdの「テクニカルプレビュー版」を9月末か10月初めにリリースする計画だと報じた。

     Thresholdには、広範囲にわたる改良が加えられると予測される。
    新しい「ミニ版」の「Start Menu」、デスクトップ上のウィンドウ内で実行可能な「Metro」スタイルアプリケーション、仮想デスクトップなどだ。

     The Vergeの情報筋らによると、Microsoftは9月30日のイベントでこれらの改良点や新機能の一部を披露する予定だという。
    同OSはその後まもなく、ベータプレビュー版としてリリースされるはずである。
    16 5月

    2014年05月16日 18:38

    Microsoft、2015年2月に「Windows 9」のプレビュー版を公開?!

  • twitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
  • 以前に、著名なMicrosoftウォッチャーで知られるPaul Thurrott氏が、次期Windowsこと「Windows 9」(コードネーム:Threshold)の開発は2015年4月のリリースに向け順調だと報告していましたが、本日、Microsoftは2015年2月に「Windows 9」のパブリックプレビュー版をリリースするとの噂が浮上しました。
    Microsoft-to-Launch-Windows-9-Preview-in-February-2015-Rumorこの情報は先日にMicrosoftが「Windows 365」や「Windows 9」、「Office 2015」を開発している事を示すFacebookの投稿のスクリーンショットを公開していたFaiKeeという人物で、信憑性は不明です。
    screen_332_zps123d5968もし本当に2015年4月に「Windows 9」が正式リリースされるのであれば、プレビュー版の配布はもう少し早い時期になると思われますが、果たしてどうなのでしょうか
    23 7月

    2012年07月23日 17:25

    米Microsoft、次期「Office2013 Web Apps」のプレビュー版を公開

  • twitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
  • 米Microsoftは20日、ウェブブラウザーから利用できるOfficeアプリケーション「Office Web Apps」について、次期バージョンのプレビュー版を公開した。オンラインストレージサービスのSkyDriveまたはOffice 365プレビュー版から利用が可能。SkyDriveユーザーに対しては、Office Web Appsのプレビュー版を利用可能にするための特設リンクが用意されている。

     Microsoftでは16日にOfficeの次期バージョン「Office 2013」のカスタマープレビュー版を提供開始しており、今回ウェブ版のOfficeであるOffice Web Appsについてもプレビュー版を公開した。

     Office Web Appsの次期プレビュー版では、編集機能の改善、タッチ操作のサポート、共同作業、パフォーマンスの改善に注力して開発したと説明。編集機能の改善では、Wordのレイアウトツールや、Excelのデータ分析機能、PowerPointのアニメーションツールなどを追加。右クリックメニューを多くの場面で使用可能とし、コピー&ペーストやアンドゥ機能の改善、Excelの印刷機能の追加などを行っている。

     また、Office Web AppsはHTML5で構築することで、プラグインを必要とせずより多くのデバイスのウェブブラウザー上で動作するように最適化。タッチ操作とマウス操作にそれぞれ適したユーザーインターフェイスを提供するとともに、スマートフォン向けのユーザーインターフェイスも強化した。

     複数ユーザーによる共同作業では、従来サポートしていたExcel、OneNote、Wordに加えて、PowerPointでの共同作業にも対応。共同作業中のユーザーに対してメッセージを伝えるため、文書とは別にコメントを付けられる機能を追加した。



    17 7月

    2012年07月17日 16:39

    Microsoft、「Microsoft Office 2013」の一般ユーザー向けプレビュー版を無償公開

  • twitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote


  • 「Microsoft Office カスタマー プレビュー」

    「Microsoft Office カスタマー プレビュー」

    米Microsoft Corporationは16日(現地時間)、「Microsoft Office 2013(Office 15)」の一般ユーザー向けプレビュー版「Microsoft Office カスタマー プレビュー」を無償公開した。

     「Microsoft Office 2013」は、同社のオフィス統合環境「Microsoft Office」の次期バージョン。従来のキーボード・マウスによる操作に加え、スレートPCでのタッチやスタイラスによる操作でも直感的に利用できるようにデザインされているのが特長。また、オンラインストレージ“SkyDrive”への文書保存機能が統合されたほか、カスタム変換辞書を含むユーザー設定の“ローミング(Roaming)”機能が搭載されており、同一のIDでサインインさえすれば、別の端末でも前回中断したところから作業を続けることができる。

     今回公開されたプレビュー版には、個人向けの「Office Professional 2013 プレビュー」と法人向けの「Office 365 ProPlus プレビュー」が用意されている。双方とも、起動はプログラムをローカルにキャッシュして実行するストリーミングタイプの“クイック実行”形式で行われる。

     個人向けの「Office Professional 2013 プレビュー」には、ワープロソフト「Word」、プレゼンテーションソフト「PowerPoint」、表計算ソフト「Excel」、メールおよびスケジュール管理ソフト「Outlook」、メモソフト「OneNote」、データベースソフト「Access」、印刷物作成ソフト「Publisher」が含まれており、利用には“Windows Live ID”が必要。

     一方、法人向けの「Office 365 ProPlus プレビュー」には「Word」「PowerPoint」「Excel」「Outlook」「OneNote」「Access」「Publisher」に加え、コミュニケーションソフト「Lync」が含まれている。


    「Word 2013」 「Word 2013」

    「PowerPoint 2013」 「PowerPoint 2013」

    「Excel 2013」 「Excel 2013」

    「OneNote 2013」 「OneNote 2013」


    そのほかにも、「SharePoint」「Exchange」「Office Web Apps Server」「Project」「Visio」などの製品のプレビュー版も公開されている。さらに、ITプロフェッショナル向けとしてMSI形式のインストーラーでセットアップできる「Office Professional Plus 2013」も用意されている。

     本プレビュー版は、Windows 7/Server 2008 R2およびWindows 8(Release Preview以降)に対応しており、32bit版および64bit版が用意されている。旧バージョンの「Microsoft Office」と共存させることも可能だが、32bit版と64bit版を混在させることはできないので注意。

     主なシステム要件は1GHz以上のCPU、1GBのメモリ(64bit版の場合は2GB)、3.5GBのディスク空き容量、DirectX 10対応のグラフィックカード、1,024×576の画面解像度となっている。


    URL
    Microsoft Office カスタマー プレビュー

    http://www.microsoft.com/ja-jp/office/preview/try-office-preview.aspx



    記事検索

    価格比較
     PR-www.esoft-shop.jp-
    価格: 8,900
     Windows8-Websetup(ダウンロード)
     Windows8 Pro 新規インストール
     Windows8.iso DVDにインストールディスクとして焼く

     PR-www.esoft-shop.jp-
    価格: 9,800
    公式サイトからダウンロード.ディスクに書き込む

     PR-www.esoft-shop.jp-
    価格: 12,800
    公式サイトからダウンロード. ディスクを購入.ディスクに書き込む

     PR-www.esoft-shop.jp-
    価格: 13,800

     PR-www.esoft-shop.jp-
    価格: 18,500

     PR-www.esoft-shop.jp-
    価格: 16,500
    アクセスカウンター
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    livedoor プロフィール
    カテゴリ別アーカイブ
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ