ws71001

Adobe フォトショップ、イラストレーターを激安価格

アドビ フォトショップとイラストレーターってどう違うの?格安購入する方法ありませんか?グラフィックデザイナーやWEBデザイナー、DTPデザイナーにとってAdobeのIllustrator(イラストレーター)やPhotoshop(フォトショップ)は必須ソフトになりますね。

マイクロソフト

4 11月

2014年11月04日 23:03

コンシューマ向けOEM版Windows 7の提供、10月いっぱいで提供終了

  • twitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
  • あるAnonymous Coward 曰く、 Microsoftは、2014年10月31日でコンシューマー向けWindows 7のPCメーカー向けライセンスの販売を終了する。「Home Basic」「Home Premium」「Ultimate」の各エディションに関しては、OEMは今後ライセンスを得ることができなくなる。ただし法人向けとして「Professional」については引き続き販売される(Network World、CIO、Slashdot)。

     また、Windows 7 Professional搭載PCの販売終了日は公開されていないが、法人需要の関係から、Windows 10のリリースまでは販売されると考えられている。

     Steamが2014年9月に行ったハードウェア・ソフトウェア調査によると、現在、Windows 7は、32ビットと64ビットを合わせると全Windowsユーザーの59パーセントを占めている。Windows 8および8.1については28%、XPは4%に減っている。

     スラッシュドットのコメントを読む | マイクロソフト | Windows

     関連ストーリー:
    7月のデスクトップOSシェア、Windows XPがようやく25%を下回る 2014年08月02日
    ついにWindows XPのサポートが終了 2014年04月09日
    米HP、Windows 7需要に応えてWindows 7モデルを割引販売へ 2014年01月24日

    6 10月

    2014年10月06日 15:04

    Office 2013が激安で買える?オフィス2013ソフトを買うなら激安で

  • twitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
  • 激安価格比較、MS Office2013、Office2013を激安で購入しよう! - マイクロソフトOffice2013を激安価格 で買えるのはココ!ワード、エクセルも入ったプロフェッショナル版の業界最安値のみを 紹介しております。 - マイクロソフトOffice2013の激安通販なら 新しいOfficeを即ダウンロード!Microsoftの公式サイトでインストール。

    Microsoft Office Professional 2013 [プロダクトキーのみ] (PC1台/1ライセンス)
    特別価格(税込):12,800
    ・ライセンス認証/登録に関しては保証いたします,
    Microsoft Office Professional 2013  日本語版です。

    商品は、公式サイトで認証できる日本語正規品です。
    ダウンロード版となります。
    高額なパッケージ版と比較し、たいへんお買い得です。

    収録ソフト:
    Microsoft Office
    Word 2013
    Excel 2013
    PowerPoint 2013
    OneNote 2013
    Outlook 2013
    Publisher 2013
    Access 2013
    Microsoft Office Home and Student 2013[ダウンロード版]【日本語版】[プロダクトキーのみ]  (PC1台/1ライセンス):特別価格(税込):9,800

    対応OS: Windows 7/8 ※64bitにも対応

  • CPU: SSE2対応の1GHz以上 , メモリ: 2GB以上 , HDD: 3GB以上
  • モニタ:1366×768以上 他Microsoftアカウント、インターネットに接続できる環境が必要
  • 本製品にはプロダクトキーカードのみです、DVDメディアなどは同梱されません。
  • Microsoft アカウントが必要です。お持ちでない方は Microsoft アカウントを作成してください
    Microsoft Office Professional 2013 plus は2台認証可能品なので、ライセンスについて一つプロダクトキーが合計2台までのPCに認証してご利用頂けます。

    弊サイトが販売しているOffice Professional Plusはマイクロソフトの正規品です。Microsoft Office  Professionalより幾つの仕事向けなアプリを追加するバ ージョンです。企業ユーザーと個人のお客様いずれも利用できるので、ご安心してください。
    再インストールは可能です。ボリューム ライセンス製品ではありません、

    Microsoft Office Professional Plus 2013 [オンラインコード] [ダウンロード] (PC2台/1ライセンス)
  • 特別価格(税込):11,000


     Office Professional Plus 2013 簡単な高速ダウンロード。Officeを今すぐインストール、

    当店のOfficeすべて正規品です。再インストールできます、

    ダウンロードをする時、MSN,Hotmail,LiveなどのMicrosoftアカウントが必要になります。アカウントが無い場合、登録が必要です
    •Microsoft より即ダウンロードできます。
    •2台まで同時認証(32ビット版、64ビット版どちらか1つ)
    •使用期間の限定等は無く、もちろん永久にご利用頂けます。
    製品のライセンス認証は、「インターネット経由」または「電話」で行うことができます
  • マイクロソフトオフィス2013の激安購入はこちら

    マイクロソフトOffice2013ダウンロード超特価激安価格で販売中です!

    6 10月

    2014年10月06日 15:01

    マイクロソフト オフィス2013 プロダクトキー格安で購入、オフィス2013 格安

  • twitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
  • マイクロソフト オフィス2013 価格.オフィス2013価格比較
    新しいOffice を即ダウンロード。Microsoft の公式サイトダウンロード、今すぐインストールする、
    新しい Office の おすすめポイント
    自然に使いこなせる、シンプルな操作性
    書類の作成だけでなく、閲覧や共有、プレゼンなど、さまざまな利用シーンで活躍する機能が満載です。
     指先で使いこなそう
    マウスとタッチ、それぞれの操作に合わせたメニューが用意され、どちらでも使いやすくなっています。
     クラウドでつながろう
    自宅、外出先、会社など場所を選ばず、どのデバイスからでもアクセスし、常に同じ環境で作業できます。

    オフィス2013 ダウンロード版
    プロダクトキーのみでの提供となります。DVDは同梱されません。(Microsoftアカウントを使って専用サイトからプログラムをダウンロードし、セットアップを行います。Micdrosoftアカウントをお持ちでない方は、取得する必要があります。)


    プロセッサ:1 GHz 以上の x86 または x64 プロセッサ (SSE2 命令セットに対応)
    ●メモリ (RAM):32 ビットでは 1 GB の RAM、64 ビットでは 2 GB の RAM
     ●ハード ディスク:3.0 GB の空きディスク領域
    ●ディスプレイ:グラフィックス ハードウェア アクセラレータを使用するには DirectX 10 準拠のグラフィックス カードと 1024 x 576 の解像度が必要
    ●オペレーティング システム:Windows 7、Windows 8、Windows Server 2008 R2、または Windows Server 2012
     ●ブラウザー:Microsoft Internet Explorer 8、9、または 10。Mozilla Firefox 10.x またはそれ以降のバージョン。Apple Safari 5。Google Chrome 17.x。
    ●.NET のバージョン:3.5、4.0、または 4.5
     ●マルチタッチ:マルチタッチ機能を使用するには、タッチ対応のデバイスが必要です。ただし、キーボード、マウス、その他の標準またはアクセス可能な入力デバイスを使用すれば、常にすべての機能を利用できます。新しいタッチ機能は Windows 8 用に最適化されています。
    ●追加要件と考慮事項:システム構成に応じて機能が異なる場合があります。機能によっては、より高性能のハードウェアやハードウェアの増設、またはサーバーとの接続が必要になることがあります。


    インストール手順
    www.office.com/setup/にアクセス。
     25 文字のプロダクト キーを入力し、画面に表示される指示に従います。
     Microsoft アカウントでサインインします。お持ちでない方は Microsoft アカウントを作成してください。
     PC にソフトウェアをダウンロードします。
    製品のライセンス認証は、「インターネット経由」または「電話」で行うことができます


    そこで将来性も考え、パソコン間を移動できるパッケージ版のOfficeを見てみましょう。

    最新のOffice2013を買うといくらかかるのか


    Microsoft Office Professional 2013 [プロダクトキーのみ]  (PC1台/1ライセンス)

    Microsoft Office Professional 2013 plus




    ダウンロード版にはProfessionalバージョンしかありませんが、
    Word/Excel/Outlook/PowerPoint/OneNote/Publisher/Access

    Microsoft Office Professional 2013 plus  [プロダクトキーのみ]  (PC2台/1ライセンス)
    Microsoft Office Professional 2013 plus

    参考価格:¥ 62,790
    価格:¥ 11,000
    レビューを見る

    <7点盛ソフトの紹介です>
    Microsoft Office Word 2013 … 文章作成
    Microsoft Office Excel 2013 … 表計算
    Microsoft Office Outlook 2013 … メール・タスク・予定表
    Microsoft Office PowerPoint 2013 … プレゼンテーション資料作成
    Microsoft Office OneNote 2013 … Microsoft製EverNote スマホで連帯できます
    Microsoft Office Publisher 2013  … チラシやDM、カタログ、名刺、ラベルなど
    Microsoft Office Access 2013 … データベースソフト(年賀状の宛名プリントにも使えます)

    これだけ盛りだくさんで、将来性も抜群です。
    OneDrive(無料で7G)に標準で対応しているので作成したファイルもどこからでもアクセスでき、
    安全・安心です。



    Office Pro2013を買う前に通販価格をチェック


    参考価格:¥ 62,790
    価格:¥ 12,800

    レビューを見る
    23 7月

    2014年07月23日 10:42

    Windows7を買うなら激安で!Windows7で安値を徹底比較!

  • twitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
  • Windows 7 Professional (プロフェッショナル)
    ~ 仕事と家庭向け ~セキュリティやバックアップなどを重要視する方
    会社のネットワークへの接続やドメイン参加が必要な方
    Windows XP モード (Virtual PC で Windows XP がご利用いただけます)を使いたい方


    Windows 7 では、多くのお客様からいただいたご意見を取り入れています。

    PC がわかりやすく簡単に使いたい。インターネットをより安全で高速に利用したい。今持っている周辺機器を引き続き使いたい。

    こうしたお客様の期待に応えるべく様々な改善を行った結果、Windows 7 では、PC が今までよりもわかりやすく、簡単に、そして快適に使用できるようになりました。



    Windows7激安3割引で購入&Windows7激安3割引で購入&裏技

    Windows7 Professional 64bit SP1ダウンロード版購入
    Windows 7 Professional ダウンロード版 製品画像
    Windows 7 Professional 32bit SP1 ダウンロード版購入
    Windows 7 Professional ダウンロード版 製品画像
    ダウンロード版のWindows 7 USB/DVD Download Tool で Windows 7 インストール用の USB メモリを作る可能です、


    ライセンス認証では、プロダクト キーが、マイクロソフト ソフトウェア
    ライセンス条項で認められた台数以上のパーソナル コンピューターで使用されていないことを確認します
    。製品のライセンス認証は、「インターネット経由」または「電話」で行うことができます。
    インターネット経由のライセンス認証
    自動的に処理が実行されます。入力が必要な情報は国/地域のみです。

    新品Windows 7Professional ダウンロード版が、あなたにとってのお気に入りの
    アイテムになりそうであれば、早めに
    チェックしてお買い求めください!


    Windows 7 が、ご自宅や会社でいつでもダウンロードにてご購入いただくことができ、すぐにご使用いただけます。マイクロソフト製品が今すぐ欲しいという場合には、ぜひダウンロード版をご利用ください

    23 7月

    2014年07月23日 10:39

    Microsoft Windowsを(Windows7)格安価格で購入?

  • twitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
  • パッケージ版Windows 7は2013年で販売終了、また、Microsoft Windows7 のダウンロード版は、通常版に比べると圧倒的に価格が安いことです、Windows 7を格安価格で購入する方法紹介します、

    Microsoft Windows7を買うならこの店です、Windows 7はダウンロード版ソフトなら24時間 いつでもドライブレスで入手可能。


    Microsoft Windows7,Professional 通常版,ダウンロード版を価格比較してみました。
    ウインドウズ7プロフェッショナル,Windows7 正規, ダウンロード版を購入するならこちらへ

    83b8d2cecc506062a92a.jpg






    OSがWindows7になって、「64ビット」「32ビット」という言葉を耳にするようになりました。一体、何のことなのでしょうか?

    Windows 7Professionalダウンロード64ビット】

    【Windows 7Professional ダウンロード32ビット】


    簡単に一言で言うと、64bitのほうが高性能になります。
     
     
     
    具体的な違いですが、主に以下の2つの点があります。

     

    ◆64ビットは使用できるメモリが多い (メリット)

     

    【64ビット版】

    搭載できるメモリー…最大16GB

    ※但し、機種やメーカーにより16GBまで搭載できないこともあります。

     
     
    【32ビット版】
     
    搭載できるメモリー…最大4GB

    ※但し、実際にパソコンの中で使用できる容量は約3GB程度です。

     

     
     
    64bit版の場合、例えば、8GBのメモリを搭載したら、8GB使用できます。

    当たり前のようですが、32bit版ではそれが出来ません。

     

    ちなみに、ホームプレミアムの64ビット版に搭載できるメモリの上限は16GBとなっていますが、メーカーや機種によってはメモリの容量が最大8GBまでのパソコンもありますので、ご自身でメモリ増設を考えられている方は、必ず取扱説明書やメーカーサポートで確認なさってください。

     

    簡単にまとめますと、64bit版では4GB以上のメモリが使えるので、処理能力が上がり、高速な処理が期待できる、というメリットがあります。

     

     

    ◆64ビット版はソフトやドライバが対応していないことがある (デメリット)

     

    32bit版の場合、WindowsXPで使っているソフトや周辺機器がほぼ確実にそのまま使えますが、64bit版は、Windows7対応のソフトや周辺機器でも使えないことがあります。
     
     
     
    「メモリがたくさん搭載できるなら、そちらのほうが絶対いいじゃん」と思っても、すでに購入済みのソフトや周辺機器が使えないかもしれないという不安要素があるので、64bitに魅力を感じても、なかなか踏み切れない方が多いようです。
     
     
     
    古いソフトや周辺機器でも、メーカーサイトでアップデートすることで、対応可能にできる場合もありますが、あまり古い製品だと、アップデートされていないケースも見かけます。
     
     

    ちなみに、ソフトウェアの場合は32ビット互換モードで今まで通り動くケースも多いようですが、たまにうまくいかないこともあるようです。

     

    もちろん、最近発売された新しいソフトや周辺機器については、ほぼ64ビット版OSに対応していると思われます


    ダウンロード版のWindows 7 USB/DVD Download Tool で Windows 7 インストール用の USB メモリを作る可能です、

    wenih7


    ライセンス認証では、プロダクト キーが、マイクロソフト ソフトウェア
    ライセンス条項で認められた台数以上のパーソナル コンピューターで使用されていないことを確認します
    。製品のライセンス認証は、「インターネット経由」または「電話」で行うことができます。
    インターネット経由のライセンス認証

    Windows 7 が、ご自宅や会社でいつでもダウンロードにてご購入いただくことができ、すぐにご使用いただけます。マイクロソフト製品が今すぐ欲しいという場合には、ぜひダウンロード版をご利用ください。


    記事検索

    価格比較
     PR-www.esoft-shop.jp-
    価格: 8,900
     Windows8-Websetup(ダウンロード)
     Windows8 Pro 新規インストール
     Windows8.iso DVDにインストールディスクとして焼く

     PR-www.esoft-shop.jp-
    価格: 9,800
    公式サイトからダウンロード.ディスクに書き込む

     PR-www.esoft-shop.jp-
    価格: 12,800
    公式サイトからダウンロード. ディスクを購入.ディスクに書き込む

     PR-www.esoft-shop.jp-
    価格: 13,800

     PR-www.esoft-shop.jp-
    価格: 18,500

     PR-www.esoft-shop.jp-
    価格: 16,500
    アクセスカウンター
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    livedoor プロフィール
    カテゴリ別アーカイブ
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ