ws71001

Adobe フォトショップ、イラストレーターをを激安価格で安く手に入れる

アドビ フォトショップとイラストレーターってどう違うの?格安購入する方法ありませんか?グラフィックデザイナーやWEBデザイナー、DTPデザイナーにとってAdobeのIllustrator(イラストレーター)やPhotoshop(フォトショップ)は必須ソフトになりますね。

ワード

6 10月

2014年10月06日 15:04

Office 2013が激安で買える?オフィス2013ソフトを買うなら激安で

  • twitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
  • 激安価格比較、MS Office2013、Office2013を激安で購入しよう! - マイクロソフトOffice2013を激安価格 で買えるのはココ!ワード、エクセルも入ったプロフェッショナル版の業界最安値のみを 紹介しております。 - マイクロソフトOffice2013の激安通販なら 新しいOfficeを即ダウンロード!Microsoftの公式サイトでインストール。

    Microsoft Office Professional 2013 [プロダクトキーのみ] (PC1台/1ライセンス)
    特別価格(税込):12,800
    ・ライセンス認証/登録に関しては保証いたします,
    Microsoft Office Professional 2013  日本語版です。

    商品は、公式サイトで認証できる日本語正規品です。
    ダウンロード版となります。
    高額なパッケージ版と比較し、たいへんお買い得です。

    収録ソフト:
    Microsoft Office
    Word 2013
    Excel 2013
    PowerPoint 2013
    OneNote 2013
    Outlook 2013
    Publisher 2013
    Access 2013
    Microsoft Office Home and Student 2013[ダウンロード版]【日本語版】[プロダクトキーのみ]  (PC1台/1ライセンス):特別価格(税込):9,800

    対応OS: Windows 7/8 ※64bitにも対応

  • CPU: SSE2対応の1GHz以上 , メモリ: 2GB以上 , HDD: 3GB以上
  • モニタ:1366×768以上 他Microsoftアカウント、インターネットに接続できる環境が必要
  • 本製品にはプロダクトキーカードのみです、DVDメディアなどは同梱されません。
  • Microsoft アカウントが必要です。お持ちでない方は Microsoft アカウントを作成してください
    Microsoft Office Professional 2013 plus は2台認証可能品なので、ライセンスについて一つプロダクトキーが合計2台までのPCに認証してご利用頂けます。

    弊サイトが販売しているOffice Professional Plusはマイクロソフトの正規品です。Microsoft Office  Professionalより幾つの仕事向けなアプリを追加するバ ージョンです。企業ユーザーと個人のお客様いずれも利用できるので、ご安心してください。
    再インストールは可能です。ボリューム ライセンス製品ではありません、

    Microsoft Office Professional Plus 2013 [オンラインコード] [ダウンロード] (PC2台/1ライセンス)
  • 特別価格(税込):11,000


     Office Professional Plus 2013 簡単な高速ダウンロード。Officeを今すぐインストール、

    当店のOfficeすべて正規品です。再インストールできます、

    ダウンロードをする時、MSN,Hotmail,LiveなどのMicrosoftアカウントが必要になります。アカウントが無い場合、登録が必要です
    •Microsoft より即ダウンロードできます。
    •2台まで同時認証(32ビット版、64ビット版どちらか1つ)
    •使用期間の限定等は無く、もちろん永久にご利用頂けます。
    製品のライセンス認証は、「インターネット経由」または「電話」で行うことができます
  • マイクロソフトオフィス2013の激安購入はこちら

    マイクロソフトOffice2013ダウンロード超特価激安価格で販売中です!

    4 8月

    2014年08月04日 17:34

    Microsoft Office(ワード、エクセル、パワーポイント)iPad版無料ダウンロード

  • twitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
  • 日本ではまだ配信されていないのですが、本日、Microsoftが、「Office for iPad」の各アプリをアップデートしました。
    マイクロソフトではiPad用Microsoft Officeの生産性向上スイート最終バージョンをリリースしました。Appleデバイスユーザーに表示機能を提供、作成し、すべてのiOSデバイス間でネイティブアプリケーションを使用して、Officeドキュメント編集を重視します。 Office 365のSaaS型(ソフトウェアサービス)クラウドサービスでは、マイクロソフトがすでにMicrosoft OfficeのiPhone、iPod touchのためのモバイル、アンドロイドを発表していたと相まって、さらにiPad用のOfficeのモバイルアプリは期待されています。

    ただし、iPad用Officeのリリースは、Microsoftにとって重要な段階と迎え、ipadは市場で最も人気のあるタブレットの一つとして、大きい画面サイズで良好の生産性が持つよりいい装置となります。一般的に使用可能なiPad用OfficeがWindows RT用の棺に潜在的によく売れていない別のネイルです。

    iPad用オフィスはiPhone、iPod touch、Android用などのの機能や、レイアウトの多くの類似点があり、それだけではなくOffice Mobileアプリの「iPadリサイズ」バージョンです。マイクロソフトのiPad用OfficeはタッチフレンドリーとiPadエキストラスクリーンリアルエステートを活かし、ゼロから再建されと主張した。その結果、iPad用オフィスは、ユーザーがタッチエクスペリエンスに最適化された使い慣れたナビゲーションやメニューオプションを使用して、使い慣れたOffice環境で作業できるように、より多くのOfficeデスクトップアプリケーションのフルバージョンのように感じます。また他の機能もたくさん含まれます。

    IPA 1 


















    iPad用オフィスは、実際には4つの個別のアプリケーションに分けられ、つまり以前にリリースされたワード、エクセル、PowerPoint、OneNoteのiPad用バージョンで構成されています。

    iPad用Microsoft Word機能
    ●Word文書をキレイに見えます。
    ●画像、表、グラフ、SmartArtグラフィック、脚注、方程式はすべてキレイにフォーマットされています。
    ●Word文書はPCまたはMac上で同じようにキレイに見えます。
    ●OneDrive、OneDrive for BusinessまたはSharePointのすべてのWord文書が電子メールの添付ファイルやアクセス表示できます。
    ●iPad用Wordが使用中のデバイス、最後までの作業がわかるので、中断したところからピックアップできます。

    安心して作成および編集
    ●ドキュメントを編集するとき、コンテンツおよび書式は、すべてのデバイス間で維持されている - PC、マック、タブレットと携帯電話。
    ●フォント、画像、表、グラフ、テキストボックス、図形、脚注、ページレイアウトなどを含む豊富な書式を望むように正確に表現。
    ●変更の追跡、コメントの追加、同じドキュメント上で他のユーザーと同時に作業できます。
    ●Wordは自動的にドキュメントを保存するので、あなたが外出しているときにすべての作業が失われないので安心できます。
    ●単にハイパーリンクまたは文書全体を電子メールで送信することにより、他のユーザーと作業を共有。


    IP2




















    iPad用Microsoft Excel機能
    ●Excelスプレッドシートはお見事。
    ●数式、表、グラフ、コメント、ハイパーリンク、スパークライン、条件付き書式は、すべてが全体画像で見えます。
    ●ExcelスプレッドシートはPCまたはMac上で同じようにとてもキレイに見えます。
    ●OneDrive、OneDrive for BusinessまたはSharePointのすべてのExcelスプレッドシートが電子メールの添付ファイルやアクセス表示できます。
    ●iPad用Excelが使用中のデバイス、最後までの作業がわかるので、中断したところからピックアップできます。

    安心して作成および編集
    ●スプレッドシートを編集するときにコンテンツおよび書式はすべてのデバイス間で維持されている - PC、マック、タブレットと携帯電話。
    ●数字に見識を入り、数式、グラフ、表、ソート、フィルタリングなどをサポートします。
    ●標準のタッチキーボードと比べより簡単 - 特別な式のキーボードを使用すると、急速に数字や数式を追加することができます。
    ●Excelは自動的にドキュメントを保存するので、あなたが外出しているときにすべての作業が失われないので安心できます。
    ●単にハイパーリンクまたは文書全体を電子メールで送信することにより、他のユーザーと作業を共有。


    IP3




















    iPad用Microsoft PowerPoint機能
    ●PowerPointのプレゼンテーション驚くべき。
    ●画像、表、グラフ、SmartArtグラフィック、トランジション、アニメーションはすべてキレイにフォーマットされています。
    ●PowerPointのプレゼンテーションはPCまたはMac上で同じようにとてもキレイに見えます。
    ●提示するとき、内蔵のレーザーポインター、ペンやハイライターを使用し問題点を分からせる。
    ●OneDrive、OneDrive for BusinessまたはSharePointのすべてのPowerPointプレゼンテーションスプレッドシートが電子メールの添付ファイルやアクセス表示できます。
    ●iPad用PowerPointが使用中のデバイス、最後までの作業がわかるので、中断したところからピックアップできます。

    安心して作成および編集
    ●スプレッドシートを編集するときにコンテンツおよび書式はすべてのデバイス間で維持されている - PC、マック、タブレットと携帯電話。
    ●フォント、画像、表、テキストボックス、図形、トランジション、発表者のノートなどを含む豊富な書式を正確にフルサポートした思いどおりのアイデアを表現。
    ●同じプレゼンテーション上の他のユーザーと同時に作業。
    ●PowerPointは自動的にドキュメントを保存するので、あなたが外出しているときにすべての作業が失われないので安心できます。
    ●単にハイパーリンクまたは文書全体を電子メールで送信することにより、他のユーザーと作業を共有。


    IP4



















    Office for iPadは無料でダウンロード可能ですが、ドキュメントの表示などの一部だけの機能が許可されている「フリーミアム」アプリケーションです。作成したドキュメント、ワークシート、プレゼンテーションを編集するには、99.99ドルからOffice 365のサブスクリプションが必要であります。

    支払うことをしたくないですか?自由な選択肢がたくさんあります。

    Microsoft OfficeモバイルはiPhone、iPod touchとAndroid上でもホームユーザーは無料です。グーグルQuickoffice、Kingsoft OfficeのWord、PPTとExcel、アップルのiWorkのスーツで構成されたページ、番号とキーノートもあります。2013年9月1日以降またはiOSデバイスをアクティブにするときに無料です。
    なお、各アプリの詳細は下記リンク先へどうぞ。

     ・Microsoft Word for iPad
     ・Microsoft Excel for iPad
     ・Microsoft PowerPoint for iPad

    17 8月

    2013年08月17日 21:06

    オフィス2013 ワード・エクセル [ダウンロード版]価格比較

  • twitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote









  • Microsoft Office(Office 2013)を買うならこの店です。新しいOffice( Office2013)の新機能や製品ラインナップをご紹介。

    ワード・エクセル・パワーポイントが、入っているオフィス2013を格安で購入する方法とは?

    Microsoft オフィス2013 ワード・エクセル ダウンロード版価格比較.

    Microsoft オフィス2013 ワード・エクセル ダウンロード版を価格比較してみました

    Microsoft オフィス2013 ワード・エクセル ダウンロード版を購入するなら
    こちらへ

    現在Microsoft Office Personal ( professional 2013が
    安い販売店は

    ここから↓
    激安ダウンロード版 Microsoft Office Professional 2013ダウンロード版 を探す (¥12,800前後)


  • Office をインストールする方法とは?
  • ①すぐにダウンロード行う

    ②ディスクを購入
     ソフトウェアをダウンロードしない場合は、Office Professional 2013 のディスクを購入して届けてもらうことができます。
    ③ディスクに書き込む

  •  ソフトウェアをダウンロードして、自分でディスクに書き込むことができます。ファイルのサイズが非常に大きくなるため、インターネットの接続速度によっては時間がかかる場合があります。
  • Office の 32 ビット版 , 64 ビット版を選択してインストールすることはできます
  • 29 8月

    2012年08月29日 11:48

    Word ワード 開いているファイル名を取得するマクロ

  • twitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
  • 対象:Word2003, Word2007, Word2010

    ファイル名を取得してどうするのかがわからないので、参考になりそうなマクロをご紹介しておきます。


    ▼開いているファイル名を取得するマクロ

    Sub 開いているファイル名を取得する()

     Dim doc As Document

     For Each doc In Documents
      Debug.Print doc.Name
     Next

    End Sub


    上記のマクロを実行すると、イミディエイトウィンドウにファイル名が書き出されます。

    For Each ~ Next文で、Documentsコレクションをなめて、個々のDocumentオブジェクトのNameプロパティをDebug.Printしています。

    Excelの場合以下のようなコードで、同様のことができます。
     Dim wbk As Workbook
     For Each wbk In Workbooks
      Debug.Print wbk.Name
     Next
    For Each ~ Next文でチェックするオブジェクトが異なるだけです。

    27 8月

    2012年08月27日 10:43

    [Word ワード]単語一覧とピボットテーブルを作成するWordマクロ

  • twitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
  • 対象:Word2003, Word2007, Word2010

    二つのマクロを一つにまとめて、Word文書に含まれる単語とページ番号&行番号の一覧をExcelに出力して、ピボットテーブルまで作成する、Wordマクロをご紹介します。

    先の二つのマクロを理解できている方にとっては、難しくないはずです。


    ▼すべての単語とページと行の一覧を出力してピボットテーブルを作成するWordマクロ

    Sub 全単語とページと行の一覧を出力してピボットテーブルを作成する()

     Dim cnt As Long
     Dim wd_pgln As Variant
     Dim i As Long
     Dim rng As Range
     Dim xls As Object
     Dim xlsLst As Object
     Dim xlsPvt As Object

     '単語数の取得
     cnt = ActiveDocument.words.Count
     '配列のサイズ決定
     ReDim wd_pgln(1 To cnt, 1 To 2)
     '配列にデータ格納
     i = 1
     For Each rng In ActiveDocument.words
      With rng
       '単語の格納
       wd_pgln(i, 1) = "'" & Trim(.Text)
       'ページ番号と行番号の格納
       wd_pgln(i, 2) = "p." & _
        .Information(wdActiveEndAdjustedPageNumber) & _
        "-" & _
        .Information(wdFirstCharacterLineNumber)
      End With
      i = i + 1
     Next

     'Excelに書き出し
     Set xls = CreateObject("Excel.Application")
     With xls
      'シートを1枚に設定
      .SheetsInNewWorkbook = 1
      'ブックの追加
      .Workbooks.Add
      'データを一気に書き出し
      .Range(.Range("A2"), .Cells(cnt + 1, 2)).Value = wd_pgln
      '見出しの書き出し
      .Range("A1").Value = "語句"
      .Range("B1").Value = "ページ・行"
      'シート名の変更
      .ActiveSheet.Name = "Data"

      'ピボットテーブルの作成
      Set xlsLst = .ActiveSheet.Range("A1").CurrentRegion
      Set xlsPvt = .ActiveWorkbook.PivotCaches.Add( _
       SourceType:=1, _
       SourceData:=xlsLst). _
        CreatePivotTable(TableDestination:="")
      With xlsPvt
       .PivotFields("語句").Orientation = 1
       .PivotFields("ページ・行").Orientation = 4
      End With
      'シート名の変更
      .ActiveSheet.Name = "Pivot"

      'Excelの表示
      .Visible = True
     End With
     Set xls = Nothing

    End Sub


    既にご紹介しているWord文書に含まれる単語とページ番号&行番号の一覧をExcelに出力するWordマクロに、ピボットテーブルを作成する処理を取り込んでいます。

    ピボットテーブルを作成する処理は、Excelマクロとほとんど同じですが、WordマクロからExcelを扱うのでWith xls ~ End Withの中に処理をまるごと入れています。そのため
    「.ActiveSheet」「.ActiveWorkbook」のように先頭に「.」がついています。

    上記のマクロは参照設定を行っていないため、Excelの定数を使えないので、PivotCaches.Addメソッドの引数で「SourceType:=1」、PivotField.Orientationプロパティで「.PivotFields("語句").Orientation = 1」「.PivotFields("ページ・行").Orientation = 4」のように数値を指定しています。

    記事検索

    価格比較
     PR-www.esoft-shop.jp-
    価格: 8,900
     Windows8-Websetup(ダウンロード)
     Windows8 Pro 新規インストール
     Windows8.iso DVDにインストールディスクとして焼く

     PR-www.esoft-shop.jp-
    価格: 9,800
    公式サイトからダウンロード.ディスクに書き込む

     PR-www.esoft-shop.jp-
    価格: 12,800
    公式サイトからダウンロード. ディスクを購入.ディスクに書き込む

     PR-www.esoft-shop.jp-
    価格: 13,800

     PR-www.esoft-shop.jp-
    価格: 18,500

     PR-www.esoft-shop.jp-
    価格: 16,500
    アクセスカウンター
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    livedoor プロフィール
    カテゴリ別アーカイブ
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ