ws71001

Adobe フォトショップ、イラストレーターをを激安価格で安く手に入れる

アドビ フォトショップとイラストレーターってどう違うの?格安購入する方法ありませんか?グラフィックデザイナーやWEBデザイナー、DTPデザイナーにとってAdobeのIllustrator(イラストレーター)やPhotoshop(フォトショップ)は必須ソフトになりますね。

Flash

14 2月

2013年02月14日 12:22

アドビ、「Adobe Flash Player 11.6」「Adobe AIR 3.6」を正式公開。脆弱性を修正

  • twitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
  • 米Adobe Systemsは2月12日、Flash PlayerとShockwave Playerのセキュリティアップデートを公開し、多数の深刻な脆弱性に対処した。Flash Playerは7日に臨時アップデートが公開されたばかりだが、12日のアップデートではさらに17件の脆弱性を修正。特にWindows版については優先度を最も高い「1」と位置付け、できるだけ早期の適用を促している。
    「Adobe Flash Player」v11.6.602.168


    12日のアップデートで修正されたFlash Playerの脆弱性は、任意のコード実行に利用される恐れのある深刻な脆弱性が大多数を占め、2月7日に公開されたばかりのバージョンも影響を受ける。

     これら脆弱性は、最新版のFlash Player 11.6.602.168(Windows向け)、11.6.602.167(Mac向け)、11.2.202.270(Linux向け)、11.1.115.47(Android 4.x向け)、11.1.111.43(Android 3.xと2.x向け)でそれぞれ修正された。Google ChromeとMicrosoftのWindows 8上のInternet Explorer 10に組み込まれたFlash Playerは、最新版の11.6.602.167に自動的に更新される。

     また、Adobe AIRは3.6.0.597(Windows、Mac、Android向け)で、AIR SDKは3.6.0.599(同)で脆弱性が修正された。

     GoogleもAdobeのアップデートに合わせ、Flash Playerの最新版を組み込んだWebブラウザ安定版のアップデート「Chrome 24.0.1312.70」をLinux向けに公開。WindowsとMac向けにはコンポーネントアップデータを通じてFlashの更新版を配信した。

     一方、Adobe Shockwave Playerは、最新版となる12.0.0.112がWindowsとMac向けに公開され、2件の脆弱性が修正された。いずれも悪質なコードの実行に利用される恐れがあり、緊急度は4段階で最も高い「クリティカル」、優先度はWindows、Macとも中程度の「2」と位置付けている。

    9 2月

    2013年02月09日 21:14

    「Adobe Flash Player」に2件の深刻な脆弱性、修正を施した最新版が公開

  • twitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
  • Windows/Mac OS X環境で一刻も早いアップデートが推奨される

    米Adobe Systems Incorporatedは7日(現地時間)、「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性が存在することを公表し、それを修正する最新版を公開した。同社が公開したセキュリティ情報(APSB13-04)によると、今回のアップデートではプラグインのクラッシュを引き起こす恐れのある2件の脆弱性(CVE-2013-0633、CVE-2013-0634)が修正されている。

     “CVE-2013-0633”の脆弱性を悪用した攻撃は、Windows環境のActiveX版プラグインを標的としており、悪意ある細工を施したFlashコンテンツ(SWFファイル)を含む「Microsoft Word」ドキュメントをメールに添付するという方法が実際に確認されているという。

     さらに“CVE-2013-0634”の脆弱性を悪用する攻撃では、この方法に加え、細工を施したFlashコンテンツをWebサイトでホストする方法が確認されている。Mac OS X環境の「Firefox」「Safari」がこの攻撃の影響を受けるとのこと。

     同社ではこれらの脆弱性の深刻度を“Critical”(4段階中最高)と評価しており、とくにWindows環境とMac OS X環境で更新プログラムの適用優先度を“1”と定め、一刻も早いアップデートを推奨している。

     なお、自動アップデート機能が有効になっているならば、24時間以内に最新版(バージョンはv11.5.502.149)が自動的に配布されるため、ユーザーによるアップデート作業は必要ない。また、Windows 8の「Internet Explorer 10」向け更新プログラムは、“Windows Update”経由で配布される(バージョンはv11.3.379.14)。

    10 12月

    2012年12月10日 17:17

    「Adobe Flash Player 11.6」「Adobe AIR 3.6」ベータ版が“Adobe Labs”で公開

  • twitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote



  • 米Adobe Systems Incorporatedは7日(現地時間)、「Adobe Flash Player」「Adobe AIR」の次期バージョン「Adobe Flash Player 11.6」「Adobe AIR 3.6」のベータ版を公開した。現在、同社のラボサイト“Adobe Labs”からダウンロードできる。

     「Adobe Flash Player 11.6」では、コンテンツをフルスクリーンで実行する際の確認ダイアログのデザインが改善されたほか、開発者が実行時にグラフィックスデータを取得できるようになった。また、“Stage3D”の拡張プロファイルが追加されており、より高度なレンダリング技術を利用することが可能。ただし、これはテストとフィードバックのために提供されており、正式版には含まれない。

     「Adobe AIR 3.6」ではこれらの機能に加え、複数のSWFファイルをパッケージングし、実行時に読み込めるようになった。必要になるまでコンテンツの読み込みを遅延させることができるなど、開発者がより柔軟にメモリを管理できる。

    ソフトウェア情報

    「Adobe Flash Player」Windows版
    【著作権者】
    Adobe Systems Incorporated
    【対応OS】
    Windows XP/Server 2003/Vista/Server 2008/7/8
    【ソフト種別】
    フリーソフト
    【バージョン】
    Beta 11.6.602.105(12/12/07)
    「Adobe AIR」Windows版
    【著作権者】
    Adobe Systems Incorporated
    【対応OS】
    Windows XP/Server 2003/Vista/Server 2008/7/8
    【ソフト種別】
    フリーソフト
    【バージョン】
    Beta 3.6.0.535(12/12/07)
    22 8月

    2012年08月22日 22:33

    「Adobe Flash Player 11.4」「Adobe AIR 3.4」の正式版が公開

  • twitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
  • 米Adobe Systems Incorporatedは21日(現地時間)、「Adobe Flash Player 11.4」および「Adobe AIR 3.4」の正式版を公開した。現在、同社のWebサイトからダウンロードできる。

     「Adobe Flash Player 11.4」では、“ActionScript Workers”を利用した並列処理が新たにサポート。重たい処理をバックグラウンドで動作するワーカースレッドへ任せることで、ユーザーインターフェイスのフリーズが抑制できる。

     さらに、3DグラフィックスAPI“Stage 3D”ではハードウェアアクセラレーションが利用可能なGPUを拡充する“constrained mode”が追加された。また、“Stage Video”では新たにWebカメラがサポートされている。

     一方、「Adobe AIR 3.4」では「Adobe Flash Player 11.4」の新機能に加え、iOS 5.1 SDKのサポートや“Native Extensions”への対応など、主にiOS開発に関わる機能が強化されている。

     なお、「Adobe Flash Player 11.4」「Adobe AIR 3.4」では6件の脆弱性も修正されている。脆弱性の深刻度は同社基準で4段階中最高の“Critical”と判定されており、更新プログラムの適用優先度はWindows版「Adobe Flash Player」で可能な限り迅速なアップデート(72時間程度以内)が必要な“1”、Mac OS X版と「Adobe Flash Player」で“2”、それ以外は緊急性の低い“3”判定されている。

    「Adobe Flash Player」Windows版

    【著作権者】
    Adobe Systems Incorporated
    【対応OS】
    Windows XP/Server 2003/Vista/Server 2008/7/7 x64
    【ソフト種別】
    フリーソフト
    【バージョン】
    11.4.402.265(12/08/21)


    「Adobe Flash Player」v11.4.402.265 
    「Adobe Flash Player」v11.4.402.265
    17 8月

    2012年08月17日 18:14

    「Adobe Flash Player」の最新版v11.3.300.271が公開、ゼロデイ脆弱性を修正

  • twitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
  • 米Adobe Systems Incorporatedは14日(現地時間)、デスクトップ向け「Adobe Flash Player」の最新版v11.3.300.271を公開した。Mac OS X版(v11.3.300.271)およびLinux版(v11.2.202.238)も同日公開されている。

     本バージョンでは、アプリケーションの不正終了と任意コードの実行を許す恐れのある脆弱性が1件修正された。すでにIE向けの「Adobe Flash Player」プラグインを標的とした攻撃事例が報告されており、脆弱性の深刻度は同社基準で4段階中最高の“Critical”、更新プログラムの適用優先度は可能な限り迅速なアップデート(72時間程度以内)が必要な“1”と判定されている。

     なお、Mac OS X版およびLinux版の更新プログラムの適用優先度は“2”とされている。

    「Adobe Flash Player」v11.3.300.271

    記事検索

    価格比較
     PR-www.esoft-shop.jp-
    価格: 8,900
     Windows8-Websetup(ダウンロード)
     Windows8 Pro 新規インストール
     Windows8.iso DVDにインストールディスクとして焼く

     PR-www.esoft-shop.jp-
    価格: 9,800
    公式サイトからダウンロード.ディスクに書き込む

     PR-www.esoft-shop.jp-
    価格: 12,800
    公式サイトからダウンロード. ディスクを購入.ディスクに書き込む

     PR-www.esoft-shop.jp-
    価格: 13,800

     PR-www.esoft-shop.jp-
    価格: 18,500

     PR-www.esoft-shop.jp-
    価格: 16,500
    アクセスカウンター
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    livedoor プロフィール
    カテゴリ別アーカイブ
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ