ws71001

Adobe フォトショップ、イラストレーターをを激安価格で安く手に入れる

アドビ フォトショップとイラストレーターってどう違うの?格安購入する方法ありませんか?グラフィックデザイナーやWEBデザイナー、DTPデザイナーにとってAdobeのIllustrator(イラストレーター)やPhotoshop(フォトショップ)は必須ソフトになりますね。

Vista

13 11月

2012年11月13日 11:26

Windows 8のウィンドウにWindows Vista/7風の影を付加できる「窓影8」

  • twitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
  • 1537.win8logo_01_008485ddfeb17.jpg
    「窓影8」は、Windows 8のウィンドウにWindows Vista/7風の影を付加できるソフト。Windows 7/8及び同64bit版に対応するフリーソフトで、作者のWebサイトからダウンロードできる。

     Windows 8のデスクトップでは、Windows Vista/7で採用されていた“Aero”デザインが廃止され、フラットなデザインが新たに採用された。新しいデザインではウィンドウの影が極端に少なくなり、立体感を感じさせないようになっているが、ウィンドウの境界がわかりづらく感じる人もいるだろう。

     本ソフトを使えば、Winodws 8のデスクトップでもWindows Vista/7風の影を表示することが可能。起動するとタスクトレイに常駐し、以後はすべてのウィンドウの周りにはっきりとわかる影が表示されるようになる。タスクトレイアイコンから表示できる設定ダイアログからは、本ソフトをスタートアップに登録することも可能。

    11 6月

    2012年06月11日 17:18

    「Adobe Flash Player 11.3」「Adobe AIR 3.3」が正式版に

  • twitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
  • 「Firefox」でも“保護モード”が利用可能に。全7件の“Critical”な脆弱性も修正
    米Adobe Systems Incorporatedは8日(現地時間)、「Adobe Flash Player 11.3」および「Adobe AIR 3.3」を正式公開した。現在、同社のWebサイトからダウンロードできる。なお、本バージョンより「Adobe Flash Player」のインストーラーが32bit/64bit版の両方がひとまとめにされた“ユニバーサルインストーラー”になっている。

     「Adobe Flash Player 11.3」では、プラグインをサンドボックスで動作させる“保護モード(Protect Mode)”機能が、「Firefox」v4.0以降に対応した。Flashコンテンツを媒介とした攻撃の軽減が期待できる。ただし、対応OSはWindows Vista/7のみとなっており、Windows XPには対応しないので注意。

     そのほかの変更点は、フルスクリーンにおけるキー入力モードの追加、高音質なストリーミング音声の低レイテンシ再生を実現する“NetStream.useJitterBuffer”APIの搭載、3DグラフィックスAPI“Stage3D”におけるテクスチャストリーミングのサポートなど。また、Mac OS X版でも自動更新がサポートされたのも大きな改善点と言えるだろう。

     一方、「Adobe AIR 3.3」の変更点はモバイル端末向けの機能改善がメイン。iOS版ではiOSシミュレーターを利用したデバッグやUSBデバッグへの対応、iPadのRetinaディスプレイのサポート、Android版ではスタイラスのサポートなどが含まれている。

     なお、本バージョンでは全7件の脆弱性も修正されているので注意。深刻度は同社基準で4段階中最高の“Critical”で、更新プログラムの適用優先度はWindows/Mac OS X版の「Adobe Flash Player」の場合で“2”(そのほかは“3”)。適用優先度“2”は脆弱性を悪用した攻撃が見つかっておらず、30日以内ほどの期間内に更新プログラムを適用することが推奨されていることを意味する。自動更新機能を有効にしていない場合は、最新版へのアップデートを怠らないようにしたい。

    「Adobe Flash Player」v11.3.300.257

    21 5月

    2012年05月21日 23:34

    Microsoft、「Windows 8」のユーザーインタフェースで「Aero」を廃止

  • twitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
  • Aero
    米Microsoftは現地時間2012年5月19日、次期OS「Windows 8」のユーザーインタフェースに関する方針として、「Aero」を廃止すると発表した。

     Aeroは「Windows Vista」で初めて採用した視覚効果で、ウインドウのタイトルバーなどを半透明で表示することで、下に重なったウインドウやデスクトップがガラスを通したようにぼんやりと見える()。

     Microsoftは「われわれの主要な目的は、現行OS『Windows 7』のデスクトップでユーザーが使い慣れた多くのものを維持し、既存アプリケーションとの相互操作性を損なわないようにしつつ、Windowsにおける視覚的調和を実現すること」とした上で、Aero廃止を決めた理由として「Windows 8のデスクトップを『Metro』スタイルの美意識に近づけることに決めた」と説明する。

     同社Windows担当のSteven Sinofsky氏は歴代Windowsのユーザーインタフェースを振り返る中で、「Windows Vistaは今となっては時代遅れで安っぽく見えるが、当時の流行にぴったりだった」と感想を述べている。

     また同氏は、Windows 8の「Snap」機能をARM版Windows 8「Windows RT」でも実装することについて触れた。Snapは画面を分割して2つのアプリケーションを同時に表示する機能で、これによりAMR搭載タブレット端末でビデオを視聴しながらWebをブラウズしたり、地図を表示させながらメッセージをやりとりしたりできる。

    18 5月

    2012年05月18日 22:49

    Windowsスマートチューニング

  • twitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
  • Vista/7編: SkyDrive用フォルダーを<送る>に登録する

    Windows 8にDVDビデオ再生用コーデックは含まれません。執筆時点で使用可能なWindows 8 Consumer Previewを導入したコンピューターの光学ドライブにDVDビデオを挿入しますと、自動再生機能が起動し、Windows Media Centerが選択肢として現れます。そのまま<DVDムービーの再生>を選択しますと、Windows Media Centerが起動しますが、初回起動時の場合は初期設定ウィザードが起動しますので、DVDビデオは再生されません。再び自動再生機能を呼び出し、同じ操作を行いますと無事DVDビデオが再生されました(図01~02)。

    図01 光学ドライブにDVDビデオを挿入すると自動再生機能が稼働し、Windows Media Centerの実行をうながされます

    図02 事前の初期設定は必要ですが、Windows Media CenterによるDVDビデオの再生を確認しました

    Microsoftが説明するように、DVDビデオの再生はWindows Media Centerに制限されているのかを確認するため、Windows Media Playerを起動してみましたが、確かにDVDビデオを認識するような気配はありません。アドレスバーから光学ドライブのドライブ文字を参照しても「不明なディスク」と表示され、選択しても再生不可能です。それもそのはず、オプションダイアログで確認しますと、<セキュリティ>タブと<ネットワーク>タブの間にあったはずの<DVD>タブが存在しません(図03~04)。

    図03 こちらはWindows Media Player。アドレスバーからは光学ドライブ内のDVDビデオを認識しませんでした

    図04 オプションダイアログからは、<DVD>タブが取り除かれています

    このようにレポート記事の内容と同じくWindows 8では、Windows Media Centerがメインの再生プレーヤーとなるようです。もっとも、Windows OS上でDVDビデオを視聴する際、必ずしもWindows Media Playerなどの標準ツールを使う必要はありません。DVDビデオを再生できるフリーソフトウェアは数多くありますが、筆者が長らく使ってきたのが「VLCメディアプレーヤー」。GPL下で開発・公開されているマルチメディアプレーヤーの一種です(図05)。

    図05 Windows 8上でもVLCメディアプレーヤーは動作可能。DVDビデオの再生も可能です(バージョン2.0.1で確認)

    オープンソースベースで開発が続けられている同ツールは、さまざまなメディアの再生が可能なため、以前から愛用している方も少なくないでしょう。再生に用いる各コーデックを内蔵していることから、面倒なコーデックの準備や調整が必要ないため、誰でも気軽に使用可能です。しかし、ここで問題となるのがレポート記事でも述べたライセンス問題。DVDビデオにはMPEG-2やAC3といった技術が使用されており、これらを使用するにはラインセンス代理店であるMPEG-LAとの契約を結ばなくてはなりません。

    VLCの公式ページでも、以前は"ユーザーがDVDビデオを再生する場合、MPEG LAにライセンス料を支払う必要があります"と解説していましたが、現在のFAQからは取り除かれていました。開発元であるVideoLAN projectとMPEG-LAの間で、どのような話し合いがなされたのかを示す情報は掲載されていません。そもそもMPEG-LAが一括ライセンス業務を始めた1997年、同社は「MPEG-2技術を保有するソフトウェアの配布は、有料・無料に関わらずライセンス料が発生する」と発表してから、フリーウェア作者の多くは戸惑いを覚え、右往左往していたのを覚えてる方もおられるでしょう。

    古いところでは、国産MPEGエンコーダとして有名な「TMPGEnc」がMPEG-2エンコード機能を除外した例や、近年のH.264 vs WebMもこのようなライセンスビジネスを背景に生まれた事例なのです。もっともMPEG LAが過去に発した発言を踏まえますと、あくまでも同社の対応は企業に対してであり、無償可能で使用可能なソフトウェアに対しては、"目をつぶっている"のが現状です。ライセンスビジネスの是非はともかく、このような背景が存在しています。

    しかし、コンピューターの歴史はオープンソースやフリーソフトウェアという優れた概念の元に発展してきた側面も大きく、ライセンスビジネス"だけ"を推し進めますと、多様性から生まれる自由を得るのは難しくなります。Windows 8におけるDVDビデオ再生の同こん解除からスポットライトを浴びつつあるライセンス問題。これを機に皆様も一度お考えください。

    さて、今回は前文が長くなってしまいましたので、簡単な設定ながらも便利なチューニングを紹介しましょう。本誌読者のなかには既にSkyDrive for Windowsを導入し、ローカルディスクとオンラインストレージの同期を行っているのではないでしょうか。しかし、同機能を使っていて不満を覚えるのが、"ワンステップでファイルをSkyDriveに送れない"という点。

    同サービスがソフトウェアを提供していなかった時代、同様の機能を実現するフリーウェアも存在しました。しかし、SkyDrive for Windowsはベータ版のためか必要最低限の機能しかサポートしていません。そこで今回は同ソフトウェアで同期環境が整っていることを前提に、SkyDrive用フォルダーをコンテキストメニューの<送る>に登録するチューニングを紹介します。

    11 4月

    2012年04月11日 09:37

    Windows XP/Office 2003の延長サポート終了まであと2年 - Vistaは4月10日にメインストリームサポート終了 Microsoft 発表!

  • twitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

  • 米Microsoftは、同社の公式ブログ「Windows for your Business Blog」において「Two-Year Countdown to End of Support for Windows XP and Office 2003」と題した記事が同社Stella Chernyak氏によってポストされており、Windows XPとOffice 2003のサポート終了まであと2年となったこと、Windows 7やOffice 2010に移行するはベストタイミングである旨を述べている。

    Stella Chernyak氏は、「Windows XPとOffice 2003は当時としてはすばらしいソフトウェアであったことは疑いないが、テクノロジーの環境は大きく変わっており、人々のワークスタイルや生産性。そしてビジネスシーンにおける確実なるセキュリティやコンプライアンスが世の中で求められている」とし、これらのニーズを企業内において充たす"the modern Windows and Office software "を勧めている。

    また、「次期WindowsやOffiecまで待てば良いのでは?と思っていませんか?」と問いかけた上で、「単にサポート終了ということのみではなく、既に5億2千5百万ライセンスを達成しているWindows 7がもたらす前述の実質的なメリットを得られる」と強調している。また、同社では企業や従業員が、Windows 7やOffice 2010へアップグレードするためのリソースやツールも用意しているので、是非活用してほしい」としている。

    マイクロソフト製品のプロダクトサポートライフサイクルは、同社のWebサイト上から閲覧することができる。Windows XPの各エディションは、延長サポート終了日が2014年4月8日となり、あと2年で様々なサポートが受けられなくなる。Windows Vistaは、メインストリームサポートが2012年4月10日に終了しており、延長サポート期間に入っている。Windows XPのサポートはあと2年―「そろそろアップデートを」とMicrosoft

    URL
    Windows デスクトップ製品のライフサイクル
    http://www.microsoft.com/ja-jp/windows/lifecycle/default.aspx



    記事検索

    価格比較
     PR-www.esoft-shop.jp-
    価格: 8,900
     Windows8-Websetup(ダウンロード)
     Windows8 Pro 新規インストール
     Windows8.iso DVDにインストールディスクとして焼く

     PR-www.esoft-shop.jp-
    価格: 9,800
    公式サイトからダウンロード.ディスクに書き込む

     PR-www.esoft-shop.jp-
    価格: 12,800
    公式サイトからダウンロード. ディスクを購入.ディスクに書き込む

     PR-www.esoft-shop.jp-
    価格: 13,800

     PR-www.esoft-shop.jp-
    価格: 18,500

     PR-www.esoft-shop.jp-
    価格: 16,500
    アクセスカウンター
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    livedoor プロフィール
    カテゴリ別アーカイブ
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ