2006年08月

イメージ 1

イメージ 2

杉江です。

台風12号は、8月31日午後3時現在、
中心気圧が920hPa、最大風速55メートルで、猛烈な強さのまま西進中です。
仮に日本付近に接近するとなると、
来週火曜日~木曜日頃となりそうですから、今後も台風情報にご注意下さい。
(森さんも書かれていた通り、海に関してはもっと早いでしょう。)
最新の台風情報は
http://www.jma.go.jp/jp/typh/
http://typhoon.yahoo.co.jp/weather/jp/typhoon/typha.html

一方で、九州付近に停滞している前線(秋雨前線)の活動が活発となっています。

長崎の時間雨量は、
13時48ミリ
14時55ミリ
15時56ミリ
16時19ミリ
となっており、
この24時間の総雨量が256ミリに達しています。

九州や四国ではこれからあす昼前にかけて
近畿南部では今夜からあす日中にかけて
1時間に40~60ミリの非常に激しい雨の恐れがありますので警戒を要します!

イメージ 1

イメージ 2

松並です

皆さん、さんま、もう食べました?
我が家の夕食にはもう2度登場していますよ。
すでに脂はノリノリ。おいしかったー。
先日、スーパーに行ったら100円でしたから、
おいしさも値段もサンマの季節がやってきています。

ところで、私の前職はスーパーの魚屋。
そこでちょっとしたサンマの選び方のトリビア。
サンマは発泡スチロールで
10キロ単位で配送されることが多いんです。
その横に50という数字があれば、10キロで50尾入っているということ。
これが45だと10キロで45尾、
つまり大きいサンマ、脂がのっているということです。
小さい箱のときは5キロのことが多く、25尾が標準サイズです。
安くなると、箱のままバラ売りすることが多いですから、
箱の横をちょっと見てみて、
「ほほーこれは脂がのっていますなー」などと周りの人に教えてあげてください。
ただ、標準サイズでも、十分おいしいですよ。

そして、きょうは、天気のほうでも秋を感じられそうです。
といっても、涼しい秋ではなく、暑い秋。
東北から近畿地方にかけては、青空が広がり、気温はほぼ30度以上。
正直暑いです。
ただ、上の天気図を見ると、これらの地域は秋雨前線の北側。
つまり、前線の南側と比べて湿度が低く、空気の質感が違います。
気温が上がっても、カラッとした暑さになりそうです。
暑さの中にも、少しは秋の気配を感じられそうですよ。

https://s.yimg.jp/images/weather/blogs/matsunami_60.jpg松並健治(まつなみ・けんじ)                                         お天気キャスター、気象予報士。株式会社ウェザーマップ所属。テレビ朝日「ANNニュース&スポーツ」(土)「Get Sports」(日)などに出演中。趣味はスキー、バーベキュー、散歩、スポーツ観戦。

イメージ 1

森です。

台風12号は、まだ高層天気図の範囲にも入ってきていません。
当面、今度の土日までは、雨や風などの影響はないと考えていいでしょう。
ただ、前にも書きましたが、波には注意。
おそらく、この週末には小笠原諸島や伊豆諸島にうねりが届き始めると思います。
島の東側のビーチは波が高くなるので、海に入るなら島の西側へ。
東伊豆や三重など、本土の東向きの海岸でも、念のため高波に気をつけて。

その後の進路は、まだとても予測できませんが、
現時点で、日本の東に低気圧、南東には高気圧があります(↑高層天気図)。
この、目の前の高気圧をどう回避するかによって、
北上するのか、西進するのか決まってくるでしょう。

イメージ 1

イメージ 2

杉江です。

西経起源の台風その後。
前回のブログhttp://blogs.yahoo.co.jp/wth_map/39316999.html
のちょっとした修正もかねて・・・

1951年以降、西経域で発生した熱帯擾乱を起源に持つ台風は、
今回の12号を含めて25個!
参考http://agora.ex.nii.ac.jp/digital-typhoon/news/2006/TC0612/
(ホノルルのNOAA、ハリケーンセンター)

このうち(東経180度を横切る時点で)
①ハリケーンから直接台風に名前が変わったものが12個(今回の12号がこれ)。
②ハリケーンからTSに勢力を落して、台風に名前が変わったものが2個。
③ハリケーンまでは発達せずに、TSのまま台風に名前が変わったものが2個。
④東経180度を西進時はTSの勢力はないが、その後台風に発達したものが9個。
 (西経域での最強時の勢力は調べていない。
その後・・・調べました。この9個の内、ハリケーンだったものはありませんでした。)
といった具合となる。

今回の様に、『ハリケーン』から直接『台風』に名前が変わる頻度は
平均すると4~5年に一度の現象と言える。

*上記中TSとはトロピカルストームのことで
 日本ではすでに台風に相当する勢力だが、アメリカではハリケーンの卵と言ったところ。
 中心気圧で言えばおおむね980~996hPaに相当する。
 つまりハリケーンというのは、中心気圧がおおむね980hPa以下の勢力に相当する。

ところで台風12号、
北方に張り出す高気圧の南の縁をこの先も西進し続ける見込み。
今朝のいち資料では、上図の様に来週半ば以降、日本列島にかなり接近する様を打ち出している。
今後の動向から目が離せない!
(これはあくまでも一つの資料であって、台風の進路予想ではありません。ご注意を)

イメージ 1

森田正光


このブログ訪問者の数が、もうすぐ200万人になる。

2月に始めて、7月11日に100万人を突破した。
その後、台風や集中豪雨のたびに訪問者が増え、
最近では毎日1万人前後の方に訪れていただいている。
多いときには10万人を超える日もあり、我々の
励みになっています。ありがとうございます。


このブログを始めさせていただいて、いくつか感ずる事が
あった。

中で一番思うのは、ブログ(ネット)を通じて、
知識が共有化され、一瞬にして欲しい情報にたどり着ける確率が
高くなったことだ。

例えば今回の「帰化台風12号」についても、色々な方が
コメントの中で、台風についての知識を持ち寄り、
あるいはトラックバックされて、一人で集めるより、
はるかに効率的に情報が構築される。

訪問者が多いのは、実は我々書き手を離れて、コメント参加者同士の
コミュニケーションがとれている結果なのかもしれない。

ブログ(ネット)は、つながることによって、より力を発揮する。

訪問者の皆様。今後もぜひ、トラックバックやコメント欄で、知識の共有に
ご協力お願いします。

台風12号については以下のサイトが詳しい
http://agora.ex.nii.ac.jp/digital-typhoon/news/2006/TC0612/


追伸
月刊ゴルフダイジェストの企画で、ゴルフをやることになった。
といっても私はまったくのド素人で、ド素人がどうやって
上達するのかを記事にするというのだ。
先生は植村さん。なかなかの「いけ面」である。そして
教え上手である。やはり天気でもそうだが、基礎は
我流でなく、プロにコーチしてもらうに限る。

上村啓太のゴルフアイランド
http://blog.golfdigest.co.jp/user/ks-island/archive/64

↑このページのトップヘ