2007年10月

イメージ 1

森田正光


昨日の日経新聞によると、今年はタイで大雨が多発しており、
そのせいで天然ゴムの生産が滞っているという。このままの
状態が続くと、ゴム製品の価格への影響も避けられないそうです。


この大雨の原因は、どうもラニーニャ現象のようです。
このブログの読者はラニーニャ現象(東部太平洋の海水温が低い)
をご存知の方も多いと思いますが、ラニーニャの時には、
相対的に東部太平洋(フィリピン側)の海水温が高くなり、
この付近の対流活動が活発になります。


それがタイに大雨を降らせたり、日本付近の偏西風の流れに影響を与えたりします。
ラニーニャが発生しているときの東日本の冬は、ほぼ半分の確率(15分の7)で
寒い冬になっています。


今年の冬は今のところ暖冬の予想ですが、ラニーニャが続いているとすると
「寒い冬」になる可能性も捨て切れません。
詳しくは、また当ブログ内でお伝えします。


ところで「理不尽な気象」へのご応募は現在80通ほど届いています。
ありがとうございます。今日の消印が締め切りですので、
よろしかったらご応募願います。

「理不尽な気象」森田のサイン本プレゼントは以下へ
http://www.weathermap.co.jp/pr/archives/2007/10/post_64.html

イメージ 1

今年で夕方のお天気を担当して20年になりました。

先日TBSにて「森田さん流気象予報20周年パーティー」と題し、
パーティーを開催していただきました。
 
たくさんの方にお集まり頂き、
大変感謝しております。
 
めまぐるしく変わるテレビ番組の中で
20年を迎えることができたのも、
いつも応援して下さる皆様、
テレビでご覧になっていただいている皆様、
今まで支えてくださった皆様のおかげです。
 
本当にありがとうございました。
 
今後ともよろしくお願いいたします。
 
森田正光
 
P.S. 写真は記念にいただいたコーナーのロゴが入った番傘です。
 

イメージ 1

東京の今日の最高気温は25.6℃と、
今月12日以来、17日ぶりの夏日となりました。

平年の夏日の終わりは10月19日ですが、
11月に出現することも多々あり、
特に今日が遅い記録というわけではありません。

ちなみに、東京の夏日最晩記録は1975年11月16日の25.1℃。
しかし都内で・・・と少し幅を広げると、ビックリする記録があります。
つい最近ですから、覚えている方もいらっしゃるでしょう。

今から3年前、2004年の12月5日、
台風27号が先島諸島付近で衰え、
そのパワーを引き継いだ別の低気圧が本州付近を通過。

暴風と大雨に見舞われたあと、日中急激に気温が上昇し、
青梅で26.2℃、八王子26.0℃、府中25.3℃など、
師走の夏日!という、まさに観測史上初めての異常な高温がもたらされたのです。

この日の東京の最高気温は24.8℃と、わずかながらに夏日には届きませんでした。
詳細はこちらをどうぞhttp://www.weathermap.co.jp/kishojin/diary/200412/index.php3

2004年と同じ様に、
今年も日本の南の海上で依然として太平洋高気圧が強く、
日本海を低気圧が通過するタイミングなどで、
まだまだ夏日の出現する可能性はある!と言えそうです。

さて雷雲を伴った寒冷前線が、
今夜にかけて北陸や東北を通過する見込みです。

落雷や突風、ひょうなどにご注意下さい!

(杉江勇次)

イメージ 1

森田正光


台風20号は今日(28日)午前3時に温帯低気圧に
変わりました。


写真は今朝(10時)東京から見た富士山です。
どこにあるかお分かりでしょうか。距離にして100キロ
くらいはありますが、肉眼ではきわめて美しく
捉えることができました。


それにしても台風一過とはよく言ったもので、
今日は全国的に秋晴れのところが多くなっています。
今日に限らず、向こう数日間は全国的に晴天が
期待できます。ただ今日は、まだ風の強いところや波の
高いところがありますので、ご用心下さい。



ところで、現在発売中の「理不尽な気象」(講談社+α新書)に、
誤記がありました。
「東京の真冬日は20世紀には一日も現れていません」と書きましたが、
正しくは一日だけありました。完全なデータの見落としで、
お恥ずかしい限りです。なお、このデータの見落としに気がついたきっかけは
このブログでのコメントによるものでした。ご指摘ありがとうございました。


ただこれまでのところ、読まれた方からは好評をいただいています。
興味のある方はぜひお読み下さい。


「理不尽な気象」プレゼントは以下へお願いします。
http://www.weathermap.co.jp/pr/archives/2007/10/post_64.html

イメージ 1

増田雅昭です。


台風20号が伊豆諸島・関東地方へ接近中です。

秋台風らしく非常に足が早いのですが、
なんと27日14時現在の時速は85キロ。
なかなか目にすることがないスピードの韋駄天台風です。

夕方にかけて伊豆諸島付近を通過し、
関東地方へも、夜8時か9時頃にかけて最も接近します。


雲は、かぎりなく温帯低気圧(普通の低気圧)に
形が変わりつつあるように見えますが、
当然、普通の低気圧より、雨・風が強まるポテンシャルは持っています。


伊豆諸島や千葉県南部では、
小さい川が溢れてもおかしくないほどの大雨の恐れ。

また、各地で北風が強まります。
特に関東では、こういう場合、雨がやんだ直後くらい(=今夜遅く)が、
下降流の影響もあって、風が強まりやすいタイミングです。
家の北側などに、飛びやすい物がないか、
外が明るいうちに確認しておきたいですね。

明日(28日)は、台風一過の青空ですが、海は高波にご注意を。


■最新の台風情報は↓
http://typhoon.yahoo.co.jp/weather/jp/typhoon/typhc.html
https://s.yimg.jp/images/weather/blogs/masuda_60.jpg増田雅昭(ますだ・まさあき)                                      気象予報士。株式会社ウェザーマップ所属。現在 TBSテレビ「JNNニュースバード」(月~水)4:30~5:30、TBSラジオ「久米宏 ラジオなんですけど」などに出演中。滋賀県出身、A型。趣味は野球、スノーボード。得意技はスポーツにまつわる天気予報。

↑このページのトップヘ