2009年12月

イメージ 1

今年もTBSでお泊り年越し…三ヶ尻知子です。

再三お伝えしていますが、元日にかけては冬の嵐です。

今季最強クラスの寒気が流れ込んで日本海側はもちろん、
太平洋側でも積雪のおそれがあります。
特に瀬戸内側や、関が原を抜けて雪雲が流れ込む名古屋でもうっすらと積もる恐れがあります。
高速道路や飛行機、電車など交通機関への影響が懸念されます。

今季一番の強い冬型の気圧配置なので、暴風や高波にも警戒してください。

ただ、今回の冬型は一時的。
2日~3日にかけては西から緩んできます。
東日本や西日本は2日以降は少し寒さも風も収まってきそうです。

でも北日本では寒気が残りますので引き続き雪が続きそうです。
大雪情報↓
http://www.jma.go.jp/jp/kishojoho/

というわけで、初日の出は太平洋側では見られる所が多そうです。
そして初日の出の前は、部分月食!
元日の月食は日本史上初です。
欠け始め→3時51分
食の最大→4時22分(左下が8㌫程度欠ける)

ダブルで見られると縁起が良いかも~と思ってしまいますが、
元日の朝が寒さのピークなので防寒対策しっかりとし、無理は禁物です。

元旦の詳しい天気↓
http://www.jma.go.jp/jp/mesh20

https://s.yimg.jp/images/weather/blogs/mikajiri_60.jpg三ヶ尻知子(みかじり・ともこ) お天気キャスター、気象予報士。株式会社ウェザーマップ所属。「TBSニュースバード」(CS)に出演中(木、金)。趣味は料理、食べること。大分県出身、A型。「舌、味覚。利き酒ならぬ利き水、利きみかん(?)など、どこの銘柄か当てることができます! また鼻も利きます。一日の半分は食べることか天気のことを考えています♪」ブログでもグルメ好きの本領発揮!?

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

おととい28日、
気象庁から早々と暴風や大雪に関する情報が発表になりましたが、
その情報通り、大晦日から元日にかけては北日本を中心に大荒れの天気となります。
最新の情報はこちら・・・
http://www.jma.go.jp/jp/kishojoho/

特に、ピークとなるのが、まさに年越し前後の24~36時間程度で、
交通機関などにもかなり大きな影響が出るのは必至だと思われます。

・・・・・・・・・・・・・・

現在、日本海には発達中の低気圧があって、北東進中。
この低気圧があす~あさってにかけて、
北海道の北部付近で停滞しながら猛烈に発達。
日本付近は非常に強い冬型の気圧配置に変わる見込みです。

更に、上空にも先日(18日~21日)の寒波に続く、
この冬2波目の寒波が襲来する見込み。

今回の寒波の強さは、輪島上空で、
●5000メートル付近(上層)-40℃前後
●1500メートル付近(下層)-12~-15℃程度

大雑把には、
先日の寒波より上層は若干弱いものの、下層はより強い予想となっています。

そして、先日の冬型と今回の冬型が決定的に違う所は、
先日は高気圧が張り出すことに伴う『押しの冬型』でしたが、
今回は低気圧が猛烈に発達することに伴う『引きの冬型』になるということ。
先日の寒波はこちらを参照・・・
http://www.weathermap.co.jp/kishojin/diary.php?ym=200912

この引きの冬型は一般には短期間で終わることが多いものの、
低気圧が非常に発達するため、猛烈な吹雪を伴うのが特徴のひとつ。

大晦日~元日の天気図には、日本付近に等圧線の数が10本以上もあり、
広範囲で、最大瞬間風速が25~30メートル以上に達する、
かなりの暴風が吹き荒れる恐れがあります。

更に、この引きの冬型は、
季節風が山にぶつかるために、平野より山で降雪量が多くなる、
『山雪型』になるのも特徴のひとつです。

北陸地方の山沿いや山間部を中心に、警報級の大雪の恐れがあります。
(24時間で100センチ以上に達する恐れあり)

もちろん、山沿いや山間部がより危険と言うだけで、
平野部でも危険な天気になることは言うまでもありません。

北日本や山沿いだけではなく、
西日本の瀬戸内側や名古屋周辺でも積雪状態になるでしょう。
風向きや雪雲の流れ込み次第では、かなりの積雪になる恐れもあります。

最後に注意・警戒点をいくつか掲げます。

●北日本を中心に鉄道や飛行機などの交通機関が大きく乱れる恐れ。
●初日の出登山は危険極まりない。止める勇気を。
●大晦日~元日は九州などでも路面が凍結する恐れ。スリップ事故には要注意。
●スキー場は一気に積雪が増加するため、雪崩の危険性が。コース外は特に注意。

皆さん、事故のないようにお過ごし下さい。

(上図は気象庁発表資料に加工了承済み 杉江勇次)
https://s.yimg.jp/images/weather/blogs/sugie_60.jpg杉江勇次(すぎえ・ゆうじ) お天気キャスター、気象予報士。株式会社ウェザーマップ所属。日本テレビ「ズームイン!!サタデー」(土)、「NNN Newsリアルタイム・サタデー」(土)などに出演中。趣味はスキー、ドライブ、ドラム演奏。千葉県出身、B型。やってみたい天気予報は「ドラムで天気予報」。雷の時は激しくシンバルを打ち鳴らす!」切れ味鋭い気象解説にも定評アリ。

イメージ 1

こんにちは、岡村です。

きょうは比較的穏やかな天気となっている地点が
多くなっています。

年末の大掃除がまだ、という方は
きょうのうちがお勧めです。
明日以降、広い範囲で天気は下り坂で、
年末年始は日本海側では大荒れの天気。
太平洋側でも風が強く、気温も低くなるので
日本全体が「寒さ列島」となる見込みです。


きのうの片平さんの記事にも書かれています通り、
帰省の際、初詣や初日の出を観に行かれる際、、
皆さん、気象状況には十分に注意をしてください。



そんな寒い寒い来年の元日ですが、天体ショーがあります。
それは、初日の出前の「部分月食」。

欠ける割合は8%ほどと、僅かながらも
それでも初日の出の直前に観られるなんて、
なんとなく素敵です。。
しかも明治以降、元日に月食があるのは初めて。


東京では
食の最大は04時22分。
初日の出が06時51分。

少しだけがんばって早く起きれば
素敵な空のショーを二つ同時に新年から観ることができます。

また厳しい冬の天候が予想される日本海側の方々、、
元日には観られなくても来年は「月食Year」でして、
2010年は他にも
6月26日(部分月食)、12月21日(皆既月食)
があります。
その時期の天気に期待したいものです。


自然への脅威と魅力を感じながらの年明けとなりそうですね。


http://www.etenki.net/web/morita/okamura_blog.jpg岡村真美子(おかむら・まみこ) 気象予報士。株式会社ウェザーマップ所属。現在、静岡放送「SBS イブニングeye」、「総力報道!THE NEWS」に出演中。趣味はバレエ、水泳。特技はピアノ、書道。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

こんにちは、大阪の片平です。

これから年始にかけては、再び強い寒気が流れ込みやすくなってきます。
帰省や行楽でお出かけの用事がある方々、
どうぞ気象情報はこまめにチェックして、無理のない行動をお願いします。

  ×     ×     ×

すでに北日本中心に荒れ模様の天気になっています。
低気圧が急速に発達しながら日本海を北東に進み、北海道方面を目指しています。
低気圧の後ろ側では、寒気の流れ込みが強くて、日本海や黄海には一面に「筋状の雲」。

明日昼ごろにかけては、北海道や東北地方(日本海側中心)に、
猛ふぶきや大雪、海上海岸は高波に注意や警戒が必要になります。

 ■最新の気象情報
   北海道地方 → http://www.jma.go.jp/jp/kishojoho/101_index.html
 ■最新の気象警報・注意報
   全国 → http://www.jma.go.jp/jp/warn/

北日本へ帰省などでお帰りになる方にとっては、
通常の時でさえ雪が積もっていたりすると、車の運転などは注意を要します。

今回は、ふぶきで見通しが一層悪くなったり、
吹き溜まりができて大きな事故につながるようなおそれもあります。
地元の方はもちろん、現地に帰省などされている方は特にお気をつけください。

  ×     ×     ×

そして、明日午後にいったん小康になっても、
年始にかけてはさらなる警戒が必要になるおそれがあります。

大みそかから新年1月2日にかけては、さらに強い寒気が流れ込むおそれがあります。
北日本~東日本を中心にして全国的に季節風が強まり、日本海側では大雪のおそれも…。
海・山は大荒れの天気になるおそれもあるため、十分な注意・警戒が必要です。

繰り返しになりますが、年始にかけて最新の気象情報をチェックし、
無理のないように計画を立てていただきたいと強くお願いします。

山や海で見る「初日の出」はとても神々しくて素晴らしいものです。
しかし、今年の場合は特に決して無理をなさらないように、
「やめるのも勇気」と肝に銘じて、気象状況を見極めていただきたいと思います。

 ■最新の気象情報
   全国 → http://www.jma.go.jp/jp/kishojoho/

(天気図・気象衛星画像は、気象庁HPから引用・サイズと文字を加工)

http://www.etenki.net/web/morita/katahira_blog.jpg片平敦(かたひら・あつし) お天気キャスター、気象予報士。株式会社ウェザーマップ所属。現在関西テレビ「スーパーニュースANCHOR」(月~金)に出演中。埼玉県出身、O型。趣味は読書、マラソン、アメダスめぐり。「大阪を拠点に活動しています。わかりやすくて当たるだけでなく、見ていて楽しい愉快な天気解説が目標。お天気をもっと楽しく、身近に感じてもらいたいなぁと思っています。」

イメージ 1

今日はこのあと、元日の朝(5時~7時15分)放送の
「森田の特報天気」の取材で、沖縄に取材に行ってきます。
そのため、こんな早い時間の更新で失礼します。


私のレギュラー番組は先週で仕事納めとなり、この10月から始まった
「イブニングワイド」の打ち上げが木曜日にありました。


「イブニングワイド」の天気予報は、いままでにない試みを
しようということで、子どもとからんだ「とことん天気」というのを
放送しています。


この番組は、響ちゃん・翔大(しょうた)君という二人の小学生に、
毎回、天気に関するクイズを出して、それに答えてもらって
います。関東ローカルですが、視聴者の反応もよく、視聴率の
グラフも上がるようになってきました。


ところで、この響ちゃん・翔大君(写真)に、打ち上げの席で
‘ガチンコ‘で、この天気予報についてのことをあれこれ
聞いてみました。


するとなんと、二人とも番組を通して天気に凄く興味をもち、
響ちゃんは、最近はお天気関連の本も読んでくれるように
なりました。


自分が小学生のとき、近くに名古屋市立科学館が出来て、
その時、科学館を通じて、私は天文に興味を持ちました。
ただ、いま思うと、科学館に気象のコーナーは無く、
このとき、面白い気象の展示があれば、私は子どもの頃から
「気象好き」になっていたかも知れないと、時々思うことが
あります。


響ちゃん・翔大君が、もっと天気の事を好きになるような番組を、
来年も作りたいと思います。


https://s.yimg.jp/images/weather/blogs/morita_60.jpg森田正光(もりた・まさみつ) お天気キャスター、気象予報士。株式会社ウェザーマップ代表取締役。 TBSテレビ「イブニングワイド」「NEWS23」 (月~金) 、TBSラジオ「森本毅郎・スタンバイ!『日本全国8時です』」 (月~金) 、CBCテレビ「ひるおび!えなりかずき!そらナビ」(金)などに出演中。『大手町は、なぜ金曜に雨が降るのか』(梧桐書院)『森田さんのおもしろ天気予報』(ポプラ社)など著書多数。趣味は読書、映画鑑賞、将棋、囲碁、ゲーム全般(特にRPG)。「これまでで最もやり込んだゲームは『トルネコの大冒険(GBA版)』。何千時間やったかわかりません!」

↑このページのトップヘ