2010年04月

イメージ 1

連休はいかがお過ごしですか? 三ヶ尻 知子です。

既にご承知の通り?今年のゴールデンウィークは“晴天ウィーク”です。

ゴールデンウィークというと実は意外に晴天が続かない時期…
過去25年間振り返ると、
少なくとも1回は雨が降っています。

もし予報通り晴れれば1985年以来の晴天ウィークになります。

この晴天をもたらす原因は、高気圧が渋滞しているから。
道路も連休としてはラストの1000円高速ということで、
かなりの渋滞が予想されていますが、天気図も渋滞模様…

日本の東海上の高気圧が強く動きが遅い→
その後に続く大陸からの高気圧も遅い→高気圧渋滞で晴天が長続きパターン。

高気圧の動きが遅い時は日本付近でどんどん暖かい空気が蓄積されるので、
連休中盤から後半は25℃以上の夏日はあたり前、
内陸部の盆地では今季初の30℃以上の夏日になる所もありそうですよ。

ようやく冬物をクリーニングに出せそうですね。

ところで、明日から上海万博。
開幕前から色んな意味で話題性がありますが…

開幕日に雨の場合は、北京オリンピックでも話題になった
「ロケット打ち上げで人工消雨作戦」の計画もあったようですが
ロケットは使用せずにすみそうです。
日本と同じ高気圧の圏内で明日にかけて晴れの予報です。

ちなみに上海も今日から5日間連休らしいですね。
上海は日本と違って晴天連休ではなさそうですが(高気圧の縁辺流など)…

連休中の予報↓
http://www.jma.go.jp/jp/week/

休みの方も仕事の方も良いゴールデンウィークをお過ごしくださいませ。

http://www.etenki.net/web/team_morita/mikajiri.jpg三ヶ尻知子(みかじり・ともこ) お天気キャスター、気象予報士。株式会社ウェザーマップ所属。「TBSニュースバード」(CS)に出演中(木、金)。趣味は料理、食べること。大分県出身、A型。「舌、味覚。利き酒ならぬ利き水、利きみかん(?)など、どこの銘柄か当てることができます! また鼻も利きます。一日の半分は食べることか天気のことを考えています♪」ブログでもグルメ好きの本領発揮!?

イメージ 1

ゴールデンウィークが始まりましたが、
東京は風が強くて、低い雲が次々と流れています。
30秒間で↑こんな感じ。

ちょうど昼頃に前線が通過しているためで、
昼過ぎまでは、変わりやすい天気です。
にわか雨が降る所があるかもしれません。

北日本は、明日にかけても風が強く、
雨が降る所もありそうですが、
荒れた天気は明日まで。

1日からは、すでに晴れている西日本も含めて、
全国的に晴れて、気温もさらに高くなってきます。
おそらく、3日、4日あたりは夏日も続出、という感じになりそうですが、
沖縄はぼちぼち梅雨の走りで、雲が広がりやすいでしょう。
また5日になると、西から雲に覆われて、6日にかけて天気は下り坂に向かう見込みです。

と言うものの…
去年の今頃の予報も、連休中は晴れで4日にくもる程度、というものだったのですが、
上空の寒気の影響で、4日から5日にかけて西日本を中心に雨や雷雨になりました。
今年は今のところ、特に天気が崩れる予兆はありませんが、
油断すると裏をかかれるのが春の天気。
お出かけ先でも新しい予報のチェックを忘れずに。

http://www.etenki.net/web/team_morita/mori.jpg森 朗(もり・あきら) お天気キャスター、気象予報士。株式会社ウェザーマップ所属。1959年東京生まれ神戸育ち。鉄鋼メーカー勤務中に気象予報士の資格を取得した転職組。現在、TBS『THE NEWS』(毎週日曜日午後5時半~6時)、同『ひるおび!』(月~木曜日午前11時~午後2時)、CBCテレビ「ひるおび!えなりかずき!そらナビ」(金曜日午後0時50分~午後1時50 分)に出演中。趣味は暖かい海、小さめの波でのサーフィン&昼寝。スポーツは体力の消耗が激しいバンド活動。

イメージ 1

イメージ 2

増田雅昭です。


昨日から今日(28日)にかけて、太平洋側の一部で激しい雨が降りました。
今後、雨雲の中心は北日本へ。
東北の太平洋側では、強く降る所も出てきそうです。


また、今夜には九州に寒冷前線が接近し、列島を横断します。
降る時間は短くても、雷雨の恐れもある危険な雨雲。
今夜:九州、中国、四国
29日明け方:近畿
29日朝:東海、北陸
29日昼間:関東、東北
のタイミングで、天気の急変や突風、ひょうに注意が必要となってきます。


その後、GW(ゴールデンウイーク)中は晴れる日が多くなりますが、
さすがに、全部晴れ、というのは考えにくいです。

30日~1日…北日本は日本海側を中心に雨で、風が強い。

3日~4日…北日本は曇りや雨に。東日本・西日本でも、曇りや一時的な雨の可能性が少しあり。

5日…西から雲が広がり、ゆっくり天気は下り坂。

一方、沖縄は思ったほど前線が停滞せず、
雨が降りやすいのは、29日朝、2日~3日にかけて、となりそうです。


強い寒気の南下はありませんので、気温はジワジワ上がります。
5月の5連休中は、西日本・東日本では
連日20℃を超え、内陸では25℃を超える日も。
北日本も、季節はずれの寒さはありません。


より細かく詳しく書きたいのですが、
いくらブログでもさすがに難しいところがあります。
こんなこと↓もしていますので、良かったらご参加ください。
http://blogs.weathermap.co.jp/pr/archives/2010/04/42728.html
http://twitter.com/wm_QA/


http://www.etenki.net/web/team_morita/masuda.jpg増田雅昭(ますだ・まさあき) お天気キャスター、気象予報士。株式会社ウェザーマップ所属。現在、TBSテレビ「Nスタ」(日)、TBSラジオ「生島ヒロシのおはよう定食・一直線」(水)「森本毅郎スタンバイ!」(水)「大沢悠里のゆうゆうワイド」(水)、「TBSニュースバード」(月・火)などに出演中。滋賀県出身、A型。趣味は野球、スノーボード。得意技はスポーツにまつわる天気予報。「目標は的中率9割、予報を当てることにこだわる予報士です!」

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

こんにちは、岡村真美子です。

きのう、富士山富士宮口の2合目から5合目を結ぶスカイラインが、開通となりました。
今年は去年に比べて明らかに雪の量が少ないのですが、(写真1枚目)
そのかわりにとても幻想的な景色が見られます。
それは「樹氷」です。(写真2枚目)
ちょうど5合目付近ですと、この時期日中は
氷点下となることもすこしずつ減ってくるのですが
暖かくなったり、寒気が入ってきたりを繰り返しているこの春。
寒暖の差と雪が少なかったことの産物のような光景です。


さて、
きょうは東海から西の太平洋側では大荒れの天気です。
南海上には湿った空気をどんどん送り込んでいる低気圧や前線、
上空には強い寒気の渦が近づいてきているため
発達した雨雲が次々と作り出されています。

九州や四国の太平洋側では一時間に30ミリを超える雨も観測されていまして
西日本では特に「東側に向いた斜面」などで雨量が多くなっています。
風下側に向いた斜面などは要注意です。


【あす朝までに予想される雨量】(多いところで)
四国250 ミリ、東海230 ミリ、近畿南部180 ミリ
【波の高さ】
四国~関東にかけての太平洋側・北海道の日本海側・・・5m
【低気圧付近での風】
けさ・・・15メートル前後
こんや・・・20メートル前後

西日本ではまさに今、
そして東海地方などでは今夜~あす午前中にかけて
強い雨、突風、雷などが予想されます。

土砂災害や河川の増水、低地の浸水などにもご注意ください!


(資料は気象庁HPより)

http://www.etenki.net/web/team_morita/okamura.jpg岡村真美子(おかむら・まみこ) 気象予報士。株式会社ウェザーマップ所属。現在、静岡放送「SBS イブニングeye」、「総力報道!THE NEWS」に出演中。趣味はバレエ、水泳。特技はピアノ、書道。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

こんにちは、大阪の片平です。

私事で恐縮ですが、趣味のマラソンの大会出場で、この土日は徳島に行っていました。
「とくしまマラソン2010」、県の内外から大勢の方がいらしていました。

きのうがレース当日だったのですが、天気は快晴。
そして気温は平年よりだいぶ低い15℃くらい。
マラソンにとっては暑さが心配な季節なのがこの時期ですが、
きのうは陽射しは強いものの、絶好のコンディションで走ることができました!
(ちなみに記録は、4時間02分22秒…。練習不足の割にはまずまずです)

そんな徳島、せっかくなので観光もしようと、
徳島市内の「眉山(びざん)」にも行きました。映画の舞台にもなった所です。
遠く北には淡路島や和歌山の友ヶ島も望めます。眺望が素晴らしい。

ちょうど八重桜が満開で、夕方姿が見え始めたお月さまと並んでいました。

そして、染井吉野の桜もまだ残っていたんです!
今年の桜は1本1本の木ごと・1輪1輪の花ごとの開花時期のむらが本当に大きいですね。
寒暖の差が大きかった3月~4月、こんな時期に染井吉野に出会わせてくれました。

    ×     ×     ×

気象庁から先週末に発表があったように、
この3月~4月は、日本をはさんで、北の寒気も南の暖気も強いため、簡単に言うと、

(1)温度の違う空気が日本付近でケンカして前線が出来やすく、陽射しの出る日が少ない。
(2)それぞれの空気のエリアに入ると、極端に暖かかったり寒かったり、寒暖差が大きい。

という事態になっています。
 ⇒ 気象庁報道発表資料 http://www.jma.go.jp/jma/press/1004/23a/100423extreme.html

今夜から明日にかけては、南から入る空気がいっそう力を強めるため、
低気圧が日本付近を通過して、太平洋側中心に強い雨や雷・突風となる所がありそう。

きのう気持ちのいい晴天をもたらしてくれた高気圧がいてくれるのは、
せいぜいきょうの昼頃まで。九州では夜には雨の降り出す見込みです。
西からだんだん厚い雲に覆われ、明日は東北地方より南では広範囲で雨になりそうですね。

今夜以降、雨の降り方については最新の気象情報をこまめにチェックしてください。

そしてこの寒暖の差が大きい状況ですが、
どうやら5月にはやっと、だんだん安定してくる見通しです。

http://www.etenki.net/web/team_morita/katahira.jpg片平敦(かたひら・あつし) お天気キャスター、気象予報士。株式会社ウェザーマップ所属。現在関西テレビ「スーパーニュースANCHOR」(月~金)に出演中。埼玉県出身、O型。趣味は読書、マラソン、アメダスめぐり。「大阪を拠点に活動しています。わかりやすくて当たるだけでなく、見ていて楽しい愉快な天気解説が目標。お天気をもっと楽しく、身近に感じてもらいたいなぁと思っています。」

↑このページのトップヘ