2010年11月

イメージ 1

11月もきょうで終わり。明日から12月ですが、早速冬の嵐がやってきそうです。
まだほとんど姿も見えないのですが、中国大陸の奥にある低気圧が、
この週末、急速に発達しながら、日本海から北日本に進む見込みです。

北日本を中心に、風雪が強まり、大荒れの天気になるおそれがあります。
また、北日本の太平洋側では、湿った南風が吹き込む影響で、
大雨のおそれも出てきています。

天気が荒れてくるのは、金曜日からですから、まだ3日も先のことですが、
早くも気象庁は、「発達する低気圧に関する全般気象情報」を発表しています。
これだけ早く情報が出せるようになったのも大したもの、というのは内輪の話として、
荒れ模様の週末になりそうです。対応の方も、早め早めに。

発達する低気圧に関する全般気象情報 第1号

平成22年11月30日15時00分 気象庁予報部発表

(見出し)
低気圧が日本付近を急速に発達しながら北東に進み、12月4日に千島近海に達する見込みです。このため、北日本の日本海側を中心として、12月3日から4日頃にかけて風が強まり、大荒れの天気となるおそれがあります。暴風や高波に警戒が必要です。

(本文)
 12月3日に、低気圧が日本付近を急速に発達しながら北東に進み、12月4日に千島近海に達し、その後冬型の気圧配置が強まるでしょう。このため、12月3日から4日頃にかけて北日本の日本海側を中心に暴風となり、大荒れの天気となる見込みです。暴風や高波に警戒が必要です。

 また、3日は低気圧に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、北日本の太平洋側を中心に大雨となるおそれがあります。その後4日頃にかけて冬型の気圧配置となり、次第に雪となる見込みです。

 今後、地元気象台が発表する警報・注意報や気象情報に留意してください。


http://www.etenki.net/web/team_morita/mori.jpg森 朗(もり・あきら) お天気キャスター、気象予報士。株式会社ウェザーマップ所属。1959年東京生まれ神戸育ち。鉄鋼メーカー勤務中に気象予報士の資格を取得した転職組。現在、TBS『ひるおび!』(月、火)、CBCテレビ「えなりかずき!そらナビ」(金)に出演中。趣味は暖かい海、小さめの波でのサーフィン&昼寝。スポーツは体力の消耗が激しいバンド活動。

イメージ 1

こんにちは、大阪の片平です。

きのう日曜は紅葉狩りに、京都・八瀬へ行ってきました。
瑠璃光院、詩仙堂、圓光寺のどの庭園も、紅葉は真っ盛りか少し過ぎたところ。
ここ数年で最も鮮やかな紅葉だそうで、紅・朱・橙といった様々な「赤」のグラデーションが綺麗でした。

日が沈んでからの帰り道はかなり寒くて、この京都の冷え込みが紅葉を鮮やかにしたんだなぁ、
などと考えていましたが、きょうは北日本や北陸中心に「冬の嵐」となっているところがあります。

北海道上空には真冬並みの強い寒気が流れ込んでいるために、
北陸から北の日本海側では、現在、荒れた天気になっています。

    ×       ×       ×

北陸や南東北の日本海側では「しぐれ」の雨が断続的に降り、場所によっては活発な雷を伴っています。
11時現在、北陸3県の周辺には「竜巻」や「ダウンバースト」など、
激しい突風を引き起こすおそれのある特殊な積乱雲も観測されており、
こうした突風に注意を呼びかける「竜巻注意情報」も出されているため注意が必要です。

野外では空模様に細心の注意を払い、
真っ黒い積乱雲が近づくなどの「変だな」と思う予兆を感じたら、
頑丈な建物に避難するなど、十分にお気をつけください。

また、北東北や北海道では雨ではなく雪が降っており、低気圧が発達しているため暴風を伴っています。
猛ふぶきやまとまった雪になっているところもあり、
道内の内陸では、雪が24時間で40センチ以上も降った所があるほど。

猛ふぶきで視界が真っ白になったり、
吹き溜まりに積もった雪で道路の向こう側の見通しが悪くなったりするおそれがあります。
車の運転など交通機関は十分に警戒してください。
また、そんな中を通行する歩行者の皆さんも周囲の様子には注意を払いましょう。
明日までは暴風が続く予想ですので、海上の高波にも合わせて警戒を続けてください。

気がつけば明後日からはもう12月。
季節は着実に先へ進み、「冬の嵐」の日もだんだん増えてきます。
心と体の準備や家の周りの備えは、どうぞお早めに。

□ 最新の警報・注意報 ⇒ http://www.jma.go.jp/jp/warn/
□ 最新の竜巻注意情報 ⇒ http://www.jma.go.jp/jp/tatsumaki/

http://www.etenki.net/web/team_morita/katahira.jpg片平敦(かたひら・あつし) お天気キャスター、気象予報士。株式会社ウェザーマップ所属。現在関西テレビ「スーパーニュースANCHOR」(月~金)に出演中。埼玉県出身、O型。趣味は読書、マラソン、アメダスめぐり。「大阪を拠点に活動しています。わかりやすくて当たるだけでなく、見ていて楽しい愉快な天気解説が目標。お天気をもっと楽しく、身近に感じてもらいたいなぁと思っています。」

イメージ 1

                入江さん   森田    矢部さん



森田です。



今日(28日)、朝の飛行機で鳥取に出かけます。
したがって今日も早いというか、未明のブログ更新です(笑)


ところで今回は、少し気象とは離れた内容です。


昨夜(といっても7時間ほど前ですが)、(株)クリアの気象予報士
受験講座で、カラテカさんの特別講義がありました。


カラテカの矢部さんは、気象予報士のお笑い芸人として有名ですが、
実はクリアの予報士講座卒業生でもあります。そこで、受験生に
勉強の秘訣などを、笑いを交えて語っていただこうと企画した
次第です。


会場は、定員50人満杯でした。カラテカさんは、最近は
個別に活動することが多く、今回は久々のコンビによる活動
だとおっしゃっていました。


内容を、ここで書くわけにはいきませんが、お二人の
コンビネーションは素晴らしく、受験生の質問にも
ていねいに、お答いただきました。


とくに私が感心したのは、お二人とも「芸」を人知れず
磨いており、お笑い界で生き抜くための「本音」の
ようなものが窺がえたことです。


吉本の上の方は強くて席が空かず、下の方からはドンドン
若手が昇ってくる。中堅どころは大変だという感じがよく
分かり、お笑い界の中間管理職のようなお立場かと、
変に共感した次第です。


ぜひ今後とも、お笑いの世界から気象業界に一石を
投じていただきたいと思いました。





発達中の低気圧が北日本に接近中です。北日本を中心に
今日から明日まで大荒れの天気が予想されます。
お出かけの方は、コマメな気象情報チェックをお願いします。


イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

きょう(土)は午前10時現在、ほぼ全国的に穏やかに晴れています。

しかし、北日本や北陸はいわゆる「嵐の前の静けさ」の状態。

今夜以降は予想図にもあるとおり、
日本海の北部にある低気圧が急速に発達しながら東北東進します。

北陸や北日本は、今夜以降、風が急速に強まり、
あす(日)は暴風や高波に警戒が必要な一日となります。

更に、真冬並の寒気が流れ込む北日本は広い範囲で雪となり、
猛烈な吹雪や大雪となる所もあるでしょう。

寒冷前線の通過する際は、落雷や竜巻などの突風にもご注意下さい。
http://www.jma.go.jp/jp/kishojoho/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ところで、先週も1か月予報に触れましたが、
http://blogs.yahoo.co.jp/wth_map/60064003.html
多くの方が関心あるのは、やはり目先12月の予報だと思います。
ですから、今週も昨日発表された最新の1か月予報に触れておきましょう。
http://www.jma.go.jp/jp/longfcst/
http://www.data.jma.go.jp/gmd/cpd/longfcst/zenpan/zkaise1.PDF

昨日発表された1か月予報の予想範囲は11月27日~12月24日。

傾向としては、やはり、師走は厳冬気味の予想となっていいます。

先週と比べて、やや寒気の入りが遅くなった感じもありますが、
それでも12月11日~24日(予想の3~4週目)の予想は、
西日本と東日本で平年並み~低い予想となっています。

コンピュータがはじき出した上空の気圧配置をみると、
上記の期間ではラニーニャ現象特有の寒気流入パターンが予想されており、
(中国大陸で高度が上がり、逆に西日本方面で高度が下がる)
西回りで寒気が流入し、地上でも冬型の気圧配置が強まる予想です。

この傾向は秋から一貫しており、もちろんおとといの3か月予報でも同様の傾向となっています。

しかし・・・
本当に予想通り、このようなパターンになるのか?
(そう思われている方も多いかもしれません・・・)

なにしろ、このところよくある高温傾向を予想しているのではなく、
あまり例がない低温傾向を予想しているため、いささか疑念の生じる余地があるためです。

いよいよ、来週は12月に突入。

今後もコンピュータは同様の寒気流入パターンをはじき出していくのか?

日々の数値予報からも目が離せません。

(上図は気象庁発表資料に加工了承済み)
http://www.etenki.net/web/team_morita/sugie.jpg杉江勇次(すぎえ・ゆうじ) お天気キャスター、気象予報士。株式会社ウェザーマップ所属。日本テレビ「ズームイン!!サタデー」(土)、「NNN Newsリアルタイム・サタデー」(土)などに出演中。趣味はスキー、ドライブ、ドラム演奏。千葉県出身、B型。やってみたい天気予報は「ドラムで天気予報」。雷の時は激しくシンバルを打ち鳴らす!」切れ味鋭い気象解説にも定評アリ。

イメージ 1

           

目がショボショボ、痛い…三ヶ尻 知子です。

もう秋の花粉(ブタクサなど)はピークが過ぎたはずなのに
このアレルギー症状はおかしいと思い
東京都の花粉情報をチェックすると…

スギ花粉が飛散してるではありませんか!!

早速、東京都福祉保健局に問い合わせてみました。
「季節を勘違いしたスギ花粉が飛んでいます。」の答え。
皆さんは反応してないですか?


ただ、毎年この時期は季節外れのスギ花粉が
少量は飛ぶことがあるそうで、
今年に限ったことではないようです。
今年が多いかはこの時期のデータが少ないので比べられないそうですが、
この夏の猛暑の影響もあるかもしれませんね。

晩秋でも、敏感な方は
季節外れのスギ花粉にご用心ください。
ちなみに、真冬になって寒くなると
飛散はおさまるそうです。

それにしても、この夏の猛暑+表年→来春の花粉は大量飛散、
前年の2倍から10倍という予測もありますので、
この時期からこんなに反応している私…
本番が恐ろしいです。



そして昨日発表された3か月予報によると…
12月は西回りの寒気が入りやすく、
東日本と西日本では平年より低めの予想ですが、
花粉が本格的に飛散し始める2月は全国的にやや高めの予想。
(詳しくは森さんのブログ→http://blogs.yahoo.co.jp/wth_map/60083723.html)
ということは、飛散も早い可能性もありますね。


最後に私事ですが…鼻はマスクで予防していますが
目はゴーグルするのが恥ずかしいんです。
目の予防法があったら教えて下さい。


(表は東京都福祉保健局HPより)


http://www.etenki.net/web/team_morita/mikajiri.jpg三ヶ尻知子(みかじり・ともこ) お天気キャスター、気象予報士。株式会社ウェザーマップ所属。「TBSニュースバード」(CS)に出演中(木、金)。趣味は料理、食べること。大分県出身、A型。「舌、味覚。利き酒ならぬ利き水、利きみかん(?)など、どこの銘柄か当てることができます! また鼻も利きます。一日の半分は食べることか天気のことを考えています♪」ブログでもグルメ好きの本領発揮!?

↑このページのトップヘ