2014年06月

こんにちは。仙台の平野です。
 
昨日は、東京都心などで激しい雨を観測しましたが、
私がいる宮城県でも大雨となりました。
総雨量が100ミリを超えたところがあり、
特に午後2時前後の降り方は激しく、仙台市内でも道路が冠水してしまったところがありました。
 
天気は通常、西から東へと変わっていきます。
昨日も山形方面(西)から宮城(東)へ活発な雨雲が流れ込んできました。
こうなった場合、山脈を越えると雨雲が弱まることが多いのですが、
昨日は逆で、雨雲が宮城に入った途端に急に発達しはじめました。
 
これには、「風」が大きく影響していたものと考えられます。
 
イメージ 1
きのう(29日)15時 天気図
 
イメージ 2
きのう(29日)14時 アメダス風
 
イメージ 3
きのう(29日)14時 レーダー
 
 
日本海に1つ寒気を伴った低気圧があり、東の海上にも1つ低気圧があったため、
西風と東風が宮城県付近で収束。
雨雲が活発化してなかなか東へ抜けていかなかったことが原因と考えられます。
 
風が一定方向に吹いていれば、
雨雲はそれほど長くは留まらず、雨雲の発達度合いももう少し弱かったことでしょう。
これは、先日、東京の同じ場所で大量のひょうが降ったことと、
少し状況としては似ていますね。
 
 
風は、多くの現象に関係してきます。
ちょっとした風向きの違いで、大雨になったり、晴れたり、暑くなったり・・・。
今回の宮城の大雨や東京のひょうは、
それを象徴する出来事だったような気がします。
 
あすから7月、日本列島は梅雨の真っ只中です。
風向き一つで梅雨前線の活動も変わってきます。
 
“たかが風”と侮るなかれです。
 
 
(※レーダー・アメダス画像は気象庁ホームページを加工)
 
平野 貴久

小杉です。

先日、自宅近くでこんな花が咲いているのを見つけました。

イメージ 1

アガパンサスです。地面からスッとまっすぐに茎を伸ばし、その先端から上品な薄紫色の花をつける様は、まるで線香花火を逆さまにしたかのようです。

喩えがイマイチなのはさておいて、アガパンサスの原産は南アフリカ。さも当然のように東京で花を咲かせていますが、南アフリカと日本とでは気候が大きく違います。

南アフリカを代表して、タンザニアのダルエスサラームの月ごとの平年値を見てみますと
 
イメージ 2
(データは気象庁HPより)

月平均気温は年間を通して25℃前後と、日本ほど大きな変動はありません。

一方、降水量で見ると雨季と乾季がハッキリしているのが見て取れます。
6~9月は1か月にたったの20ミリくらいしか雨が降りません。今の日本でしたら1ヶ月どころか1時間で降ってしまうような量です。

そんな地域で産まれたアガパンサスですから乾燥には強く、屋外で栽培する際は雨水だけで十分。むしろ水を与えすぎると根腐れを起こしてしまうそうです。


ただ、今日はアガパンサスが根腐りを起こすどころか根こそぎ流されてしまうような、そんな激しい雨の降るおそれがあります。

上空に再び寒気が入り、東北や東日本では大気の状態が非常に不安定となっているため、局地的には激しい雷雨となるところもある見込みです。

イメージ 3

きょう29日の15~18時の発雷確率。
東日本や東北は、赤や茶色の表示と発雷確率が高く、積乱雲が発達しやすいことを表しています。

午前7時半現在、福島県と山形県には土砂災害警戒情報の発表されているところもあります。
急な激しい雨や落雷、ひょうなどに注意するとともに、大雨による土砂災害にも注意・警戒をしてください。


小杉浩史
http://www.weathermap.co.jp/caster/kosugi-hirofumi/

おはようございます。多胡安那です。
 
沖縄の梅雨明けとともに、
いよいよ九州から本州では、梅雨後半がスタートしました。
 
九州南部では早速、大雨に見舞われて、鹿児島では降り始めからの雨量が、
300ミリを超えているところがあります。引き続き、土砂災害などにご注意ください。
 
そして、前線から遠い地域でも、
一点集中的に大雨になることが多くなっています。
その地域で災害の発生につながるような、稀にしかないような雨量の雨が
観測、または解析されたときに発表される「記録的短時間大雨情報」というのが
あるんですが、それが、最近、頻繁に発表されています。
振り返ってみると、今月すでに5回発表されていました。
 
 
イメージ 1
 
 
これらはすべて梅雨前線本体による雨ではなく、上空の寒気が原因の雨。
地上の気温が上がるこれからの季節は、局地的な雷雨が山沿いだけでなく、
平野部や都心部でも起きやすくなります。
土砂災害や河川の増水など注意しなければならないことは多いですが、
都心部は浸水害の影響も大きいといえます。
特に人が集中する首都圏は浸水すると、交通機関が機能しなくなることも。
 
その一つに、地下鉄があります。
1993827日には台風11号に伴う大雨で、
東京都港区の赤坂見附駅が冠水し、
銀座線と丸ノ内線が運休する事態となりました。
そのような水害に備えて、「東京メトロ」 は対策をとっています。
 
イメージ 2
                                          (写真は東京メトロホームページより引用)



まず、地下鉄の出入り口ですが、特に浸水のおそれのある駅については、
出入り口を歩道よりも高い位置に設置してあります。
そして、浸水を防止するために、止水版や出入り口全体を閉鎖できる
防水扉も備えられているんです。
 
また、路上にある換気口には、浸水防止機が整備されているのですが、
これには感知器がついていて、大雨の情報が入ると、遠隔操作によって、
事前に換気口を閉鎖することができるそうです。
 
さらには、トンネル内への大量浸水に備えて防水ゲートを設置している所もあって、万が一、浸水してしまった場合は、ポンプで排水できるようになっています。
 
また、日頃から利用者に水害発生時の行動を意識してもらおうと、
駅の出入り口には海抜表示が貼られている駅も。
イメージ 3
 
 これから梅雨末期から夏の局地的豪雨、それに台風と、
大雨に見舞われる季節が続きます。
浸水害が起きるような雨になることもありますが、
首都圏の大動脈は備えができているんですね。
 
ただ、私たち一人一人の注意や心構えが大切だと言うことは、
言うまでもありません。
この週末も激しい雨や雷雨になるところがありますので、ご注意ください。
 
多胡 安那
 

※写真の出典が漏れていたため、追加しました。
 ご指摘いただいた方、ありがとうございました。

こんにちは。北海道の浜崎慎二です。
きのう、沖縄で梅雨明けの発表があり、
本州が本格的に梅雨の時期に入ってきました。
きょうも九州では非常に激しい雨の降っているところがあり、土砂災害に警戒が必要です。

イメージ 1
(雨雲の様子 気象庁ホームページより)

さて、これから梅雨末期の豪雨、夏の台風など災害が多い時期になります。
これまでは、沖縄周辺にあることが多かった梅雨前線の雲は、きょうは九州、四国、本州にかかってきました。

イメージ 2
(午後6時の天気図 気象庁ホームページより)

これからは、前線の南の海水温も徐々に高くなり、南から湿った空気がたくさん入ってきます。
湿った空気は、前線や陸地に行く手を阻まれて、上昇し、大雨を降らせることになります。
つまり、前線と陸地とがクロスしている所には、雨雲が集中してかかります。

これまでの梅雨の雨は、動きの遅い低気圧の影響が大きかった雨でしたが、

今後は、湿った空気が連続的に提供さ れる、梅雨らしい雨が降ります。

このような雨は、地形に影響され、同じところで降り続ける傾向が強いため、
土砂災害などに一層警戒が必要で す。



午後8時20分 諸事情により、内容を一部変更しました。
以前にご閲覧くださった方、コメントをくださった方、大変申し訳ございません。


浜崎慎二プロフィール
http://www.weathermap.co.jp/caster/hamazaki-shinji/

こんにちは、福岡良子です。


みなさん、半夏生(はんげしょう)ってご存知ですか?


私は気象の仕事を始めてから、なんとなーく存在は認識していたものの
きちんと調べたことはありませんでした。


そこで、この半夏生を辞書で調べてみました。
1 雑節の一。太陽が黄経100度にある日で、夏至から11日目。7月2日ごろにあたる。
2 ドクダミ科の多年草。水辺に生え、高さ約80センチ。
(デジタル大辞泉より)


え、半夏生って雑節だけじゃなくて、植物もあるの!?
ということでこの半夏生、調べてみると、話題の宝庫であることが発覚いたしました!


まずは、見た目のインパクト!

きょう、私、皇居東御苑で血眼になって探してまいりました!

イメージ 4



イメージ 3



見事に半分白くなっています!
植物界ではこの状況を見頃、と言うようです。


この見た目から、別名も「片白草(カタシログサ)」。
名前の由来も、“半化粧”からきていると言われているとか。


ん~、どちらも納得ですっ!



そして調べるうちにこんなことも発覚。
イメージ 1

これは環境局が発表した「東京都の保護上重要な野生生物種(本土部)」のレッドリストです(2010年版)。

CRは何を表しているのかと言うと…
イメージ 2


なんと絶滅危惧IA類!
ハンゲショウは絶滅の危険性が極めて高かったのです。
ハンゲショウは川沿いの湿地を好むため、都内では自生することが難しくなってきているのかもしれません。




ということで、見る機会も少なくなってきている半夏生ですが
1ヶ月もすると白い部分がまた緑に戻るそうなので今の時期はさらに貴重!




ぜひ、みなさんも見に行ってみてはいかがでしょうか?

ただ、行く際は必ず虫刺され対策を絶対にお忘れなく!!!!!
気象予報士の尾崎さんとともに訪れたのですが、ほんの数10分ほどで、私は17箇所、尾崎さんは19箇所、蚊に刺されてしまいました…



福岡良子

↑このページのトップヘ