2015年07月

こんにちは。北海道の浜崎慎二です。

おととい、九州北部と東北北部が梅雨明けしたと見られると発表があり、
日本列島もいよいよ各地で夏本番となっています。

週間予報を見ても晴れマークがずらりと並び、
九州から東北にかけては34度前後の厳しい暑さの日が多くなりそうです。

イメージ 1

そんな中、避暑地として選ばれることも多い北海道。
夏はカラッとして気持ちが良い、というイメージがあると思います。
しかし今週の天気を振り返ってみるとそうともいえません。

今週は湿った空気が流れ込み、ムシムシとした暑さに。
イメージ 3
(※正午過ぎ、表を一部修正しました。)

札幌の最高気温と最小湿度を振り返ると、
連日29度近くまで上がっていて最小湿度は60パーセント以上、
少し動くだけで汗が出て、不快に感じるくらいです。

さらに上空の寒気も相まって大気の不安定な状態が続いています。

特に火曜日、水曜日と大雨警報が発表され、
水曜日には美瑛町の白金温泉で1時間に41.5ミリの激しい雨を観測。
土砂災害警戒情報も出るなど、カラッとして北海道らしい夏とはとてもかけ離れたものです。

イメージ 2

そしてきょうも北海道には活発な雨雲がかかり局地的な大雨に注意が必要です。

北海道の夏らしくない天気はきょうも続きますが、
あす以降は天気が回復、あさってからは夏らしい天気の日が続きそうです。

---------------------------------------------------------------------------

今後の天気、ウェザーマップの天気動画でご確認ください。
    ↓   ↓   ↓
http://weather.yahoo.co.jp/weather/video/

---------------------------------------------------------------------------

浜崎慎二プロフィール
http://www.weathermap.co.jp/caster/hamazaki-shinji/


こんにちは、福岡良子です。



先日、沖縄へ行ってきました。
それも台風9号がダイレクトに影響を受けた直後に。
イメージ 13
観光中は終始、台風周辺の雨雲がかかり、雨が降ったり止んだりでした。


そして感じたのは「雨粒の大きさ」。
まるでスコールのような降り方に、やっぱり東京とは雨の降り方が違うなぁと思いました。




でも、東京でも熱帯のスコール体験ができる所があるんです!


イメージ 1

江東区にある夢の島熱帯植物園。


新木場駅を降りて徒歩約15分の場所にありますが
ちょっとした観光気分を味わえるほど、道中には都会のオアシスが広がっていました。

イメージ 2

イメージ 3




ここの植物館は、熱帯雨林の環境を再現していて、温室内は1年を通して暖かいんですが、
興味深いのは温度をキープする方法です。


なんと新江東清掃工場から送られてくる高温水を利用しているのです。


イメージ 4


イメージ 5
(駅から歩いている時に新江東清掃工場が見えていました)
その他にも、館内の冷暖房や給湯なども、すべてこの高温水でまかなっているそうです。




中に入ると、まるでジャングル!
矢継ぎ早に見たことのない植物が現れて、一瞬で時が過ぎました。
 イメージ 6  イメージ 8

イメージ 7



入り口でipodも無料で貸し出していますので、さらに詳しく知りたい時はぜひ。
イメージ 9






そしていよいよスコール体験の時間がやってきました!
ヤシの葉で作った傘が貸し出され準備万端。
イメージ 10



大温室の中を歩いていると、頭上から雨が!


イメージ 11



スコールというからには、きっととんでもない大雨で服もずぶ濡れになるのだろうと内心ワクワクしていましたが、
どうやら場所が悪かったのかあまり雨に降られませんでした。




でも最後にはこんなサプライズが…

イメージ 12


なんと虹が見られたのです!!!(※晴れてる日限定)





スコールを体験するなんてとってもユニークな発想だし、なにより雨に興味を持つきっかけになると思います!
ぜひ、夏休みの自由研究にいかがでしょうか?




さて、きょう未明に、群馬・みなかみではスコールのような大雨になりました。
3時間に144.5ミリで観測史上1位の記録です。(午前3時10分まで)

きょうも広く大気の状態は不安定で、この時間もあちこちで雷雲が点在しています。

思いがけずスコール体験をしないよう、雨への備えをお願いします。

イメージ 15
(気象庁ホームページより) 


イメージ 14







きょうの天気を確認したい方はこちらをクリックしてください。
動画解説(Yahoo!天気・災害)http://weather.yahoo.co.jp/weather/video/





青森の千種ゆり子です。
さきほど、いよいよ九州北部でも梅雨明けしたとみられると発表されました。
これで、東北北部をのぞく各地で梅雨明けし、夏本番、暑さの本番を迎えたことになります。

二週間前の記事でも「群馬県館林市の暑さ」を取り上げました。
http://blogs.yahoo.co.jp/wth_map/archive/2015/7/15

今回もその館林市の暑さについてです。
館林市では、7月に入ってから14日が猛暑日となっています。

イメージ 2

過去の7月の猛暑日日数を調べてみると、
平年は5.9日、過去の最多日数は2001年7月の14日
ことしはこの最多日数に並んだことになります。
きょう以降に35度以上になれば、最多日数記録を更新です。
一カ月のうち、二日に一回は猛暑日。これだけでも十分猛烈な暑さなのですが…

館林市の8月の猛暑日日数の記録は、2012年8月と2007年8月で、21日。
一カ月の三分の二が猛暑日ということで、本当に、もう耐えきれない暑さです。


今週月曜日には異常天候早期警戒情報も発表され、
東北南部・関東甲信・東海では
8月1日以降も平年より気温が高い状態が続くと見込まれています。
イメージ 1
                                           (気象庁ホームページより)

暑さが続くと疲れもたまりやすいですから、
体調管理を第一に、無理せず適度にクーラーを使ってお過ごしになってくださいね。




さて、最後にこの「クーラー(cooler)」に関連した小話をひとつ。
冷房のことをクーラーと言っているのは和製英語。
coolerは、エアコンのことではなく冷却器やアイスボックスのことを言います。
他にも、色々な意味があります。
それを使って・・・


Fine today but cooler tomorrow.


きょうは晴れているが、あすはきょうより涼しくなりそう。
天気予報の原稿のようにも聞こえますよね。


これは実は・・・


今日は罰金ですむが、(次にやったら)あすは刑務所行き



という意味だそうです。

fineには晴天、そして罰金という意味
coolerには、より涼しい、そして刑務所という意味
があるということで、
それを利用したジョークということだそうです。



各地の詳しい天気・気温はこちら



千種ゆり子(http://www.weathermap.co.jp/caster/chikusa-yuriko/

イメージ 1
(2012年8月の平均海面水温の偏差図。正のインド洋ダイポールにより日本では猛暑となった。図は気象庁HP)

こんにちは。河津です。

先日、JAMSTEC(海洋研究開発機構)が、「インド洋ダイポールモード現象」が発生し始めたと発表しました。

現在、世界中の天候に影響を及ぼすエルニーニョ現象が発生していますが、
このダイポールモード現象も同じく世界各地に影響を与えるものです。

熱帯インド洋の西部の海面水温が平年より暖かく、東部で冷たくなる偏差パターンの事を
「正のインド洋ダイポール」と呼ぶそうですが、
この現象が起こると日本付近では太平洋高気圧が強まり、気温が高くなる傾向があるそうです。
近年では2012年がダイポールモード現象の影響で猛暑となりました。

そのため、8月は(特に中旬以降)エルニーニョ現象の影響で天候不順になる可能性があるものの、
9月はダイポールモード現象の影響で残暑になると予測されています。

今年は九州南部~奄美の大雨、台風11号による大雨など顕著な現象が多いですが、
この先の天候も例年通りにはいかない可能性があります。
今後の情報にお気を付けください。




~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・
日々の天気予報は、こちらでご確認ください。
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

広島は8月6日に被爆70年を迎えます。
 
広島市内にはいたるところに被爆の傷跡が残されていますが、その一つに江波山気象館があります。
 
江波山気象館は天気をテーマにした博物館です。突風や台風を体感できるスペースもあり、夏休み中の子供で賑わっています。
 
 
一方、被爆の痕跡が保存されています。
 
イメージ 1
爆風を受けた壁がそのまま残されています。
 
イメージ 2
窓ガラスが爆風に飛ばされ、この壁にたくさん突き刺さったそうです。
現在も一部が残っています。(矢印部分)
 
イメージ 3
8月6日の当番日誌です。気象台における被災状況が記されています。
 
 

当時の江波山気象館は広島地方気象台でした。いつも通り仕事をしている時に起こったそうです。
 
爆心地から4キロほどのところにあり、建物は爆風にさらされました。気象台に勤める、多くの方が負傷したそうです。家族の安否に心を痛めている方もいたでしょう。
 
ただそんな中、残った観測機器を使い、一日も休むことなく気象観測をつづけたそうです。
 
その仕事へのひたむきさ、姿勢を見習わなければと思いました。また、私たちが気象について話が出来るのも、これまで地道に気象観測を続けてくださった方々と平和のおかげであることを改めて認識できました。
 
 
 
 
きょうの天気はこちらでご確認ください↓
 

↑このページのトップヘ