2017年10月

こんにちは、宮城の小杉です。

 
きのう東京と近畿地方で木枯らし1号が発表されました。季節はすっかり晩秋です。
宮城県では、田んぼはほぼ全て刈り取りが終わり、スーパーなどにはその刈り取られた米が新米として並ぶ時季になっています。
 
イメージ 1
(宮城県登米市 刈り取りが終わり寂寥感漂う田んぼ)
 
しかし、以前平野さんも書いていましたが、この新米に約3か月前の天候の影響が出てしまっています。
 

先週、東北農政局が発表した米の品質検査によると、宮城県産米は一番質のいい1等米比率が81.8%と他の東北各県に比べて大幅に低い数字になりました。これは夏の日照不足と低温により、まだ成熟しきっていない粒が含まれてしまったためです。
 
イメージ 2


東北の中でも特に宮城県の比率が低い理由について、東北農政局は
「宮城県ではササニシキも作られているが、ササニシキは元々1等米を作るのが難しい品種で、そこに日照不足が加わったのでその分、比率が低くなった。また宮城は沿岸部まで田んぼが広がっているので、やませの影響を特に受けやすかったのではないか。」
とのことでした。
 
とは言え、この品質検査というのは米の見た目(色や大きさ)を検査したもので、味の審査とはまた別物です。
私が先日買った新米は例年通り十分美味しいものでした。今年も農家の方の苦労に思いを馳せながら、美味しいお米をいただこうと思います。


小杉浩史

こんにちは
静岡の手塚です。明日はハロウィン。
最近は一大イベントとなりましたが、私はその流れに乗れずにいます。
夜は仮装をして外に出かける方もいるかもしれませんが、
今年は暖かい着ぐるみがいいかもしれません。

過去10年、東京の10月31日の天気を調べると、
気温は平年より高い年が多いですが、この2年は平年より低い気温が続いています。
降水確率は東京で40%となっています。
イメージ 1













今年は雨の降るところは北日本日本海側・北陸が中心ですが、
寒気が入り、気温は全国的に平年より低くなりそうです。
イメージ 2
イメージ 3














そして、この寒気によって、温帯低気圧(元台風22号)は発達をします。

台風は海から水蒸気を補給して発達しますが、温帯低気圧は
南北の気温差を使って発達をします。

このあと急速に発達し
中心気圧は台風の時より低くなる見込みです。
この影響で風が強まり、
北日本では今夜にかけて暴風に注意が必要となりそうです。

そしてこの冷たい風で木枯らし1号の発表があるかもしれません。





                                       
  (出典:気温・天気図は気象庁HP)

イメージ 4




















                                   イメージ 5



こんにちは。
静岡の伊藤です。

台風22号の影響が本州でも大きくなってきました。
イメージ 3
※最新の台風情報を参考にしてください。

今回の台風で特に警戒すべきことは、土砂災害です。

前回の台風21号の爪痕が残る中、台風本体の雨雲とその北側の前線の影響で、台風から離れたところでも雨の降り方がすでに強まっています。
イメージ 4

イメージ 5
気象庁HPより



イメージ 6

すでに地盤の緩んでいるところがあります。
大雨に警戒が必要な時間は以下の通りです。

イメージ 1
イメージ 2



土砂災害がおこる前には、
◆崖にひびが入る
◆崖から水が出ている
◆異様なにおい
◆山鳴り
などがあるといわれます。

外の様子を確認し、少しでも異変を感じたらできるだけ安全なところに避難をしてください。

夜中が警戒時間に入っている地域の方は、外の様子が暗くてわかりにくく、暗くなってからの避難は危ないです。
今のうちから避難を考えておくといいと思います。


こんにちは。石上沙織です。

台風22号がきょう昼前から、
沖縄・奄美にかなり接近する見込みです。

午前8時現在、沖縄には台風に伴う活発な雨雲がかかっています。
また、非常に強い風も吹いています。
イメージ 3
(※気象庁ホームページより)

暴風や高波、大雨に十分な警戒をお願いします。

イメージ 1

さて、上の予想進路図を見ると、特に本州では
「離れた地域を通るから、今回は大丈夫だ」
と考える方が多いかもしれません。

しかし、油断は禁物です!!!

イメージ 2

日本の南には、秋雨前線が北上してきます。
台風からの暖かく湿った空気の影響で、前線の活動が活発になり、
あすにかけて「西日本や東日本でも激しい雨」が降るおそれがあります。

※激しい雨=「バケツをひっくり返したような雨」と表現することも。
 傘をさしても濡れてしまい、道路が川のようになることもある降り方。

また、激しい降り方にはならなくても、
「雨が長く続くことで、土砂災害が起きる」可能性もあります。

台風21号による大雨で、すでに地盤の緩んでいる所もあります。
少しの雨でも、災害につながる可能性があるため、警戒が必要です。

イメージ 4

沖縄や奄美・九州南部は、あすの昼頃まで、
四国から関東にかけては、あすいっぱいは警戒を続けてください。

石上 沙織


こんにちは 多胡安那です。
 
10月も下旬に入り、街ではハロウィンの飾りつけが華やかになってきました。
ハロウィンには仮装がつきものですが、華やかな衣装はもちろん、
派手なメイクがイベントモードを盛り上げてくれます。
 
たとえば、クレオパトラの仮装をする場合。
あの独特のメイクなしでは、クレオパトラになりきることはできません。
派手なメイクこそ、クレオパトラらしさの象徴ともいえます。
 
では、なぜ、ここでクレオパトラを例に出したのかというと、
クレオパトラのメイクには、美しく見せる以外に気象に関する目的があったんです。
 
クレオパトラは絶世の美女といわれたように、メイクやスキンケアにも
力をいれていました。


イメージ 1

特に華やかなアイメイクが印象的ですが、このメイクの目的は、感染症予防と魔除け。


まぶたにブルーやグリーンのアイシャドウを塗ることで虫からの感染を予防したり、
悪魔から身を守る魔除けの効果があると信じられていました。
 
そして、もう一つの目的が、強い日差しから目を守るため。


エジプトはほとんどが砂漠地帯なので、砂漠の強烈な日差しによって、
目を傷めてしまうおそれがあります。
そのため、目の周りを黒く囲うことで、太陽光の反射から目を守っていたんだそうです。 
 
  
 今でもプロ野球選手がデーゲームの際、眼の下を黒くしているのを見かけますが、
これも同じ理由で、 アイブラックと呼ばれています。 
 
月末はハロウィーンということで、仮装してお出かけされる方も多いと思いますが、
今年はクレオパトラ風の囲みメイクで、日差し対策の仮装はいかがですか?
 


ただ、その前にやってくるのが台風22号です。

イメージ 2


台風22号は、あすからあさってにかけて、沖縄に接近する見込みです。
南西諸島では今夜から海が大しけとなり、あすは猛烈な風が吹くおそれがあります。
 
また、きょうの夕方からは活発な雨雲がかかり、あすは非常に激しい雨が降りますので、
暴風や大雨、高波に警戒が必要です。
 
また、週明けは本州にも影響するおそれがありますので、
今後も最新の台風情報にご注意ください。


多胡安那


↑このページのトップヘ