2018年04月

こんにちは。香川県の鈴木悠です。

ついに桜前線は北海道へ達し、きのう29日には室蘭で平年より7日早い「開花」、札幌では平年より8日早い「満開」の発表がありました。
北海道の桜は、次は5月2日に旭川で開花する予想となっています。

東日本や西日本は、すっかり桜のシーズンは終わってしまいましたが、
現在は「ツツジ」が各地で見ごろを迎えていますよ。
ツツジは桜と同じように、気象庁による生物季節観測の対象になっていて、
ことしは、平年より早く開花している所が多いようです。

イメージ 1
写真①:栗林公園・商工奨励館前のヒラドツツジ(4月26日 撮影:鈴木)

香川県でも現在、様々な品種のツツジが見ごろを迎えています。
写真①は、国の特別名勝に指定されている、栗林公園のヒラドツツジです。
栗林公園では、約2400本の様々な種類のツツジを楽しむことができます。

イメージ 2
写真②:ヒラドツツジの蜜を吸うクマバチ(4月26日 撮影:鈴木)

香川県民にとって、栗林公園のツツジと言えば「恋ツツジ」を思い浮かべます。
県外の方は、なんだ?と思われる方が多いと思います。
こちらが恋ツツジです。

イメージ 3
写真③:栗林公園・南湖の島に浮かぶ恋ツツジ(写真提供:栗林公園)

見事なハート型です!
これは、剪定作業で偶然できたのだそうです。
カップルや結婚式の前撮りなどの背景として、人気の写真映えスポットになっています。

こちらは「サツキツツジ」という品種で、
他の品種と比較して、1ヶ月程度遅く咲き始めます。
実は4月30日現在、まだ咲いていないのです。

イメージ 4
写真④:現在の恋ツツジの様子(4月26日 撮影:鈴木)

平年だと5月下旬ごろが見ごろになるということですが、
ことしは開花が早まり「5月中旬ごろ」が見ごろになるのではないか、と予想しています!
恋ツツジが満開になったころ、私も恋する誰かと、改めて訪れたいものです。

鈴木悠

河津です。
先日、武蔵野美術大学の宮原ひろ子准教授らの研究グループが、江戸時代の記録などを元に、太陽の27日の自転周期が過去300年にわたって日本の雷の発生に影響を及ぼしてきたと発表しました。

太陽の活動には周期的な変化がみられていて、特に約11年での周期変化があることが知られています。
太陽の活動の変化が地球の気候にも影響があるということは以前から言われていました。
今回は、それよりも短い間隔となる「気象」と「太陽の自転」の関連について調べられています。
結果を簡潔に書くと、太陽活動が活発なときは、27日の自転周期が雷の発生に影響するというものです。

残念ながら(?)ことしは太陽の黒点の数が非常に少なく、活動が不活発な年にあたっています。
そのため、27日の自転周期も雷の発生に大きく影響することはどうやらなさそうです。

また、どうして太陽の活動が地球の気候だけでなく気象にも影響を与えるのか、そのメカニズムはいまだ解明されていません。さらなる研究が待たれます。

気象と天文は近くて遠い分野と考えていましたが、意外とそうでもないことに驚きました。
この先もっと研究が進めばいずれは、「えっ昔の天気予報って、太陽活動の影響は考えられてなかったの?」なんてことになるのかもしれません。


こんにちは、長谷部です。

先日、北海道阿寒湖で越冬まりも引き上げというニュースを目にしました。

湖の近くにある天然記念物のまりもを展示する「マリモ展示観察センター」が閉館する冬の間は、まりもを湖に戻し、湖の氷が解ける春になると再び引き上げて展示をしているそうです。

父が北海道出身ということもあり、幼いころは「まりも」を育てていたので、自分にとっては身近で、懐かしいと思ったのですが、よく考えてみると「まりも」っていったい何だろうと疑問が膨らみました。

イメージ 1

まりもイメージ

まりもは糸状の藻が絡み合って、球体になる藻の一種です。

湖の底に平らに生息していますが、石についた藻を核にするなどし、湖の緩やかな流れが作用して球体なっていくと考えられています。

湖に向かって吹く風が湖面をゆらし、まりもを作っていくのです。

ただ、藻の中でまりもだけがなぜ球体になるのかは分かっていません。

イメージ 2

阿寒湖イメージ

大きくなると日が届かなくなるため内部が空洞になり、直径20~30センチになると自身の重みに耐えられずに壊れて、また小さなまりもになるということを繰り返すそうです。

うちで育てたものは数年で3センチくらいまでしか育てられませんでしたが、自然ではそれほど大きくなるのも驚きです。

そして、水質が汚染されると湖の底に生息しているため、日光が届かなくなり、育たなくなってしまいます。

実際に、観光客の増加や生活排水などの影響で数が減ったり、年々小さくなったりしているそうです。

日本以外でもヨーロッパなどに生息しているものの、環境が変わったことにより、まりもがいなくなった所もあります。

見に行く時には、自然を壊さないようにマナーをしっかりと守ろうと改めて思いました。

こんにちは、片山美紀です。

新緑が美しく、お出かけを楽しめる時季になりましたね。
先日、友人の結婚式に出席しましたが、この日は友人家のほかにも何組もの夫婦が誕生し、
お祝いの儀式が行われたようでした。

イメージ 1

結婚式の日程の決め手となるのは、今も昔も変わらず、「お日柄」ですよね。
休日かつ「大安」や「友引」の日に式の予約は殺到するようです。

しかし、お日柄と並び、気になるのはやはり当日の天気なのではないでしょうか?

東京・高円寺にある気象神社では、天気と絡めて下駄の形をした絵馬に願い事を書くことができます。
少し眺めてみると、断トツに多い願い事は、「●月▲日の結婚式の日、晴れますように。」というもの。一生に一度の大切な日ですから、穏やかな天気であってほしいのは当然ですよね。

イメージ 2
イメージ 3

結婚式の日程は、およそ一年以上前から決める人が多いため、天気予報を参考にというわけにはいきません。天気はその日の運頼み・・・となってしまいますが、

ちょっと待ってください!!

ある特定の日にどれくらいの確率で晴れるのか簡単に知れる
天気出現率」というものがあるのをご存知でしょうか。
過去30年間の統計を基に晴れ・曇り・雨・雪の天気が表れる確率が計算されています。

たとえば、一年の中で、東京で最も晴天率が高い日は「12月24日」と「29日」です。
(同日とも93.3%の確率で晴れの天気に)
そのほかの日でも12月~2月は冬型の気圧配置が続きやすく、晴天率は70~80%台の日が多くなっています。
行事が多く、寒さで避けられがちな頃ですが、どうしても晴れてほしいと願うならねらい目です。

結婚式だけでなく、旅行やイベントの計画を立てるのにも、天気出現率を活用してみてはいかがでしょうか?
(公表されていない地域もありますが、天気出現率は各地の気象台HPで調べられます。)

イメージ 4
                                                                     
さて、あすからゴールデンウィーク。
前半は広く晴れますが、とにかく暑さに注意です。人が集まる場所や車の中は気温以上に暑く感じるため、しっかりと水分補給を。後半の水曜日からは寒気を伴う低気圧が近づくため、雨で荒れた天気となるおそれも。最新の予報を確認してお出かけを楽しんでください。



福岡良子です。


最近、英語の勉強をしているのですが、なかなか面白い表現があるんです。


たとえば「神輿」
英語にするとportable shrine
(携帯神社!!!!!!!!!)


他にも「みりん」
sweet rice wine


「回転寿司」
sushi-go-round
(メリーゴーランドのお寿司バージョン!?)

などなど、思わず「たしかに」と言ってしまう、むしろ日本語以上にわかりやすい言い回し。



そこで天気でも何かないか調べてみると・・・
ありましたありました!!!


●april weather
「4月の天気」という意味ですがもうひとつ意味が!
「降ったり晴れたりの天気」という意味。
イギリスの言葉のようです。
変わりやすい天気が代名詞になってしまう位、イギリスの4月は安定しない時期なんですね。

●under the weather
直訳すると「天気の下」
でも意味は「気分が悪い」
船に乗っていたら急に悪天候になって、海が荒れ、船酔いして気分が悪くなることから来ているそうです。
(二日酔いという意味でも使われるそう。)


●It rains cats and dogs
意味は「土砂降りの雨が降る」
知らずに聞くと何事かと思うフレーズ。
語源はずばり不明。
空から猫や犬が降ってくるような雨という意味でしょうか。
普通に使われる表現のようです。



いかがでしたか?
日本語も奥が深いけど、英語も想像力をかきたてるユニークな表現がたくさん!
また面白いフレーズを見つけたらこのブログでお伝えしていきますので
みなさんも何かあればぜひ教えてください♪

↑このページのトップヘ