2019年10月

こんにちは。鳥取の熊澤です。

先日、県内の酒蔵を訪れました。

諏訪泉
(諏訪酒造@鳥取県智頭町、10月9日撮影)

この時期に美味しいお酒といえば「ひやおろし」です。
ひやおろし
(「満天星」(左:ひやおろし、右:生酒))

日本酒の製造には温度管理が重要で、麹菌の発酵を比較的コントロールしやすい冬の時期(11月~3月頃)に作られるそうです。

ひやおろしは、冬に作ったお酒を春に一度だけ火入れ(加熱処理)してこの時期まで熟成させたもので、今が飲み頃の日本酒です。

ちなみに通常の日本酒は火入れが2回、ひやおろしが1回、「生酒」が0回だそうです。「生酒」は夏によく飲まれる日本酒で、同じ銘柄の日本酒でも「ひやおろし」と「生酒」では違った味わいが楽しめます。

「ひやおろし」は20~25度くらいの常温のものを試飲させていただきました。フルーティーで飲みやすかったです。
「生酒」は冷蔵庫でよく冷やして、冷酒で飲むのが美味しく、5~15度くらいが飲み頃のようです。こちらも試飲させていただきましたが、さっぱりとした味わいで料理にも合いそうだと思いました。

鳥取の日本酒が美味しい理由として、米が美味しいことが挙げられると思います。酒米の「玉栄」は鳥取が滋賀に次いで2位の生産量となっています。

鳥取では酒米だけでなく食卓に並ぶお米も作っています。最近だと「星空舞」というブランド米があり、東京でも買えるそうです。
星空舞
(食のみやこ鳥取県HPより引用)


食べ物が美味しい秋の時期、美味しい日本酒やお米など味わってみてはいかがでしょうか。


<参考>
・農林水産省、米穀の農産物検査結果
・鳥取県商工労働部兼 農林水産部市場開拓局、食のみやこ鳥取県HP

はじめまして。今日から3週間に1度、水曜日を担当することになりました平地真菜です。
よろしくお願いします。

今回が最初ですので、ずっと心に残っていて
誰かに話したい!と思っていたことを書きます。


それは去年の9月に初めてヨーロッパを訪れた時のことです。
観光地を余すことなく回るツアーに参加していて、
初日はハンガリーのブタペストにいました。
「気温が東京より低い」、「空気が乾燥している」といった事はあらかじめ想像できていました。
ですが空には、これまで見たことが無い景色が広がっていたのです。




IMG_8535
 
                      ↑ドナウ川と飛行機雲



飛行機雲がとても多い。
この画像で数えてみると、1、2、3…。奥の方も数えると、約10本あります。
日本で、ここまで飛行機雲が多いのは見たことがありません。


なぜか…考えてみました。
まず、飛行機雲の数が多いということは、
純粋に飛んでいる飛行機が多いということではないだろうかと。


実際に世界の空港発着回数ランキング(2017年)をみてみると、
上位にアムステルダム・スキポール(オランダ)や
パリ・シャルルドゴール(フランス)、
ロンドン・ヒースロー(イギリス)といった空港が並んでいます。

ざっくりみて羽田空港より、ヨーロッパ各地の空港の方が発着回数は多いと言えそうです。


また、飛行機雲が出来る原理はこうあります。
上空約1万メートルのマイナス40℃の世界で、
「飛行機のエンジンが周囲の空気を吸い込んで、
圧縮・燃焼させ、300~600℃となった排気ガスを出すと、
その中の水分が急に冷やされて凍り、雲となって白く見える。」
(引用:JAPAN AIRLINES航空豆知識より)

ヨーロッパでは、この高度を飛んでいる機体が多いと考えられます。


さらに、飛行機雲は気温に依存するため、
上空の気温のより低い方が飛行機雲はできやすいと思い、上空の気温も調べてみました。
ハンガリーは東京より緯度が約10°高く、
上空およそ1万メートルの気温はハンガリーの方が約10℃低くなっていました。
(きょうの館野とドイツ、イギリス、オランダの上空1万メートル位の気温を比べた)



ここまで調べると、ハンガリーで飛行機雲が多かったのは納得です。



この写真の2日後は雨が降りました。
ヨーロッパも日本も、飛行機雲が消えないと数日のうちに雨が降るというのは同じでした。



         ↓帰りの飛行機の中で。空ってきれいだなと しみじみ。
IMG_8557 (1)



今後も海外に行った際は、いろんな現象を日本と比べていこうと思います。

気象予報士 平地真菜
https://twitter.com/mana96427701?lang=ja

秋田の津田です。

タイトルを見て期待した方、ごめんなさい。
ブラはブラでも、「ブラシャツ」の話です。

先日、夏休みを頂きフィジーへ行ってきました。
日本からは直行便が出ていて、9時間ほどのフライトで着きます。

図1

65f1f71d32a402e341ccdda79adf3598

まさに今、ラグビーワールドカップが開催中ですが
フィジーはラグビー熱が高い国です。

 

図2
▲フィジーの7ドル札(筆者にて一部加工)。

リオ五輪でラグビー金メダル獲得記念に発行された。

そんなラグビー熱と同様に高いのが気温。
フィジーは1年中最高気温が30℃前後の常夏の国です。

その国の民族衣装がこちら。

 

ddd1a38f783dca902b87dd811f039f5e

 

上に着ているのが、風通しの良い素材の半袖シャツ。その名も「ブラシャツ」。
下に合わせているのが、丈の長い巻きスカート「スル」です。

観光客向けの仕事に従事する人だけでなく、
銀行や学校の制服にも採用されていて
街中でブラシャツとスルを格好良く着こなす人を頻繁に見かけました。

 

図3
▲談笑する学生たち。この後はにかみながら「Bula!」と挨拶してくれた。

 

男性のスカートを日本で見かけることはめったにありませんが
風通しの良いブラシャツと合わせてスルを着ると
パンツを履くよりも下半身がスースーして涼しく感じられるそう。

女性が使うイメージが強かった日傘も、最近は「日傘男子」が台頭し
性別に関係なく使われるようになってきました。
スカート男子、「スル男子」を見かける日も近いかもしれません。

固定概念にとらわれず、自分の体感に合わせた服装で快適に過ごしたいと思います。

 

気象予報士 津田紗矢佳
https://www.weathermap.co.jp/caster/tsuda-sayaka/

こんにちは。

香川県の鈴木悠です。

ことしの香川県は「瀬戸内国際芸術祭1」が開催されています!

先日、瀬戸芸を楽しもうと香川県観音寺市にある伊吹島に行ってきました。
伊吹島は、香川県の西部に位置する小さな島です。

IMG_3474
図1:伊吹島にあった顔をハメるパネルで記念撮影
香川
図2:伊吹島の位置

伊吹島は「いりこ」と呼ばれるカタクチイワシの煮干しで有名な島です。
伊吹いりこ」と呼ばれ、香川県民にほぼ毎日食べられるソウルフード・さぬきうどんの出汁取りにかかせません。

IMG_3475

図3:伊吹島帰りに食べた、いしこ出汁のきいたさぬきうどん
    カタクチイワシさん、いつもありがとう。

いりこになるカタクチイワシと聞くと、気象関係者や天気好きな方はエルニーニョ現象を思い浮かべる方が多いかもしれません。
なぜかというと、エルニーニョ現象が発見されたきっかけは、ペルー沖で取れるアンチョビーの不漁、つまりカタクチイワシの不漁がきっかけだったからです。

最新のエルニーニョ監視速報によると、今後は冬にかけてエルニーニョ現象は発生しない見通しですが、3ヶ月予報を見るとエルニーニョモドキと見られる状態が続きそうです。
太平洋中部の海水温が高いため、積乱雲の発生が多い可能性があります

雲の様子
図4:28日午後3時の雲の様子

28日午後3時現在、フィリピン付近には台風のたまごである熱帯低気圧が発生しています。
また、その東の海上には、あやしい雲の塊もいくつかできています。
もちろん、これらが台風まで発達し、日本に接近するのかは不明確です。

ただ、過去最も遅い台風上陸は11月30日という記録があります。
3ヶ月予報では、12月は西日本を中心に降水量は平年並みか多い見通しです。

ことしは台風による被害が多く出てしまっています。
これまでに被害のなかった地域でも、まだまだ油断せず台風への備えはしておいた方がいいかもしれません。
そして、被災された皆様の1日でも早い復興を願い、自分にもできることを一生懸命していこうと考えています。

鈴木悠(https://www.weathermap.co.jp/caster/suzuki-yu/

★28日午後8時半、追記しました。


■記事内用語

13年に1回、瀬戸内の12の島と2つの港を舞台に開催される現代アートの祭典。

太平洋赤道域の東部(日付変更線付近から南米沿岸)にかけて海面水温が平年より高くなる現象。日本や世界の天候に大きな影響を与えるとされる。

太平洋赤道域の中部(日付変更線付近)で海面水温が平年に比べて高くなる現象。

  エルニーニョ現象同様に、日本や世界の天候に大きな影響を与えるとされている。

 

■参考資料

気象庁発表、エルニーニョ監視速報(令和元年1010日発表)

https://www.data.jma.go.jp/gmd/cpd/elnino/kanshi_joho/kanshi_joho1.html

気象庁発表、むこう3か月の天候の見通し(令和元年1025日発表)

 https://www.jma.go.jp/jp/longfcst/pdf/pdf3/001.pdf

先日街を歩いていたらコートを着ている人がいました。
まだ10月なのに。
人の体感はそれぞれなので、そういう人がいても別に構わないんですが・・・
暑くないのでしょうか。

10月も下旬になると高い山では雪も降り、冬も近いイメージがあります。
でも実のところ気温は4月の終わりころと同じです。
ゴールデンウィーク、つまり初夏の気温なのです。
夏服で十分でしょう。

ということで服装に関するお薦めがあります。
それは「季節を後取り」することです。
つまりできるだけ前の季節を引っ張った服装をするのです。

逆に季節を先取りした服装をしている人をたまに見かけますが、意味がわかりません。
例えば11月も後半に入ると早くも冬物の服を着ている人がいますが、
真冬になったらどうするのでしょう。

1572076118626
街にはまだまだ半そで姿の人も(10/26 赤坂撮影)


私のお勧めは
11月 秋服を着始める
12月 時々セーターなど軽めの冬服を着始めるが基本は秋服
1月 ダウンジャケットなど本格的な冬服
というような感じです。

こうしておけば、大寒の頃の一番寒い季節を快適に過ごせます。
もちろん寒いのにムリにやせ我慢する必要はありません。
ただ「寒いから秋服を着る」のであればわかりますが、
「秋だから秋服を着る」というのはちょっと違うような気がします。

10月いっぱいは夏服でいきましょう!


芦原

↑このページのトップヘ