9月になりましたがまだまだ暑い日が続くこの時期、気を付けなければならないことがあります。
食中毒です。

気温は少しずつ下がってきますが秋雨の季節で湿度は逆に高く、さらに夏の暑さで
体が弱っているので、思いのほか食中毒が多くなるのが9月です。
腐りかけのものはなるべく食べずに、新鮮なうちに食べるようにしましょう。


と言うのも、私は以前よく腐ったものを食べていました。
あえて賞味期限が切れてからしばらく経つまで待って食べていました。
カビの生えたパンやモチも平気で食べていました。
そうすることで胃袋を鍛えていたのです。
カレーなどは夏場でも冷蔵庫に入れるようなことはせず、1週間くらいすると
かなり不気味な臭いを発していました。


動物は腐った肉を食べても平気です。
しかし人間はお腹を壊します。
恵まれた過保護な環境に慣れてしまい、どんどん弱くなっていったのです。
なので私は普段から過酷な環境に身を置き、厳しい状況にも耐えられるように
鍛錬していたのです。


そんな日々の努力が実を結ぶ出来事がありました。
友達数人でタイに旅行に行ったとき屋台で食事をしたのですが、翌日まわりのみんなが
お腹を壊す中で私一人がビクともしていなかったのです。
これぞ普段の鍛錬の賜物。



さてそんなある日、夏の終わり頃の出来事です。
友達(医者)が遊びにきて私の部屋に入るなり叫びました。
「なんだよ! この臭い。」

それは作って1週間ほど経ったカレーでした。

「カレーは腐らないから大丈夫。 それに食べるときは火を入れてるし。」
と言う私に対して友達は、「絶対捨てた方がいい」と言います。

「いつも食べてるから大丈夫だ。 鍛え方が違う。 
そこらの軟弱なやつらと一緒にしないでくれ。 
いやならお前は食べなければいい。」
とはき捨てる私に対して、医者であるその友達いわく、
「鍛えるとかそういう問題じゃない。腐ったものを食べるのは体によくない。
腐ったものを食べると肝臓や腎臓に負担をかけ、そんなことを続けていると
いずれ肝機能障害や腎不全になるぞ。」


なんと・・・
私は我慢をしながらせっせと体を悪くする努力をしていたのです。


『無知ほど怖いものはない』


IMG_20190902_100751


それからというもの、私は腐ったものをあまり食べないようになりました。
そんな私を世間の人たちは『臆病者の情けないチキン野郎』と思うでしょう。
しかし私はそんな声は気にしません。
言いたい人には言わせておけばいいのです。


いや、それどころかむしろ私は自分のことを
『友達の忠告を素直に受け入れることができる心の広いやつ』
とさえ思います。


芦原


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
☆ウェザーマップ YouTubeチャンネル☆
天気予報やお天気キャスターによる楽しい
動画を配信!チャンネル登録お願いします
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー