日本でラグビーワールドカップが開催され、連日盛り上がっていますね!

日本は開幕から3連勝中!

初の決勝トーナメント進出が期待されます!


…と、熱く語っていますが、私は別にラグビーをやっていたわけでも、生で見たことがあるわけでもありません(笑)

ただ、ラグビーに興味を持ったのは意外と前で、今から約7年半前に、ラグビー強豪国のニュージーランドに行ったことがきっかけでした。

1
図1:2012年に現地で購入したラグビーニュージーランド代表、

   オールブラックスのユニフォームを着た2019年の私。


日本とニュージーランドは似ている?

ニュージーランドは南半球の中緯度にある自然豊かな国です。


地球2
図2:日本とニュージーランドの位置関係

比較2
図3:日本とニュージーランドを白地図で比較

どちらも南北に細長く、心なしか日本と形も似ています。
天気の観点から言えば、どちらも中央には脊梁山脈が通り、山を挟んで気候が異なる点も類似しています。
また、上空には偏西風と呼ばれる強い西風が吹くことも共通点です。

模式図
図4:
地球規模で中緯度帯に吹く偏西風の模式図

■ニュージーランドに伝わる風に関する神話
風に関して、ニュージーランドのマオリ族にはある言い伝えがあるんだそうです。
南半球では度々登場する半神半人の英雄マウイが、全ての風を捕らえて洞窟に閉じ込めました。
ただ、そんな英雄でも西風だけは捕まえられず、西風は今でも逃げ回って吹き続けているという神話です。
この神話が上空の西風をさしているのか、真意は定かではありませんが、今では偏西風は南北の熱輸送や地球自転の影響で吹く風ということが分かっています。
英雄でさえ捕まえられないほどの自然の力に、現地の人々は脅威を感じていたのかもしれませんね。

5
図5:逃げ回る西風を捕らえようとする2012年の私
   ニュージーランド南島のダニーデンで撮影(もちろん捕まえられませんでした)

さて、逃げ回る西風のように素早いオールブラックスの次の試合は、今週12日(土)の午後1時45分からです!
ただ、週末は大型で非常に強い台風19号の影響を受ける可能性があります。
今後の台風の最新情報にお気をつけください。


■参考文献
『風の辞典』真木太一ら 著・編集(丸善出版)p18.

※10/7(月)午後1時ごろ、追記して再更新しました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
☆ウェザーマップ YouTubeチャンネル☆
天気予報やお天気キャスターによる楽しい
動画を配信!チャンネル登録お願いします
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー