秋田の津田です。 

ae2f09f1be3ab6b1b987721331f7da48

最近、仕事や個人的な用事で飛行機に乗る機会が多いです。
飛行機ファンの私にとって、機内と空港はテンションが上がる場所。
フライトの度に色々な発見があって心が躍ります。

最近気になったのがこちら。 
11284261774cb7df1e639a517ccc1e52

滑走路に書かれた数字です。
上の写真は秋田空港のものですが、滑走路に「28」と書いてあります。
滑走路の反対側の端には、「10」という数字がありました。 

図4
▲秋田空港の滑走路イメージ。


この日は、「28」から「10」に向かって離陸しました。

実はこの「28」や「10」、方角を表したものです。
真北を基準に、方位を36等分して36方位であらわすことができます。

図1
▲気象庁『気象観測の手引き』より引用。一部加工。


36方位では、真北が36、真東は09、真南は18、真西は27です。
秋田空港の滑走路に書かれていた「28」は、西北西~西の方角を表し
滑走路の反対に書かれていた「10」は、東~東南東の方角を示しています。
先日私が秋田空港から乗った飛行機は、「28」の方位に向かって離陸したので、
西北西~西の方向に向かって飛び立ったわけです。

一般的に、飛行機は風上に向かって離陸・着陸します。
なので、滑走路とその土地で良く吹く風の向きが平行だと、
飛行機にとって都合が良いわけです。

実際に、秋田空港がある秋田県雄和のアメダスの風向(=日最多風向)を
2018年の1年分調べてみました。 

図2
▲気象庁アメダス、秋田県雄和の日最多風向。2018年分。


秋田空港で良く吹く風の向きと、滑走路の方角がほぼ一致しているのが分かります。

皆さんのお住まいの地域の空港では、滑走路にどんな数字が書かれているでしょうか?
数字から、その土地で良く吹く風の向きが分かりますよ。

さて、飛行機を含む交通機関は、次の三連休に台風19号の影響を受けそうです。

dr_20191008_125826.3252

今後の最新の情報をご確認ください。

 

気象予報士 津田紗矢佳
https://www.weathermap.co.jp/caster/tsuda-sayaka/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
☆ウェザーマップ YouTubeチャンネル☆
天気予報やお天気キャスターによる楽しい
動画を配信!チャンネル登録お願いします
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー