こんにちは。藤枝知行です。

大型で猛烈な台風19号が、日本の南の海上を北上中で、
週末からの3連休、東日本に接近または上陸する恐れがあります。

午前9時現在、台風19号の中心気圧は915hPa、中心付近の最大風速は55mで、
台風のクラスでは一番上の「猛烈な」勢力にまで発達しています。

dr_20191009_111501.7254

これほどまでに発達している原因の一つは海面水温の高さです。
現在台風が進んでいる海域の水温は30℃以上あり、
台風が発達するのに十分な高さとなっています。
これは平年と比べても1℃前後高い温度です。
今年これまでに発生した18個の台風があまり通らなかった海域にあたり、
海がかき混ぜられなかったことが海面水温を高くしている一因と考えられます。


sst_anl_sstanm_20191007000000_20191007000000
【海面水温平年差 気象庁HPより】

もともと、日本から遠く離れたマリアナ諸島付近で発生する台風は危険だといわれます。
海を渡る時間が長いため、それだけ海からたくさんのエネルギーを供給されて
日本にやってくるためです。

今回の台風19号は、まさにマリアナ諸島方面からやってきます。

加えて、いつもよりも海面水温が高いので、危険度倍増の台風なのです。

台風19号の今後の予想です。
現在、台風としての構造を維持することのできる27℃以上のエリアが、
列島の陸地すれすれの所まで広がっています。
このため、あまり勢力を落とさずに北上し、
週末にも東日本に950hPa前後の中心気圧で接近、上陸の恐れがあります。

台風は中心気圧の数値が低いほど発達していることを表しますが、
去年、近畿地方に暴風による甚大な被害をもたらした台風21号は、中心気圧が955hPaでした。
また、先日、千葉県に甚大な被害をもたらした台風15号は、
上陸時の中心気圧が960hPa(速報値)なので、
それを上回る強さになるかもしれません。
過去の台風と比較してもトップレベルの強さです。

関東
16c04a75e88ab8cf9ab4700c5e33feaf

接近が週末ということで、まだ2日~3日ほど時間があります。
生活に必要な水や食料の備えなどをいまのうちに行うようにお願いします。

藤枝知行
https://www.weathermap.co.jp/caster/fujieda-tomoyuki/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
☆ウェザーマップ YouTubeチャンネル☆
天気予報やお天気キャスターによる楽しい
動画を配信!チャンネル登録お願いします
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー