こんにちは!

自称日本一牛乳好きの気象予報士、森戸美唯です!

 

皆さんは、どこで季節を感じますか?

 

私は、きのう、ようやく秋の訪れを感じました。

 

これです。

IMG_2151

 

そうでしょうとも。

これは私にしかわからない秋です。

 

一応、説明しますと、

これは、私の所属しているサークルが、学祭で活動した残骸です。

 

ちゃんと掃除しろよって話ですが(笑)

まあ、一つくらいはご愛嬌でしょう。

 

 

なぜ、これに秋を感じるのか。

それは、学祭が私にとっての秋の風物詩だからです。

 

毎年11月の頭頃、多くの大学で学祭が行われます。

11月の頭といえば、残暑も終わり、段々と葉も色づく頃

だから学祭は、私にとって、秋の訪れを実感できる日なんです!

 

そんな学祭が、先週末、私の大学でも行われ、大盛り上がり! 

…だったはずです。

 

実は…

今年の学祭は、卒業制作や仕事でバタバタしているうちに、顔を出すことすら出来ず、終わってしまいました。(´・ω・`)

 

だからこそ、祭りの跡を感じることのできるこの残骸に、秋を感じたのです。

 

 

先述の通り、これは、私にしかわからない秋の訪れです。

 

もちろん、気象庁は、秋を9月から11月と定めていますし、気温も気圧配置も、だいぶ前から秋めいていることを知っています。

しかし、それは、知識の言う「秋」でしかありません。

 

知識が教えてくれる「季節」も素敵ですが、

自分で感じる季節のほうがずっと重要だと、私は思います。

 

皆さんにも、メディアや常識が言う「季節」ではない、自分にしかわからない季節があるのではないでしょうか?

 

気象予報士として、「季節」や「旬」に敏感でいようと、日々を過ごしていますが、

人によって、何が季節かは違うんだということも忘れないでいたいです。

 

 

以上、

サークルのグループLINEに続々と送られてくる楽しそうな写真を見て、秋の訪れと共に秋の寂しさを感じた森戸がお届けしました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
☆ウェザーマップ YouTubeチャンネル☆
天気予報やお天気キャスターによる楽しい
動画を配信!チャンネル登録お願いします
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー