盛岡の大隅です。

2020年になって、早いもので2週間経ちました。

今年は全国的に暖冬で雪が少なくなっていますが、それでも岩手県のスキー場は、自然の雪だけで滑走を楽しめる所が多くなっています。

岩手県の雫石スキー場ではナイター営業もしています。

2010年1月12日雫石スキー場
      112日(日)撮影 岩手県・雫石スキー場


120日(月)は、二十四節気の大寒(だいかん)で、1年で最も寒い頃です。
まさに寒さの本番はこれからです。
しかし、気温とは逆に、冬至以降、日は長くなっています。
去年の冬至からきょう(14日・火)にかけて、昼の長さがどれだけ長くなったか、盛岡でみてみます。

盛岡

日の出

日の入

昼の時間

去年1222

(冬至)

午前653

午後415

9時間22

今年114

午前655

午後433

9時間38

23日で16分、昼の時間が長くなっています。

つまり、1日で約42秒、日脚が長くなっています。

そして、621日(夏至)に昼の時間が1年で最も長くなります。昼の長さ 国立天文台
                    国立天文台HPより

今は、盛岡では、午後4時を過ぎると暗くなりますが、日脚は着実に伸びています。

寒さが厳しい北国だからこそ、日が少しでも長くなるのが嬉しく感じられるのかもしれません。

 

 

 

大隅智子

https://www.weathermap.co.jp/caster/osumi-tomoko/


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
☆ウェザーマップ YouTubeチャンネル☆
天気予報やお天気キャスターによる楽しい
動画を配信!チャンネル登録お願いします
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー