こんにちは。

香川県の鈴木悠です。

 

ここ数日は全国的に暖かく、続々と各地の桜が開花しています。

東京では22日に桜が満開となり、春本番の便りが届いていますね。

 

皆さんは「春」の語源って知っていますでしょうか?

 

主に2つの説が有力で、①「晴る」②「張る」だと言われています。

 

「晴る」は読んで字のごとく、晴れるという意味です。

冬のどこか弱々しい日ざしから、暖かく力強い日ざしが戻り、光に春が感じられることが由来と言われています。

20200323_1
写真1:高松は暖かい日ざしがたっぷり届いています(令和2年3月23日/鈴木悠撮影)

②「張る」は、気温が上昇してきて草木の芽も膨らんだ状態を表しているそうです。

ちなみに、英語で春は「Spring(スプリング)」と言います。

こちらも「発芽する」や「バネなどが跳ねる」という意味を持っているそうですよ。

 

この時期の草木の代表、香川県の桜はこの週末でかなり成長していました。

高松地方気象台はきょう23日、高松市・栗林公園(りつりん・こうえん)にある桜前線標本木で5輪の桜が咲いたとして、桜の開花を発表しました。

20200323_2
写真2:開花が発表された栗林公園の桜前線標本木(令和2年3月23日/鈴木悠撮影)


全体的には、まだつぼみのものが多く、春の語源通り花芽は張ってきている様子でしたよ。

高松の桜は42日ごろ満開の予想で、331日~47日ごろが見ごろになりそうです。

 

あす24日も西日本を中心に日ざしは暖かく感じられる所が多いでしょう。
まだ開花の発表のない地域でも、春の便りが届くかもしれませんね!

▼各地の桜開花・満開予想はこちらから

鈴木悠


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
☆ウェザーマップ YouTubeチャンネル☆
天気予報やお天気キャスターによる楽しい
動画を配信!チャンネル登録お願いします
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー