こんにちは、長崎の野仲です。

土日は九州南部を中心に大雨、再びきょうもまとまった雨量が予想されています。
九州は本格的な大雨シーズンになりつつあります。気を引き締めていきましょう。

さて雨といえば、別名「雨降り花」ことシロツメクサ。四つ葉のクローバーが有名です。
最近は感染者が減ってきましたが、完全なるコロナウイルス収束を願い、四つ葉のクローバーを探すことにしました。

四つ葉のクローバーに出会える確率は、約1万分の1~10万分の1といわれています。
ただ一般的に

①人のいない草原よりも公園や学校などに生えやすい
(葉のもととなる「原基」が人に踏まれて傷がつくことで4枚になりやすいから)
②四つ葉と同じ茎でつながっている葉は四つ葉になりやすい

という特徴があるようです。

今回は②に注目し
あるところにはある  ないところにはない」作戦を決行。
シロツメクサが自生しているスポット1つに対し、費やす時間は約1分間とします。
つまり少し探して見つからなければそのエリアはそそくさと諦める方針です。

まず一つ目のスポット。うーんなさそうです。

四つ葉5
           
            写真1. シロツメクサ①(長崎市内、5月13日撮影)

二つ目。他の雑草が多くて非常に見つけにくい。断念。
四つ葉4
       
            写真2. シロツメクサ②(長崎市内、5月13日撮影)

三つ目。
四つ葉3

            写真3. シロツメクサ③(長崎市内、5月13日撮影)

開始早々30秒足らずで四つ葉を発見!
周辺もあるはずだと探したら…もう一つ四つ葉を見つけました。

598f9af311e9c4d4ae4534ad65ec547b
四つ葉2

      写真4.  1枚目の四つ葉と2枚目の四つ葉

こんなに連続して四つ葉を発見したのは初めてな気がします、嬉しいですね。

今回は運が味方してくれたからかもしれませんが、諦めが肝心なこの作戦、よさそうです。
お散歩がてら、皆さまもお試しください。

ただそもそも確率が低いうえに…
道端で一人四つ葉探しをするのは少々気が引けるかもしれません。

そんな方にピッタリ!
おうちで四つ葉が生えやすいクローバーを栽培することができるようです。

四つ葉  

         写真5. 種をまいた直後の四つ葉栽培キット(5月16日撮影)

四つ葉が芽生えるのはおよそ2~3か月後とのこと。
そのころには、少しでも多くの方にいつも通りの幸せな日常が戻っているといいです。

参考文献
左巻健男「世界一トホホな科学事典」西東社(2019)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
☆ウェザーマップ YouTubeチャンネル☆
天気予報やお天気キャスターによる楽しい
動画を配信!チャンネル登録お願いします
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー