こんにちは、津田紗矢佳です。

東京に戻ってきてから、東京の地理を勉強する日々です。
そんな毎日の中で、私は"あること"に気づいてしまいました。

東京23区の一つ、荒川区には"あるもの"が無いのです。

 

荒川区

 

足立区や北区にはあるけど、荒川区には無い。
何なら県境をまたいだ さいたま市にもあるけれど
荒川区には無いもの。

実は!なんと!
荒川区には「荒川」が無いのです!

 

北区岩淵水門付近

▲北区 旧岩淵水門付近から見た荒川

 

地図で見ると一目瞭然です。

 

荒川区

▲荒川区の北縁に接するのは、荒川ではなく隅田川。

 

そんな馬鹿な!荒川区なのに荒川が流れていないだなんて!
調べてみると、この"荒川矛盾問題"のカギを握るのは
治水であることが分かりました。

実は、現在の「隅田川」がもともと「荒川」と呼ばれていた川で
以前は、荒川区に荒川がちゃんと接していたんです。

 

隅田川

▲荒川区 尾久橋通りから見た隅田川(旧荒川)

 

荒川は昔、その名前があらわす通り「荒ぶる川」で
大雨により氾濫を繰り返してきました。
特に1910年は、台風などによる大雨で大洪水となり
東京だけでも150万人以上が被災したそうです。

この甚大な大洪水をきっかけにして、東京の街を水害から守るため
旧荒川に、人工の川=荒川放水路を作る計画がスタートしました。

その人工の川こそが、今日の荒川です。
旧荒川は隅田川に名前が変わり、現在に至ります。

地名の不思議から見えてきたのは、
川の歴史と災害から人々を守りたいという想いでした。

 

気象予報士 津田紗矢佳
https://www.weathermap.co.jp/caster/tsuda-sayaka/ 


【参考文献】
荒川下流河川事務所『荒川放水路変遷誌』201110
浅井建爾『東京23区境界の謎』(自由国民社)

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
☆ウェザーマップ YouTubeチャンネル☆
天気予報やお天気キャスターによる楽しい
動画を配信!チャンネル登録お願いします
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー