こんにちは、片山美紀です。

 

こちらは、わたしの2020年のスケジュール帳です。

中身は、ほぼまっ白・・・()!!

20200906_192155



20200906_192221



今年は色んな予定をキャンセルし、

旅行やイベントの計画を立てられなかった方も多いのではないでしょうか?

そんな2020年も残すところ、約3か月半。

 

空きの多いカレンダーですが・・・・
気象予報士の私がちょっと注目している日程をご紹介します。

 

925日 北海道・旭岳の初冠雪の平年日

この知らせを聞くと、本州ではようやく秋が始まったばかりなのに、
北はもう冬だということを思い知らされます。
この頃は、紅葉と雪のコントラストを楽しめることもあるそう。

 

 

 

 

930日 富士山 初冠雪の平年日 

日本一標高の高い富士山。
近年は10月に入ってから「初冠雪」が観測されることも多いですが、ことしはどうなるでしょうか。
秋が深まると、よく晴れて東京から富士山の姿を見られる日も。
少しずつ雪化粧の範囲が広がる様子を見るのが楽しみです。


20200110_131957

 

 

1012日 東京 真夏日の最晩記録

東京で最も遅く、最高気温が30℃以上の真夏日となったのは、
2013年の1012日で、31.3℃まで上がりました。
最新の1か月予報では、関東は平年より気温が高めの傾向。
秋は少しずつ深まりそう
ですが、10月半ばを過ぎて真夏日となると、
かなりめずらしい記録となります。

 

 

 

1130日 台風が最も遅く上陸した日

1951年以来、台風が最も遅く上陸したのは、師走の直前。

1990年の1130日、台風28号が和歌山県白浜町の南へ上陸しました。

ことしは、きょうまでに台風は11個しか発生しておらず、平年よりも発生のペースはゆっくり。
しかし、日本の南海上の海面水温は27℃以上あり、
まだまだ台風シーズンは続くと考えておくべき
です。
温暖化が進み、いつかこの記録を塗りかえる日が来るのでしょうか。


kaimennsuion


1124日 東京で11月に初積雪

 

2016年の1124日。真冬並みの寒気が流れ込み、関東で広く雪が降り、東京で初雪に。
さらに、この雪が「積雪」となりました。
11月の積雪は観測を開始した1875年以来初めてのことでした。

この年は私が気象予報士の仕事を始めた年。

湿って水分を含んだ雪を眺めつつ、こごえながら外を歩いたことを覚えています。

 

先日、気象庁は、ラニーニャ現象が発生したとみられると発表しました。
3年ぶりの発生で、冬にかけて続く可能性が高くなっています。
ラニーニャ現象の発生時、日本では冬の寒さが厳しくなる傾向があります。
いつまでも暑いと思いきや、冬の訪れが急にやってくるかもしれません。

 

 

過去の記録と比べ、ことしの季節の進み具合を伝えるのも、気象予報士の仕事のひとつ。

 

少し気が早いですが、気象の視点から、残りの2020年を味わうのはいかがでしょうか。

片山美紀(https://www.weathermap.co.jp/caster/katayama-miki/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
☆ウェザーマップ YouTubeチャンネル☆
天気予報やお天気キャスターによる楽しい
動画を配信!チャンネル登録お願いします
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー