こんにちは、山口県の山崎です。

とある天気予報。
「あすの予想最低気温14度
 あすの予想最高気温15度でしょう。」

この予報を聞いて、“あぁ、あすは一日気温が横ばいか”と思う方が多いでしょう。
そう思われた方は、次の日の夜に凍えて帰路につくことになるかもしれません。

実は、あすの予想気温は、0時から24時の間の一番低い気温と高い気温を予想している・・わけではありません。

正しくは、
「予想最低気温」:翌日0時から午前9時までの間の最低気温
「予想最高気温」:午前9時から午後6時までの間の最高気温
です。
つまり、翌日18時以降の気温は、予想に反映されないのです。

例を考えてみましょう。
図1

(図1)気温は朝が最も低く、昼過ぎが最も高い場合

翌日の気温時系列が図1のように推移すると予想されたとします。
一番ポピュラーな形です。これは、
予想最低気温14度(午前0時~午前9時の間の最低気温)
予想最高気温20度(午前9時~午後6時の間の最高気温)と示されます。


では、この場合はどうでしょう。

図2
(図2)朝よりも夜の方が気温が下がると見込まれる場合

これも、図1の場合と同様に
予想最低気温14度、予想最高気温20度と示されます。

最低気温は午前0時から午前9時のため、午後18時以降に14度未満になることは、予想対象になっていないんです。
そのため、予報が外れた!という印象が強くなりがちですが、考え方の都合やむを得ないことなんです。


では、この場合はどうでしょう。
図3

(図3)日付変わったころが最も気温が高く、夜が一番低くなる見通しの場合

これは、最低・最高気温ともに17度になります。
午前0時から午前9時の最低は、午前9時の17度。
午前9時から午後6時の最高は、午前9時の17度。
だからです。
一日の気温は“横ばい”とは対極の“右肩下がり”なのに、違和感ありますよね。
(実際に横ばいと予想されている時もあります)

それでは、一般の方は本当の最低気温を知れないのか。
これから天気予報をご覧になる時、予想最低気温と最高気温の差に注目してみてください。
この差が小さい(だいたい2度くらい)時は、あすは朝よりも夜の方が寒くなるパターンの可能性があります。
予想気温に騙されず、体調崩さないようにお気をつけください。

=============================

【参考】 

気象庁 予報用語

 

山崎貴裕 https://www.weathermap.co.jp/caster/yamazaki-takahiro/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
☆ウェザーマップ YouTubeチャンネル☆
天気予報やお天気キャスターによる楽しい
動画を配信!チャンネル登録お願いします
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー