www.keikosan.com - ボローニャ、ときどき大阪

Keiko Ichiguchi's Blog - イタリアのボローニャで漫画を描いたり本を書いたりして暮らしています

8月6日、私の育った家がなくなりました。 将来のために、可能な限り色々たくさんのことを考えて決めた実家の建て替えですが、やはり、想像していた以上に、住み慣れた家がなくなるというのは、なんともいえない経験で。 Il 6 agosto, fisicamente è scomparsa la casa dov ...

突然ですが、実は2年半前から、目がよく見えていません。 Confesso che non riesco a vedere bene ormai da due anni e mezzo. といっても、”一般的な”日常生活には問題ないのです。ただ、至近距離が見えない。 Ma per condurre una vita quotidiana “in generale” non ...

日本とイタリアの間を行ったり来たりしている今年、なかなかブログの更新もままなりませんが、これだけはやっぱり書いておこうと思いました。 Quest'anno sono incasinata facendo avanti e dietro tra Italia e Giappone e faccio fatica ad aggiornare il blog, ma questo ...

「おい、こんなもんあったぞ」 父が実家の片付け中に偶然見つけてきたのがこれでした。 “Guardate che cosa ho trovato." Mio padre, mentre stava pulendo la casa vecchia da rifare, ha trovato per caso questi. 日本の古い紙幣とコイン。 Sono i vecchi banconoti e u ...

「ボローニャ、ときどき大阪」ではなく、「ボローニャ、ほとんど大阪」な今年です。さすがにくり返して極東とヨーロッパを往復してると、時空が吹っ飛んだ感じになります。「あれ?昨日どこにいたっけ?」「イタリアにいたはずだけど、夢だっけ?」と、記憶の一部がすっぽり ...

長年住んだ家の片付けは、ことさらに時間がかかりますね。とにかく昔のモノが山ほど出てくる。 思い出に浸っちゃいけない。とっとと使わないものは処分しよう!というのが、片付けの鉄則らしいのですが、こういうのが出てきたりすると、ついつい、母との思い出話にも花が咲こ ...

実家建て替えのために、45年住んでいて家から仮住まいへと引っ越しました! 引っ越しの騒動は国内国外問わず同じなので省くとしても、これは日本にしかないよなあ、と思ったのが「方向」です。といっても、日本人でも気にしない人は気にしないんだけれど、実家からみた仮住 ...

今、とんでもなく疲れています。というのも、明日が実家の引っ越しなのです。 私は24年前に出てしまった家ですが、両親はここに45年間住んできたわけで、そこにたまったものというのは、必要不要にかかわらず、彼らの人生であるわけで。 In questo momento sono esausta perc ...

この間の大雨で橋梁上の線路が歪んでしまい、地元を走る近鉄南大阪線が運休しました。滅多に運休しない路線で、しかも地元民にとっては唯一の足なので、もう大変!いつもは30分ほどで通勤している友人が、3時間かかったほどでした。なんてったって橋脚が歪んだらしく、も ...

PCの中の写真を整理していたら、ブログにいつかアップしようと思っていた写真がたくさんでてきました。そのうちの一つがこれ。 Mettendo in ordine i file dentro il pc, ho trovato un sacco di foto che volevo mettere nel blog. Questo è una di quelle. 腰痛緩和のた ...

家について、イタリアと日本の事情の違いを再認識しました。 Riguardo alla situazione degli immobili, mi sono resa conto di nuovo la differenza fra quella giapponese e quella italiana. 大阪郊外、私の地元。 マンション増えるも、いまだに一軒家多し。 同じ市内で ...

↑このページのトップヘ