2016年01月01日

所持ボードゲーム2015年分

ちょくちょくこの記事を更新して感想を埋めようと思います。

◆は未プレイ

アーキペラゴ
 
アーサ王
 
あいだの数
 
アウフアクセ
 
◆アドベンチャー人類(カタンヒストリーズ原始の冒険者たち)
 
アグリコラ 牧場の動物たち【もっと】【もっともっと】
 
アブルクセン
 
アメリゴ【ミニ拡張1】【ミニ拡張2】【ミニ拡張3】
 
◆蟻の国
 
アルルの丘
 
◆アンタークティカ
 
イスタンブール【コーヒーとお恵みを】
 
1号線で行こう
 
祈り、働け
 
インフェルノ
 
陰謀
 
ウサギとハリネズミ
 
エジツィア
 
エルダーサイン
 
◆エラズンド
 
エルグランデビックボックス
 
エルフの玉座
 
大家はつらいよ
 
お邪魔者3対決
 
カエサルクレオパトラ
 
カルカソンヌ【伯爵、王、一味】
 
◆カルカソンヌキッズ
 
キーフラワー【キーセレステ号】
 
キング・オブ・トーキョー 【パワーアップ】
 
ギンコポリス
 
グラスロード
 
クラフトワーゲン
 
クランス
 
GREEN
 
グリモリア
 
グレンモア
 
ゴォ〜スト!
 
ごきぶりポーカー・ロイヤル
 
古代ローマの新しいゲーム
 
コンコルディア【拡張】
 
コンチネンタル エクスプレス
 
◆砂漠を越えて
 
サンタクルーズ
 
シティビルダー
 
シドマイヤーズ・シヴィライゼーション【富と栄光】
 
◆シトラス
 
十二季節の魔法使い【魅ノ国】【運命の行方】
 
スカイアイランド
 
スターレルム
 
スペースビーン
 
スモールワールド
 
◆世界の鉄道カードゲーム
 
世界の七不思議 デュエル
 
倉庫の街【波止場の倉庫】
 
◆ダークテイルズ【白雪姫】【赤ずきん】
 
タイタンズ
 
タイムライン
 
タルバ
 
楽しい動物園
 
チャイナ
 
テーベ
 
テラミスティカ【氷と炎】
 
トイレ
 
髑髏と薔薇:赤箱
 
◆ドスリオス
 
ドミニオンマスターズ・ニトロプラス 【+】【multi】
 
ドラゴンイヤー
 
◆ドラゴンハート
 
トライヤヌス
 
トリックマイスター
 
ナイトクラン
 
ナヴェガドール【ミニ拡張】
 
七つの印
ビット式の失点トリックテイク。何色のカードで何トリックを取るかをチップを取ってビットする。たまに全員がうまくいくとなんか協力ゲームをやっている気にもなる。
ニエット
ペアのトリックテイク。ルールは消去法で決める。ソビエトロシアテイストなイラストがイカス。
ニムト20周年
 
ノートルダム
 
◆ノッティンガム
 
ノミのサーカス
 
パカルのロケット
 
パッチワーク
 
八分帝国
 
バザリ
 
バザリカードゲーム
 
パシフィックタイフーン
 
◆ヴァス・シュティッヒ
 
バトルライン
 
薔薇の名前
 
ヴァルキリーストライク
 
ビックショット
 
ピラニアペドロ
 
ブクブク
 
豚小屋
 
ブタなかま
 
◆プラムの法則
 
ブリッジトロール
 
ブリュージュ(ブルッへ)【ズウィンに面した街】【動物】
 
ブループリント
 
ブルゴーニュ【ミニ拡張2】【ミニ拡張4】【ミニ拡張5】
 
◆ブレーキングアウェイ
 
フレッシュフィッシュ新版
 
ペッパー
 
ペロポネソスカードゲーム
元のゲームからボードを取り払ったが対してゲーム時間は減ってない。コンポーネントが小さくなったのがいい。災害が起こってちょうど悪いタイミングで供給フェイズが来ることが多々ある。
ヴェルサイユ
 
フォーセール
 
ポートロイヤル
 
ポテトマン
 
◆ボラボラ
 
◆ポルタニグラ
 
マカオ
 
マメじゃないよ
相手に失点を押し付けた結果、後で失点を押し付けられることがよくある。かなりお仕事ゲーなところもあるけどそもそも短時間で終わるゲームなので問題ないかと。
マルコポーロの足跡【ミニ拡張】
 
ミュー&メアー
 
村の人生【酒場】【港】
 
メキシカ
 
メディチ
 
酔いどれ猫のブルース
 
四つの評議会
 
RA
 
らくらく大統領になる方法
 
◆ラムと名誉
 
ルーム25
 
◆ル・アーブル
 
ル・アーブル内陸湾
 
LUNA
 
レス・パブリカ:2230AD
不自由な交渉ゲーム。クニツィア先生らしいゲーム。とてもリメイク元はカードだけだったけど個人ボードが追加された。
ルマコルサ
 
レジスタンス・アヴァロン
 
ローゼンケーニッヒ
二人用変則陣取りの名作
ローマ革命
 
ロールフォーザギャラクシー
 
ロイヤルグッツ
拡大生産ゲームの要素を削りまくったカードゲーム。このターンに出る資源がランダムなので運要素はかなり強い。
ロココの仕立て屋
 
私の世界の見方
大喜利ゲームだけど、回答はカードを選ぶだけなのでシンプル。
ワニに乗る?
 

以下は同人。

Alicematic 総選挙!
 
AHHBANG!!
 
あやつりキングダム
 
アルス=アルキミア
 
アルパカバーガー
 
アルパカパカパカ
 
いぎょらっと
 
エイジオブクラフト【#1~設計と来訪~】
 
エイジ・オブ・リバイブ
 
エウレカシティー!
 
◆江戸職人物語
 
OWACON
 
◆カルドロン
 
◆カラフルメモリーズ
 
◆鋼鉄と火薬
 
SEARCH(Manifest Destiny製)
 
小学生中学年大戦争
 
◆スーパーアブダクション
 
スーパーニート大戦
 
ステステレイルロード
 
Three iDOL Memories
 
◆星刻のレムリア
 
◆セブン
 
卒業method
 
ダンジョンオブマンダム
 
小さな魔女とふしぎなお家
 
ティロ・ディエース
 
◆てづま師
 
どうながねこぞくの戦い【2】
 
Dragon and Bandits
 
ドラゴンストーン
 
◆名もなき魔王【ショートゲーム用拡張セット】
 
ハート・オブ・クラウン【極東・北限】【フェアリーガーデン・六都市・星天】
 
ヴォーパルス【Vicious】
 
HONNOJI
 
◆My Fair Princess
 
魔王様365日
 
マミみん〜マミさんのドキドキ☆みんな死ぬしかないじゃない!〜
 
名状しがたいクトゥルフスープのようなモノ
 
雇われギルド
 
夢の森と僕のくまさん[ええやつ版]
 
RO@D TO THE CINDERELLA【2】【3】【4】
 
ロストレガシー【百年戦争と竜の巫女】
 

Posted by ひがしさいたま at 20:49Comments(0)TrackBack(0)ボードゲーム

2015年09月30日

所持ボードゲーム201509までの分

綺麗に月四個ペースだったな。稼働率が高いので、二人専用ゲーを三つも買ってた。

  • エラズンド
  • エルグランデビックボックス
  • エルフの玉座
  • お邪魔者3対決
  • カルカソンヌキッズ
  • サンタクルーズ
  • チャイナ
  • パッチワーク
  • ブルゴーニュ
  • メキシカ
  • RA
  • ローマ革命

Posted by ひがしさいたま at 12:38Comments(0)TrackBack(0)ボードゲーム

2015年07月08日

所持ボードゲーム201506までの分

ほぼゲームマーケット2015春で買ったもの。それを除いても月2-3個買っているけどね。

未プレイもゲームマーケット購入物がメインかな。

  • コンコルディア ブリタニア/ゲルマニアマップ
  • ドラゴンイヤー
  • 村の人生:港
  • トライヤヌス
  • ブクブク
  • トリックマイスター
  • クランス
  • ロールフォーザギャラクシー
  • クラフトワーゲン
  • 1号線で行こう
  • ドラゴンハート
  • アウフアクセ
  • 砂漠を越えて
  • ピラニアペドロ
  • ペッパー
  • タルバ
  • スターレルム
  • My Fair Princess
  • スーパーアブダクション
  • ヴァス・シュティッヒ
  • カラフルメモリーズ
  • RO@D TO THE CINDERELLA 2
  • RO@D TO THE CINDERELLA 3
  • RO@D TO THE CINDERELLA 4
  • ボラボラ
  • 楽しい動物園
  • Bruges: The City on the Zwin
  • アメリゴ
  • ビックショット
  • マルコポーロの足跡

Posted by ひがしさいたま at 10:41Comments(0)TrackBack(0)ボードゲーム

2015年03月23日

ボードゲーム「薔薇の名前」のルールマニュアルを和訳

ボードゲーム「薔薇の名前」のマニュアルの和訳を練習で作ってみた。 このゲームを買ったときに添付されていた和訳がサマリーで、ルールが説明不足だったり間違っていたところがあったのでちゃんとしたのを作りたかった。 需要はなさそうだけどせっかく作ったので公開してみる。

底本は、主に英語とドイツ語。舞台説明のところは意訳がかなり入っている感じ。

Der Name Der Rose 和訳マニュアル

Posted by ひがしさいたま at 13:41Comments(0)TrackBack(0)和訳

2015年01月24日

所持ボードゲーム201501

1/11に行われた第二回名古屋ボードゲームフリーマーケットに参加していくつか中古ボードゲームを購入してきた。開幕30分くらいで有名な中古ゲームは(値切る間も無く)大体売れてしまった感じだった。

一番下の「薔薇の名前」だけフリマじゃない。

  • ワニに乗る?
  • カルドロン
  • あいだの数
  • ルマコルサ
  • タイタンズ
  • アーサ王
  • ブタのなかま
  • ナヴェガドール
  • ル・アーブル
  • 薔薇の名前

ワニに乗る? カルドロン あいだの数 ルマコルサ タイタンズ

ワニに乗る?
サイコロを振って、さまざま動物をワニの上に積むという積み木系知育ゲーム。安かったので購入。
カルドロン
I was gameの昔のレビューで気になっていたもののその後、全然入手する機会がなかったので諦めていたゲームが手に入ったのでうれしい。「カルドセプト」×「ドミニオン」÷2ぽい感じ。ボードが布なのが面白い。
あいだの数
数字の書かれた場札が2枚置かれていて、場札と場札のあいだの数のカードしかプレイできない。プレイできない場合は場札を引き取る。カードを引き取らないようにするタイプゲーム。前からちょっとほしかったので購入。未開封だった。後ろ向きの動物のイラストがイカス。
ルマコルサ
カタツムリのレースがテーマのスートが存在しないランクだけのビット系トリックテイク。それだけだとウィザードの劣化にしかならないが、このゲームではカードを全員が1枚出したあとに、再度ターンが回ってきてカタツムリに「殻をつける」ことができる。「殻をつける」とは別のカードを使用して数値の補正をしたり、勝ったり、負けたり、場札の交換ができる。 軽いゲームを求められたときにちょうどいい塩梅のゲームと思い購入。後日初心者の方との対戦に役に立ってくれた。プレイするなら人数多目の方がいいなとは思う(最大八名)。
タイタンズ
アドルング・シュピーレという会社はキャラメル箱サイズの小箱でゲームを沢山出していて(日本語になったゲームだと王宮のささやきとかフェレータとか)、この間の「100」ってゲームが100個目のゲームだそうな。その会社で ローゼンベルク作のメモリー系のカードゲームが出ていたということで気になったので購入。

アーサ王 ブタのなかま

アーサー王
今回のalea枠というかなんというか。 だいぶ前にレビューは読んでいた。書泉グランデで見かけた気がするけど、これには未開封でメビウス訳が付いていたので購入。ゲーム内容は名声を得るために都合のいい人物をアーサー王に仕立てるゲームな感じ。
ブタのなかま
前回のゲームマーケットで迷って買わなかったやつ。今度見かけたら買おうと思ったら今回見かけた。買っちゃうよ。大まかなルールは六種ある動物のなかまを集めて(1種4枚もしくは6種各1枚)得点にするセットコレクションのゲーム。

ナヴェガドール ル・アーブル

ナヴェガドール
今回買ったのは英語版のナビゲーターの方。ロンデルシステムが特徴。ポルトガル海上帝国の成立の一端を担う大航海時代のゲーム。
ル・アーブル
ローゼンベルク作の収穫三部作の第二弾。購入したのは英語版。なんと訳なし。ネット上にルールサマリーが公開されていたのでそれでなんとか遊べそう。

薔薇の名前

薔薇の名前
どうしても欲しかったのでヤフオクで落した。フェルト作の同名小説がテーマの正体隠匿ゲーム。プレイヤーはそれぞれ殺人疑惑のある修道士の一人となって、正体を隠しながらばれないように疑惑を他人に押し付けるゲーム。とりあえず修道士のイラストは全員怪しい。

「コンコルディア ブリタニア/ゲルマニアマップ」は案外出るの早かった。買った。

Posted by ひがしさいたま at 05:23Comments(0)TrackBack(0)ボードゲーム

2014年12月25日

所持ボードゲーム2014まとめ

所持しているボードゲームは、拡張含めると120個でした(今年購入が45個)。単独拡張(ハトクラとかドミニオンとかロストレガシーとか単独でプレイできるゲーム)以外の拡張除いた単独タイトルだけでは102タイトル。

記念すべき100個目のボードゲームは購入履歴を確認したところ、なんと「ウサギとハリネズミ」であることが判明。偶然の賜物。一番最初のドイツ年間ゲーム大賞じゃないか。イラストはRavensburgerの方がそれっぽいが、ルールはAbacus版が好き。

単独100タイトル目は「メディチ」。コレもいいゲーム。ボードゲーマーからはクニツィア作の三大競りゲームのひとつに数えられている。旅行に持っていくために「RA」とどちらを買うか迷って「メディチ」にした感じ。

  • アーキペラゴ
  • アドベンチャー人類(カタンヒストリーズ原始の冒険者たち)
  • アグリコラ 牧場の動物たち【拡張1】【拡張2】
  • アブルクセン
  • 蟻の国
  • アルルの丘
  • イスタンブール
  • インフェルノ
  • ウサギとハリネズミ
  • エルダーサイン
  • 祈り、働け
  • 大家はつらいよ
  • カルカソンヌ【拡張9】
  • キーフラワー【キーセレステ号】
  • キング・オブ・トーキョー 【拡張1】
  • グラスロード
  • グリモリア
  • グレンモア
  • ゴォ〜スト!
  • ごきぶりポーカー・ロイヤル
  • 古代ローマの新しいゲーム
  • コンコルディア
  • コンチネンタル エクスプレス
  • シティビルダー
  • シドマイヤーズ・シヴィライゼーション【拡張1】
  • 十二季節の魔法使い【拡張1】【拡張2】
  • スモールワールド
  • 倉庫の街【拡張】
  • タイムライン
  • テーベ
  • テラミスティカ 【拡張】
  • トイレ
  • 髑髏と薔薇:赤箱
  • ドミニオンマスターズ・ニトロプラス 【+・multi】
  • ナイトクラン
  • ニムト20周年
  • ノートルダム
  • ノッティンガム
  • ノミのサーカス
  • 八分帝国
  • バザリ
  • バザリカードゲーム
  • パシフィックタイフーン
  • バトルライン
  • ヴァルキリーストライク
  • ヴェルサイユ
  • フォーセール
  • ブリッジトロール
  • ブルージュ
  • ブループリント
  • フレッシュフィッシュ新版
  • ポートロイヤル
  • ポテトマン
  • マカオ
  • ミュー&メアー
  • 村の人生【拡張】
  • メディチ
  • 酔いどれ猫のブルース
  • らくらく大統領になる方法
  • ルーム25
  • ルアーブル内陸湾
  • LUNA
  • レジスタンス・アヴァロン
  • ロココの仕立て屋

以下は同人。

  • Alicematic 総選挙!
  • AHHBANG!!
  • あやつりキングダム
  • アルス=アルキミア
  • アルパカバーガー
  • アルパカパカパカ
  • いぎょらっと
  • エイジオブクラフト【拡張】
  • エイジ・オブ・リバイブ
  • エウレカシティー!
  • 江戸職人物語
  • OWACON
  • SEARCH(Manifest Destiny製)
  • 小学生中学年大戦争
  • スーパーニート大戦
  • ステステレイルロード
  • Three iDOL Memories
  • 星刻のレムリア
  • 卒業method
  • ダンジョンオブマンダム
  • 小さな魔女とふしぎなお家
  • ティロ・ディエース
  • どうながねこぞくの戦い【拡張1】
  • Dragon and Bandits
  • ドラゴンストーン
  • 名もなき魔王【ショートゲーム用拡張セット】
  • ハート・オブ・クラウン【拡張1・拡張2】【フェアリーガーデン・拡張1】
  • ヴォーパルス【Vicious】
  • HONNOJI
  • 魔王様365日
  • マミみん〜マミさんのドキドキ☆みんな死ぬしかないじゃない!〜
  • 名状しがたいクトゥルフスープのようなモノ
  • 雇われギルド
  • 夢の森と僕のくまさん[ええやつ版]
  • RO@D TO THE CINDERELLA
  • ロストレガシー【拡張1】

来年はこの辺出たら買いそう。ブリタニア/ゲルマニアマップはだいぶ先みたい。

  • サンクトぺテルブルク 第2版 完全日本語版
  • アメリゴ 完全日本語版
  • コンコルディア ブリタニア/ゲルマニアマップ
  • 村の人生:港

Posted by ひがしさいたま at 13:19Comments(0)TrackBack(0)ボードゲーム

2014年12月06日

ボードゲームプレイ記:アルルの丘/Arler Erde(Fields of Arle)

アルルの丘は、農業がテーマの1〜2人用重量級ボードゲーム。純粋なワーカープレイスメントのゲームである。フタリコラこと「アグリコラ:牧場の動物たち」を巨大化した感じ。1人に付き60分のゲームはなかなかの長時間ゲームだ(2人だと当然二時間ゲーム)。

舞台のアルルは南フランスではなく、北海に面するドイツ、ニーダーザクセン州の東フリースラント地方とのこと。その地方にある「アルルの丘」にあるBonifatius-Kircheがタイトルの由来のようだ。

アルルの丘パッケージ


ワーカー4個固定の9ラウンド制。夏ラウンドと冬ラウンドでアクションが違う。ワーカを使う以外のアクションもいろいろあり。このあと説明する運搬車とか。

このゲームの特筆すべき点は、積荷の概念かな。ゲーム中に下の画像のような運搬車を製造することができて、

アルルの丘2

運搬車に上に各資源タイルを積載できる。下の画像は、上段が丸太x2、泥炭(黒キューブ)と粘土(黒キューブの下)、下段が旅の目的地、布

アルルの丘3

旅の目的地はラウンド終了時(このゲームでは各プレイヤーの四アクション終了後)に示されたものを食料(青丸。トラックで管理)と交換できるタイル。おおきさもさまざま。

運搬車に置いたタイルはラウンド終了時にタイルをひっくり返して手元に戻ってくる。丸太は木材に、泥炭と粘土は、レンガに、粘土を支払えば食料2に、布は冬服に変わる。 運搬して加工されて帰ってくるという感じ。

アルルの丘4

積荷はフリーアクションとしてできる。建築材料の確保や食料の確保、勝利点の獲得としていろいろ使う場面は多い。ただし加工されて帰ってくるのはラウンドの最後なのでそこは注意が必要。四手番目で積み込む形が基本だけど。

1〜2人用重量級ゲームなのでそこに需要がある人向け。同時期に日本語版がでた「カヴェルナ」でも満たされる気もする。

アクションや建物、道具名等言語依存は結構ある。小屋タイル裏側の倉庫の説明は、説明書には点数計算のところにしか書いてなくて探すのに手間取った。円滑なプレイのために、サマリーシートは訳す必要あるかもね。


買ってから2プレイ一回ソロプレイ一回。二人プレイは考えることがすごく多かった。

ソロプレイの図。103点なので目安とされる110点に一歩及ばす。もっと建物の建設に手番を回さないとダメか…。

アルルの丘1


Arler Erde
Feuerland Spiele
2014
Uwe Rosenberg

Posted by ひがしさいたま at 00:43Comments(0)TrackBack(0)ボードゲーム

このページの上へ▲