★トップページはこちら★(リンクはこちらにてお願いします。)

December 31, 2018

★初めて来た皆様へ【TOP固定】★

今更感あると思いますが、ここの紹介を。

Blog「Real Life」は、本サイト「Stratospheres ~ストラトスフィアーズ~」のコンテンツのひとつです。(★サイト公認絵師:サチ様&Una様)
ここは、★管理人「ヒロ」の普段感じた事や、趣味の話等を書き綴るスタンスであります。
一応カテゴリー別にしておりますが、判りづらいとか、話についていけない等は「仕様」でございますのでご了承下さい_(._.)_
尚、本サイトへの移動は上記にある「TOPページはこちら」の案内をClickしてお進み下さいませ。但し携帯では表示致しません(PCビューワだと可かも?(未確認)(本URL http://stratospheres.web.fc2.com/)
もしくは右サイドのLinkからも飛べます。
そちらに各コンテンツ移動も表記してあります。
リンクもそちらの方にて宜しくお願い致します。
コメントはこちらでも、本サイトにあるBBSでも構いません(何でもいいので書いてってね、でも「荒らし」と思える書き込みは削除致します)

それではお目汚し、失礼致しました_(._.)_

wwwa234u234k at 00:00|この記事のURL

July 18, 2018

初ガジェット

大雨の次は猛暑、特に西日本の方々には辛いでしょう。
少額ながら一昨日、募金してきました。
東日本大震災の募金も毎年続けてるのですが、今回の西日本豪雨も何年復興に費やす事になるのか、想像尽きません。
毎年豪雨被害があり、毎年復興工事続けてる箇所が今も彼方此方あるのに、今回はまた大規模な被害。
これじゃいつまで経っても、日本から復興事業が終わりませんね・・・。
今回、九州、四国、中国地方が特に酷いと聞いてたのですが、リアルの友人が岡山におりまして、流石に不安になり数日前メール送りました。
同じ雪歩ファンという事もあり、一番新しい友人でもあるのですが、健在だと返事が来て安心した次第です。家屋も無事で何でもないとの事でした。
まだ7月、これから台風と大雨、そして猛暑の季節だと言うのに、既にこの状況です。
皆さん、お互いに気をつけてきましょう。

本当はサッカーW杯の締めのブログでも書こうかと思ってたのですが、色々思う事もありやめました。
一つ言える事は、日本はイングランドの立場まで勝てた可能性あったW杯だったな〜と言う事。
ある意味、イングランドは勝負の駆け引きが上手かった。
そういう「したたかさ」も強さの一つであり、決してズルとか卑怯ではない。
日本はいい勉強したと思います。

さて、もう今年も上半期終わったのですが、昨年末から今年始めにかけて、私は普段いつも持ち歩く、身に付けるモノを更新しました。
特に長年の懸念だった「財布」を更新した事は大きい。
他には、腕時計、いつも持ち歩くセカンドバック。
この鉄板の3アイテムを更新したのです。
財布もバッグも何と各4000円以下で、良い商品ゲット!
探せばあるものですねぇ・・・やっぱ探すのは大事!
値段的には腕時計が一番高いのですが、いつか紹介しようと思います。

今回紹介するのは、人生初ガジェットを入手しました。
先々月の5月に入手です。
dtab Compact d-01J 実物1
「dtab Compact d-01J」
そう、タブレットです。
人生初タブ。
実は元々、入手予定なかったのです。

というのも、私はスマホですけど、今年で丸5年使い続けてまして、そろそろ機種変しようと思ってたのです。
で、ポイントも貯まってたのですが、何と5月一杯でポイントの一部が自動消失すると連絡がありました。
これはイカン!と思った私は、どうせなら機種変しちゃおうか!と思い、ドコモショップへ。
で、店員さんに、ポイント切れそうなので機種変したい事を相談する。
しかし私の欲しい機種が夏発売!と知り、ポイント失効時期に間に合わない事が判明。
さてどーするか・・・と思ってた時に、

「じゃタブレットでも買いません?」と言う店員。
「いやいや、タブレットなんていらないし」
「でも、ポイント無駄にするよりいいじゃないですか」
「そりゃそうだけど・・・普通に高いし」
「いえいえ!、今当店ではタブレット4000円ですよ!」
「( ´_ゝ`)フーン・・・・Σ(´∀`;)え!」

どうもタブレット激安キャンペーンやってるとの事。
それも今月(5月)一杯!だという。
ちなみに私が来店したのは5/25
「しかし通信費がスマホ以外にかさむ事になるじゃん?」というと・・・
「今のスマホ料金見直しましょう!」と言われ・・・
え!・・・今のスマホ通信費、こんな下がってるの? と、驚きましたよ私。
何せパケットは、全然使ってなかったしねぇ・・・。
月0.2メガちょいしか使ってなかった私。
だってさ、このスマホ契約当時、最低3G契約しかなかったんだもん!。
それが今や1G契約OKになってるし・・・。
友達いないから、通話もほとんど使ってないし(オイ!)
しかも長期契約客でもある私は、一番上の割引会員という事で、基本料金も値下がる事を知る。
結果、タブレットと二重契約しても今までの通信費と同等か安くなるというね・・・これはもう驚きですよ。

まぁ店員の口車に乗った事もあり、上記の画像のタブレットを貰った。
家にWi-Fiもあるので、通信費は実質かからない計算だ。
2年契約縛りがあるのだが、2年後に契約を切れば基本料も無くなる事を見越しての契約となった。

ちなみに箱の状態ではこんな感じ。
dtab Compact d-01J


そして手に持った状態。
dtab Compact d-01J 手に持つ
おお、片手で持てるぞ!。
ちなみサイズは8.4インチ。
WQXGA(1600×2560)という高画質で、私のPCモニターより、この小さいタブレットの方が性能上である。
容量は32Gで、何げに人生初の指紋認証機能付きだ。
メーカーはどこかと思ったら・・・Huawei製だった。
とうとう私も嫌な中国製を持つ事になった。
これも時代とはいえ、悲しい事だ。
元々は昨年の2017年夏モデルという事を知り、まだ新しい機種である事が分かった。
8.4インチもあるのに、片手で持てる、持ちやすいデザインにしてる事には好感を持った。
背面を曲面にするなど、実に良く工夫されている。
アウト、インカメラが両方共800万画素。
私の場合、写真はスマホで撮影するしタブレットで撮影する事は無いけど、贅沢言えばアウトカメラは1200万画素位は欲しかったかな。

専ら視聴やネットサーフインしか使わないけど、実に高画質でサクサク動く。
私のヘボWi-Fiでも、ニコニコやYouTube、Amebaがサクサク見られるのは、嬉しい誤算だった。
ただいつもPSVitaで、動画視聴してたので、それが大画面になっただけでもある。
要は他のタブレットの使い方を知らないのだ。
ソシャゲとかも余裕で出来るらしいけど、私はソシャゲ興味ないしなぁ・・・。
セカンドPC・・・とまでは性能は無いけど、急場な時には使えるガジェットではあるなと認識した次第。
早速保護フィルムや保護カバーを付けた。
出先に持ち出し出来るという意味では、私の生活面が少し進化したかもしれない。

価格、ドコモでは元々3万円台後半で発売してたようだ。
でも私の時にキャンペーンとはいえ、4000円で出してた事を考えると、あまり売れず在庫処理の意味合いが多かったのかもしれない。
その分、トクしたとも言えるけど。
現在Amazonでは13000円程の価格になってるので、それなりの値段で今も発売しているようだ。
私はラッキー?だったかもだし、そう思う様にする。

結局、スマホを予約してはいたのだけど、後にキャンセル。
どうも、今後の国の指示で2年縛り等が来年春頃に廃止になるようで、その動静を見てから機種変する事に決めました。
失効ポイント分は使い切ったし、残りのポイントは来年10月まで貯められると知った事もあり、それなら来年秋に機種変しようと決めた次第です。
流石に今のスマホもOSが古くなり、サイトやアプリもフォロー対応しなくなってきたトコが増えてしまって、不便ではありますが、来年10月まで我慢して使おうと思います。
しかし丸6年半、同じ機種を使い続けるのは初めてですね。
問題は、機種変で生じる分割払いが通信費上乗せになる事。
少しでもポイント貯めて、お金も貯めて、分割払いのお金を安くしたいです。

July 07, 2018

意欲作あった春作品

まだ終わってないし、何クールなのか判ってない作品もありますが、春アニメ批評。
もう夏作品も始まってるし、早めに。
まずは、見た作品一覧。

・A.I.C.O. -Incarnation-
・カードキャプターさくら クリアカード編
・ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン(GGO)
・お前はまだグンマを知らない
・キューティーハニーユニバース
・グラゼニ
・グランクレスト戦記
・ゴールデンカムイ
・ハイスクールD×D HERO四期
・バジリスク 〜桜花忍法帖〜
・ひそねとまそたん
・ヒナまつり
・メガロボクス
・ラストピリオド-終わりなき螺旋の物語
・宇宙戦艦ティラミス
・鬼灯の冷徹二期の2
・銀河英雄伝説
・蒼天の拳
・食戟のソーマ三期の2
・ダーリン・イン・ザ・フランキス
・シュタインズ・ゲートZERO
・ペルソナ5
・異世界居酒屋「のぶ」
・七つの大罪 二期
・ブラッククローバー
・信長の忍び三期
・僕のヒーローアカデミア三期
・フルメタルパニックinvisible victory

計28作品・・・多いわ(ーー;)
ただし、まだ放映中なのも多くあり。
あくまで最終回まで見終わった作品のみ評価します。

佳作扱い
・グラゼニは、野球アニメとして新しい。
プロ野球でも厳しい現実をコミカルに描いている。
しかし三冠王の落合の息子の声優さん、子供の頃はボンボンのムカつくガキだったけど、声優となっての演技は素晴らしいと思いました。
・グランクレスト戦記は、水野良原作という事で、あのロードスの人。
この作品、あまりに端折りすぎて全然感情移入出来ず勿体無い作品だった。
声優も新人ばかりなのもなぁ・・・でもこれ、脚本というかシリーズ構成悪すぎだと思う。
もうちょっと判りやすく作って欲しかった。
・ダーリン・イン・ザ・フランキスは何処かで見た作品のパロという感じで、正直微妙な評価なのだけど、若い人には人気あるみたいね。
やっぱ私は歳取りました(^_^;)
でも、王道抑えた演出や盛り上げ方は鉄板だったし、敵の設定は新しかった。
なので最後の展開には正直驚いた・・・なんか昔のガイナックス見てる感じw

入選扱い 感想書きたいけど、長くなるので割愛。
・宇宙戦艦ティラミス
・鬼灯の冷徹二期の2
・銀河英雄伝説
・七つの大罪 二期

特選扱い
A.I.C.O. -Incarnation-
A.I.C.O. -Incarnation-
Netflix (以下ネトフリ)の配信専用アニメ。
時代ですねー、Amazonプライムに加入してるけど、ネトフリ加入も検討したくなるよ。
やはり地上波の制約を受けないという作風の作り方は、今後の新しい時代の放送形態だと思う。
この作品は、自己増殖する免疫細胞との戦いと、その宿主の謎と、面白かった。
人を選ぶのは、実にネット配信専用作品だけな事ある。
海外資本のせいか、資金も潤沢のようで作画レベルも高い。
SFが好きなら是非オススメしたい。
ただし、本当に見る人を選ぶ作品。

B:The Beginning
B:The Beginning
またネトフリなんだよなぁ〜・・・。
これもかなり人を選ぶけど、面白かった。
マーティン・フリードマンがテーマ曲担当で、豪華すぎる。
演出がとにかくスタイリッシュで、地上波では無理だね。
刑事モノの推理モノかと思えば、とんでも設定のキャラの登場と、あまり推理する必要感じない作品でもある(苦笑)
推理モノ等が好きなら、興味あれば見て欲しい。

ヒナまつり
ヒナまつり
いい意味で今期最大のダークホース作品。
正直、何が目的なのか判らない作品だけど、安心?してダラっと見られる作品。
シュールな笑いは日本人特有のネタなので、外人には判らないと思う。
ただ主人公の住むタワマンは羨ましいと思った(笑)

ゴールデンカムイ
ゴールデンカムイ
北海道を舞台に繰り広げる、財宝を追い求める物語。
アイヌ人の少女と、帝国陸軍の兵隊との奇妙なコンビ。
財宝を求める中、様々な刺客が二人を襲う。
感動したのは、アイヌ語を本当に喋ってる事。
声優、相当凄いし、アイヌには文字の概念が無いので、よくイントネーションとかこだわって喋ってると思った。
アイヌ文化とかも詳しく描写しており、実に興味深い。
アイヌ人は私も数人しか会った事なく、ここまで深い描写されたアイヌ人のアニメ化は、史上初ではないでしょうか。
秋から2期放送始まるとの事で、とても楽しみ。
今度は夕張に行くという、いいトコで終わってるので、期待したい。

春作品は、フルメタ四期や、シュタインズ・ゲート等、大作続編も続いてるし、個人的に盛り上がりました。
夏作品、秋作品も大作が待ってるので楽しみです!

wwwa234u234k at 00:30|この記事のURLComments(0)アニメ 

July 05, 2018

残しれくれた財産を新しい世代へ

ベルギー戦から2日、私もやっと気持ちが落ち着き?・・・つつある。

試合終わった当日は、あれから洗顔し、着替え、バス、地下鉄に乗って職場・・・全然実感が無かった。
心ここに在らずというか、空虚感、虚脱感、無気力の感覚に近いような・・・。
多分あの日は、日本国民の1/3は、重度や軽度の差あれど、何かそういう感覚を持っていたのではないだろうか。
この感覚は、ドーハの悲劇の当時に近い。
今もシーンを思い出すと、いつのまにか涙が流れてくる。

え、やっぱり重症?
選手自身じゃない、見てるだけのアンタが何ソレ?

うん判る、自分自身じゃないのにね、確かにオカシイと思う自分もいる。
でも、やっぱり自分の事のように悔しいんだよね。
何も力になれないけど、この敗戦は、今後の日本人のメンタリティ、大きく言えば、私は日本という国の在り方、未来への生き残り、存亡という部分にまで波及する程の衝撃があると思うし、私はあってほしいと思っている。
一々、大袈裟すぎんだよwと笑うなら、それで構わない。

戦いへの狡猾さ、それは卑怯と何が違う?との問いは、今後は国民レベルの意識にも関わるかもしれない。
ポーランド戦のあの叩かれ方は、いい意味で忘れない。
GLは、得失点やレギュレーションとの戦いでもある。
トーナメントのような、一発勝負ではない。
そこを判っていない人が余りにも多く、幼稚だと思った。

サッカーに限らず、勝利が全てだ。
日本にも、勝てば官軍、負ければ賊軍という言葉がある。
勝負は字の如く、勝つか負けるかしかない。
日本は結局、初戦の10人のコロンビアに勝っただけだ。
ベスト16止まりは、必然だったのかもしれない。
3戦目のポーランド戦で見せた時間稼ぎを、ベルギー戦ではしなかったのは何故だ!?という批判も、理解できる。

「良い意味でも悪い意味でも、日本はバカ正直すぎたねw」

↑これが結局、海外の評価であり現実だ。
↓尊敬する三浦知良・・・キングカズが言っていました。

特に3戦目と4戦目、多くの日本国民が見た。この戦い方、結果は日本人にとって大きな教訓、財産になると思うし、サッカー(勝負)を知ったと思う」

さすがキング・・・判ってると思った・゜・(ノД`)・゜・
日本は平和国家で、正々堂々の文化が隅々まで浸透した。
それはとても良い事だが、海外では全てがそうではない。
その言葉は、日本だけしか通じない、言わば内弁慶であり、お山の大将である事を忘れてはいけない。
勝利の美学は、強者になって初めて言える権利だ。
日本には無い。
当然自分なんか、経済的底辺で、日本社会で最底辺民だ。
だからこそ、勝利が全てだという事が判る。

長谷部や本田が引退なのは判っていた。
しかし、まさか酒井高徳まで引退するとは思わなかった。
まだ27歳・・・彼は本当に一番評価されていない選手でもあり、気の毒だった。
私の好きな選手だっただけに、残念でならない・・・。
ここぞでJFAは説得してほしいよ、思いとどまるようにと。
タダでさえ信用失ってる今!、JFAは頑張らないと。
恐らく、乾や川島もいなくなる。
他の選手も4年後は33歳付近ばかりだ・・・かなり今の状態と比べると、落ちると思っていいだろう。

だからこそ、新しい若者の時代だ。
新世代の時代が来る。
少子化の止まらない日本、益々、日本人の新戦力の台頭は少なくなってくる。
移民やハーフ選手が増えてる昨今、私は個人的には反対だが、そういう人達の力も、益々必要になってくるだろう。

私みたいな古く負けた日本人タイプは終わりの時代。
新しい感覚、新しい勝負観(勘)の感覚、でもどこかで日本人のメンタリティもちょっぴり、残っていてほしい。
そんな新世代の台頭を望むし、期待しています。

wwwa234u234k at 00:30|この記事のURLComments(0)サッカー 

July 03, 2018

ありがとう、誇れる日本代表です

2018サッカー、ロシアワールドカップ

日本代表はベスト16でベルギー相手に敗れました。
ATで残り数秒で勝ち越しゴールを決められました。


私は、この日本代表を誇りに思います。
ベルギーの強さ、世界の本気の強さを味わう事出来ました。
この苦い味は、絶対日本の良薬になる、糧になる。
ポーランド戦であの戦いを選択したからこそ、この辛い敗戦を味わう事が出来た事に、大きな意義がある。

私は絶叫し、吠え、そして涙が流れない悔しさを味わった。
初戦から2週間、長く楽しませて頂けた私達の日本代表を、誇りに思います。
そして感謝の言葉しかありません。

でも・・・
悔しい、悔しい、悔しい、悔しい、悔しい、悔しい、悔しい、悔しい、悔しい、悔しい、悔しい、悔しい、悔しい

悔しい!!

何が足りないのか・・・壁が厚いのかもしれないし、薄いかもしれない。
沢山足りないかもしれないし、少しだけの差かもしれない。
私は、今どうやってこの敗戦を解釈するべきか判らない。
これが勝負の厳しい世界、この敗戦をどう咀嚼して納得するかによって、今後の日本の未来は変わるかも知れない。
時間かかってもいい。
よく咀嚼して、消化して、少しでも良い栄養として吸収する事を望む。

勝利が全て この一言に尽きる

四年前の雪辱を晴らしたコロンビア戦。
激しい撃ち合いを演じたセネガル戦。
批判されたポーランド戦。
そしてこのベルギー戦。
あれも、どれも、これもサッカーだ、勝負の世界だと、皆に教えてくれた。
お金で買えない、かけがえのない日本全体の財産になる。

重ねて言う。
サッカー日本代表、本当にありがとう。
初戦から数えて、楽しい2週間だったよ。
貴方たち全員、私の、日本の誇りです。
批判なぞ気にせず、堂々と胸を張ってください。

June 29, 2018

立派なベスト16強 批判する連中はすればいい

2018ロシアW杯

日本 VS ポーランド

結果は0-1で負けましたが、ペナルティ数の少なさで上回り、日本は見事ベスト16へ進出しました!
やったー! 
スタメンを6名入れ替えて挑んだポーランド戦。
気温36度越えの猛暑、湿度も高く、まさに厳しい環境だった事もあり、スタメン入れ替えは必然だったと思う。
スタメン変えた事に批判ありますが入れ替えは当然。
間違いなく早い段階で足が止まり、動けなかったでしょう。
監督の本音としては、2戦目にベスト16を決め、3戦目はスタメン総入れ替えをして挑みたかったと思う。
その意味で、中途半端な6名の入れ替えとはいえ、半分以上を休ませた事は大きい。

そして私が一番残念な批判がある。
それは、最後はパス回しで逃げて掴んだベスト16入りを責める輩だ。

私は思う、「それの何が悪い?」
日本は0-1で負け、同じ同率2位になったセネガルとは勝ち点で全く同じだ。
最後はペナルティ数、イエローカードの枚数で決まった。
日本はイエローカードが少なくて、ベスト16に進んだ薄氷の進出だ。
何故か、それを責め立てる連中がいる。

一番許せない発言が、某無能番組で言った関口 宏だ。
あえて発言は書かないが、テメーは一生許さない。
金輪際、お前の出る番組は見ない、一切忘却する。

じゃ言おう。
ルール上、何かソレで違反しているのですか?
ルールの中で、日本はパス回しを選択した戦術、戦略だ。

・セネガルが同点に追いつくかもしれないのに、それでもパス回ししたのがイケない?

じゃ聞きますが、あの猛暑と湿度、既に後半も終盤、日本は点取れる状況でしたか?。
無理に攻めて逆にカウンターで失点orイエローカードを重ねていた可能性が高い。
きっとベスト16行きは逃していた事でしょう。
そのリスクを回避した戦略ですよ。

・モヤモヤして勝ち進んだ気がしない? 

私も同感ですよ、悔しいですよ。
でもGL敗退より、勝ち進める可能性あるなら全然アリの戦略でしょう。
逆に敗退しても、文句言うんでしょ?

・そんな勝ち方して恥ずかしい?

じゃアルゼンチンやメキシコにも言って下さいよ。
彼らだって薄氷のベスト16進出でしょう?

・パス回しで時間稼ぎしてまで勝ち進みたくない?

サッカーに限らないと思うけど、サッカーは特に昔からどこの国も時間稼ぎして勝ち進んできたじゃないですか。
それと同じ事を、日本がやってダメな理由があるんですか?
正々堂々は大切ですよ。
でもルール違反してはいないでしょ?

・ブーイングが恥ずかしい、世界に恥さらし?

ブーイング結構、同じ同国人だってブーイングする人いるんだし、当然でしょう。
同じ恥なら、私は勝ち進む恥を選びますね。
少しでも上へ、経験積める方を私は選ぶ!

むしろ正々堂々と戦ってペナルティ数が少ないクリーンなサッカーをしてるのは、日本ですよ?
だからベスト16に勝ち進めたとは思わないのですか?
ダーティなファウル多いサッカーしてたら、逆に薄氷の差で勝ち進めなかったんですよ?
日本がGL突破出来たのは、必然なんですよ!

勝負に美学を持つのは大事だし、当然だと私は思う。
でもね・・・勝負に綺麗も汚いも無いんですよ、本来。
勝ち進むためにルールを存分に活かした。
コレの何が悪いんですかね?
勝利の美学は、強くなって初めて言える言葉ですよ。
理想を抱くのは大事だし、本来それを目標として努力し続ける訳です。
悔しいですが、日本は世界レベルで見るとまだまだ弱いし、そんな余裕ある訳ないんですよ。

私は逆に、日本サッカーは良い経験値を積めたと思う。
この経験は大きい。
今後の日本サッカーの未来に向けて、強豪国になる為のいい糧になったと思います。
死闘、激闘以外に、今回の戦略上の選択での戦いに勝った。
賭けに勝った経験は大きいし、西野監督の采配を褒め称えたいです。
西野さん、本当に勝負師ですね、素晴らしい!
これで負けたら切腹する位の覚悟があったと思います。
それほどの覚悟が無ければ、あの戦い方は出来ない。
貴重な経験を積む事が出来たと思う。

こんなのを見せられたら、必ずしも外国人監督が良いとは言えなくなりました。
日本に西野監督以上の人がいないような気もしますが、ハリルさんの後任として、予想以上の戦果、功績を挙げてると思います。
素直にソコを褒めてくださいよ、日本サッカーを。
当初三連敗で終わりだと、みんな誰もが思ってたでしょ?
私でさえ、その可能性高いと思ってたんだし。

勝負に綺麗事言いたいのは判るし、私も同感です。
でもね、実際勝負なんてドロドロした汚い世界ですよ。
物語のようにはいかないんです、現実は厳しい。

このベスト16に納得いかないのなら、FIFAに抗議すると良いでしょう。
もしかすると、ルール改正するかもしれない。
チームや監督に批判言うのはお門違い。
例え、ルールやレギュレーションが変わっても、日本は日本のサッカーをするだけの事です。
何も変わらない。
それだけの事ですよ。
それと本来、GLも予選扱いなの知っていますか?
FIFAの規定では、GLは最終予選扱いであり、本選扱いはトーナメント戦以降からだという事を。
やっと入口に立てただけなのを、お忘れなきように。

改めて日本代表、GL突破おめでとう!
やっと入口に立てたけど、ベスト16はこれで3度目。
そろそろベスト16以上に勝ち進みましょうよ。
目標は優勝なんですから!

June 28, 2018

言葉が出ない・・・

サッカーW杯

ドイツ VS 韓国

たった今試合が終わりました
まさかの2-0で韓国の勝利。
そしてドイツのGL敗退・・・。
まさかの展開に信じられないですよ。

こんなに精彩ないドイツを見たのは初めてかも。
2戦目でスウェーデンにAT5分台で劇的ゴール決めて、ゲルマン魂健在だなと思ってたのですが・・・。
いやぁ・・・残念です。
そして、今回ばかりは韓国おめでとうと言うしかない。
戦術は明らかに弱者のサッカーの試合でしたが、韓国のGKは良いですね、安定感がGL3戦ともあり、良かったと思う。
今大会は、日本の川島がミスで叩かれまくってますが、それは川島だけでなく、他の国のGKもミス多いんですよ。
ボールの特性のせいなのか、それとも人工芝の関係なのか・・・。

予想で優勝候補に挙げてたドイツが、GLで姿を消すなんて信じられません。
私の生きてきた人生では見た事ない。
ベスト8以下になった事ない強豪国が、まさかの・・・。
もしかすると、サッカーの世界レベルがどんどん縮まっているのでしょうか?。
それとも、別の要因があったのだろうか・・・。

とにかくドイツはずっと初戦から精彩が無かった。
それは間違いない。
研究されつくしたのか、それとも・・・。
結局韓国はGL敗退しましたけど、ドイツを破るという大金星で雰囲気は最高じゃないでしょうか。

イタリアやオランダのいないW杯、更にドイツのGL敗退。
私的には残念な大会になっていますが、時代が変わりつつあるのかもしれない。
日本も三戦目、どんな魔物が待っているか判らない。
ポーランド戦、魔物に食われないように戦い抜いてほしい!

June 25, 2018

日本サッカーは新しい次元へ

いやぁ・・・何でしょうかね。
他の国の予想は結構当たるのに、自国の事になると全然予想当たらないという、この嬉しい展開は。

日本 VS セネガル

この戦いは、日本サッカー史に残る名試合として、刻まれる事になるでしょう。
本当は全て終わってから結果論として述べようと思ってたのですが・・・。

日本代表、今大会は大成功! だと思います。
たった2ヶ月前に監督解任劇が起き、私も大反対だった。
この結果を見せられると、監督交代は正解だったと認めざるを得ない。
ただし、ハリルが悪かったという意味でない。
日本をW杯に導いたのはハリル前監督の手腕です。
西野監督は、修正を大成功させたとも言える。

結果は、2-2のドロー。
しかし、後半は日本は3点は取れたと思う。
決定力さえあれば、私は5-2で勝てた。
前半、GK川島のミスが無ければ、5-1か4-1で勝てた。
最低でも2-1で勝てたかもしれない。

内容としてですが、正直ここまで日本がボールポゼッション出来るとは思わなかった。
そして、フィジカル対応がとても上手かった。
これはリザーブ含め、ほぼ7割のメンバーが、海外でレギュラーを取って戦っている選手構成されている事が大きい。
今回の代表は、歴代で一番海外組の人数が多い代表で15人もいる。
ベテランばかりと批判も多く、私も若手の少なさを嘆いた。
でも、ベテランが多い=経験が豊富だからこそ、この戦いが出来たとも言える。
ある意味、今が一番、アブラがノっているかもしれない。

この代表で一番驚くのは、大迫と柴崎、乾の三人だ。
他にも素晴らしい選手が多いのだけど、インパクトの意味で言えばこの3名。
特に柴崎は、覚醒したとしか思えない。
やっと遠藤の後継が見つかったともいえるが、もしかすると遠藤や中田ヒデとも違う、新世代のパサーが日本に誕生したのかもしれない。
とにかく日本歴代最高のセントラルミッドフィールダーに、今後成長するかもしれない。
ただし、それは長谷部の献身的な守備があってからだ。
長谷部とのコンビで柴崎が輝いてるとも言えるので、長谷部はベテランで今大会を最後に、代表引退する可能性がある。
長谷部のいない状態で、柴崎が同じ事が出来るのかどうがで、今後の評価が変わってくるだろう。
とにかく、今後5年から長くて8年は、柴崎をパサーとして代表の中心に据える事が出来るのは大きい。
スペインでは、チームの戦術方針にフィットしてないだけで、他のクラブだともっと柴崎を活かせるかもしれない。

もう一つ。
それは、今の西野監督がやっているサッカーは、ザッケローニ元監督(以下ザック)がやりたかったサッカーじゃないか?・・・という事だ。
今の代表メンバーの基礎は、ザックが選んだ選手ばかりだ。
入れ替わりはあったが、中心メンバーはザック時代からおり、実に8年間近く活躍してる事になる。
ザックは元々攻撃サッカーを掲げており、3トップまで試した事もある。
西野監督も、元々は攻撃型の監督で、ガンバ大阪で築いた、最多勝利監督の称号はダテではない。
元々、ザック代表時代は西野ガンバのコピーとも言われてたし、私も実際そう思っていた。
前回大会の2014ブラジル大会の時は、雨が降ったこと、そして直前にメンバーが不調に陥った事もあり、本番で三連敗という失敗で終わった。
私は、ザックにもう4年やらせてほしかったと、今でも思う事がある。
それを、当時もサポートで代表スタッフにいた西野監督が、その時の経験を活かしたのかもしれない。
二人とも攻撃サッカーという部分は同じだし。
ただそこに、ハリルの掲げた「デュエルしろ!」も、今の代表に融合している。

今思えば、ハリルの失敗は「あまりに気弱すぎた」せいかもしれない。
気弱すぎる戦術に、選手達はウンザリしたかもしれない。
「俺達はもっとやれるのに・・・なんでこんな戦い方を」
こんな事を思っていたのかもしれない。

2人の監督の良いトコ取りし、西野監督がたった2ヶ月で融合、修正したとも言える。

とにかく、柴崎と監督の西野さんが凄いと私は思っている。
この世代はベテラン代表とも言われ、最初で最後の組み合わせかもしれない。
でも、間違いなく日本サッカーは、新しい次元に突入した
確信出来る。

今の日本代表は、「歴代最強の日本代表」と言っていい。
課題は、この瞬間で終わるのか、次も続けられるのか。
少子化という厳しい現実がある中、日本サッカーの取り組みは、まさにこれからが正念場であると、私は思います。
当然、私は応援しますよ、日本と日本代表を。

June 23, 2018

サッカー転換期入った

サッカーばかり書いててすみませんm(_ _)m

さて、今大会のW杯を見ていて、サッカーは新しい時代に入ったと思う。
強豪国の苦戦とかの意味でなく、試合自体に大きな影響を与える要因が、新しい時代に入ったと思わせた事です。
そう、VAR(ビデオアシスタントレフリー)の導入です。

時代の進化に伴い、サッカーにもハイテク機器が導入され始めたのは、6、7年前。
まずはGLT「ゴールラインテクノロジー」の導入だ。
まだまだ世界各国のリーグ戦では普及度は低いけど、大きな大会にはほぼ導入されつつある。
4年前のブラジルW杯で初導入され、大きな成果を挙げた。
そして今大会は、GLTに加え、上記のVARも併用される初のW杯になった。
この威力が凄まじいのだ。
今大会は、GL初戦からVARの力を発揮しており、特にPKかどうかを重点にFIFAは重きを置いていると思われる。
通常のファウルでは、ほぼVARを活用しないのだが、ペナルティエリア内でのファウルにはVARを活用し、PKにことごとく判断されているのだ。
しかし、その逆パターンを初めて目撃した。

この動画の12分15秒頃から見て欲しい。
PK判断から、ノーファウルに判断を差し替えたのだ。

これは非常に画期的だ。
逆に言えば、今までの歴史で、主審を欺くファウルが横行していた事になるし、実際そうだった。
マラドーナの神の手が一番、良い例だろう。
これは今までのサッカーでは、通用しなくなる時代がやってきたと思う。
マリーシア(ずる賢い)プレー、倒れたり、見えない反則をするのが上手い選手なとが、通用しなくなる時代がやってきた事になる。
こうして見ると、今までのサッカーで、如何に主審を欺くプレーをされて、泣いてきたチームや国がたくさんあったのかと思うと、悲願が叶ったとも言える。

ただし・・人間の主審は絶対に無くならない事も証明したと思う。
サッカーはとりわけ、ある程度のファウルを見逃さないと、試合として成り立たない競技です。
要は、名試合にするも白けた試合にするのも、主審の匙加減ひとつで変わりやすいスポーツなのです。
主審は演出家としての側面、サッカーはとにかく大きい。
その上で、演技をする選手が上手ければ上手いほど、演出家である主審も信用してしまう事が大きいのが問題だった。
ソレを覆す大きな転換に入った、VARの登場で。

いつかは、サイドラインテクノロジーとか、オフサイドラインテクノロジー等も導入される時代が来るのかもしれない。
AI(人工知能)の日進月歩の発達を見ると、無いとは言い切れない。
ただそこには、人類がAIに対して、どこまで信用出来るかに懸かっている。

結局、信用でスポーツも経済も社会も成り立っている。
ただ、日本も監視カメラ社会になっている現在(いま)。
スポーツもこうしてVARで、不正行為が許されなくなった。

人間はある程度、ウソも無いと生きていけない。
ある程度のウソは許容するのも、優しさの一つであり、人、心を救う事もある。

ただし、それがスポーツ・・・とりわけサッカーとなると、別問題のように聞こえるかもしれない。
故に、人間の主審は絶対に無くならないと思うのです。

June 22, 2018

アルゼンチン代表を優勝候補に挙げなかった理由

6月も下旬になりましたが、北海道は涼しいです。
今年は過ごしやすくて・・・逆に夜は寒い程ですね。
昨年までは、関東以南と同じような暑さだったので、肩透かしです。

さて、サッカーW杯もGL2戦目。
波乱が起きてます。
まずアルゼンチンの敗北。
相手がクロアチアなので、決して弱い相手ではないけど、3-0というスコア以上に深刻な負け方。
私が優勝候補にアルゼンチンの名前を挙げなかったのは、このせいです。


・南米予選でもギリギリ最終戦で突破と、決して内容が良くなかった事。
・新戦力が小粒な事。
・スアレス、メッシ含め、ほぼ30代の選手ばかりな事。

相変わらずメッシ頼みだし、スアレスは太りましたね・・・キレがない。
そして今の監督がイグアインを嫌っている事。
今アルゼンチン代表で、一番点取れるFWは間違いなくイグアインなのに、スタメン起用しない。
世代の若返りに失敗してるんですよ、アルゼンチン。
この試合、全くと言っていい程メッシは機能してなかった。
前々からメッシは代表で輝けない選手と言われてましたけど、私は「あまりにバルサに染まりすぎている」せいだと思っています。
幼い頃から母国アルゼンチンを離れバルサの下部組織に慣れ親しんだせいもあり、アルゼンチン人でありながら、サッカーはスペイン人のソレであり、バルサなんですよ、良くも悪くも。
極論な言い方すれば、輝けるのはバルサのみの内弁慶になっている(あくまで素人の私見なので、ファンの方は、白い目で許して下さい)

メッシ頼みのサッカー戦術から脱却出来ないのは問題。
私は、解説で岡田元監督が言ってた言葉は、的を得ていたと思いますね。
メッシ以外の選手が、切り込んでシュートとかしないで、全部メッシ経由にする。
これじゃメッシも気の毒ですよ。

明日は、ついさっき終わったばかりの、ブラジル VS コスタリカ戦で、サッカー転換期入った事を述べたいと思います。

June 21, 2018

W杯、全GL初戦終えた感想

昨日の日本の勝利に、歓喜の雄叫びが全国に響き渡った夜。
未明には2戦目に突入した。
ここで初戦終わった感想を。

まず、サッカー強豪国、TOP10に入ってる国が予想外の苦戦を強いられている。
ただこれは不思議な事ではないと思っています。
大抵、W杯の歴史上、強豪国は苦戦してる事が多い。
それは、トーナメント戦に入った時に、体調コンディションを万全に持っていく調整方法をしているからです。
強豪国、経験のある国だからこその調整法でもあり、大抵GLをギリギリで突破する国が多い事が、過去のW杯の歴史が物語っています。
またトーナメント初戦の相手、自国の反対のGL突破する国を予想して、わざと2位突破選ぶ事もあります。
当然、その逆も然り。
まさに強豪国ならではの手法でもあり、日本のような弱小国では、そんな余裕なぞある訳ないのです。
ただし、ドイツ、ポーランドの敗戦には驚きましたね。
ここで残り2連勝する為に、ギアを強引にでも上げてくるでしょう。
ただドイツは、私的にちょっと不安ありますね、今大会。
なんだかんだアルゼンチンやイングランド、スペイン等、苦しくても勝ちきる、ドローで終わる試合をしており、流石だなと思います。

予想外なのは、開催国ロシア。
昨日、2戦目となるエジプトを破り、GL突破をほぼ確定させました。
これは本当に予想外です。
開催国パワーも重なり、選手達はプレッシャーで萎縮するかと思えば、逆に力に変えて闘志を爆発させています。
腐っても欧州レベルという事でしょうか・・・。
確かに、ソビエト時代は強かったですからね。
エジプトもサラーのケガもあり不発で気の毒でした。

ダークホースに挙げた、イングランド、クロアチアは順当に勝利。
アイスランドもアルゼンチン相手に、勝利に等しいドローに持ち込む等、2戦目以降も期待持てます。
ブラジル、フランスも順当に勝利。

真価が問われるのは2戦目です。
日本は、ポーランドを破ったセネガルが相手。
間違いなくセネガルは強い!
今度は1人少ない幸運は訪れないでしょうし、本当の意味で厳しい戦いになるでしょう。
2戦目も、どの試合も見逃せない!

wwwa234u234k at 00:11|この記事のURLComments(0)サッカー 
天気予報 北海道央
天気予報 静岡
天気予報 東京
QRコード
QRコード
ペルソナ5 新価格版
発売:2018年9月6日(木)
【Amazon.co.jp限定】怪盗団スペシャルテーマ&アバター5種セット
アトリエ ~アーランドの錬金術士1・2・3~ DX プレミアムボックス
発売:2018年9月20日 (木)
【Amazon.co.jp限定】PC壁紙 (4種) メール配信 & (パッケージ版特典(オリジナルサウンドトラック ダウンロードシリアルコード) 同梱)
ネルケと伝説の錬金術士たち 新たな大地のアトリエ
発売:2018年9月20日(木)
20周年記念ボックス 【Amazon.co.jp限定】PC壁紙配信 (初回封入特典(内容未定) 同梱)
絶体絶命都市4Plus -Summer Memories-
発売:2018年10月25日 (木)
【Amazon.co.jp限定】オリジナル衣装DLC 配信
CODE VEIN ブラッドサーストエディション
発売:2019年度予定
【予約特典】描きおろし「CODE VEIN」&「GOD EATER」コラボデザインの特製クリアカード (パッケージ版限定) 、「GOD EATER」コラボ武器セットとBGM付き豪華PS4用オリジナルテーマが入手できるプロダクトコード (付) 【早期購入特典】ゲーム内で「吸血牙装オウガ 亡蝕の爪牙 (男女セット) 」が入手できるプロダクトコード、特製リバーシブルジャケット (パッケージ版限定) (封入)
ANUBIS ZONE OF THE ENDERS : M∀RS
発売:2018年9月6日 (木)
PREMIUM PACKAGE 【Amazon限定特典】オリジナル壁紙 配信
幼女戦記 10巻
発売:2018年9月25日 (火)
フィギュア付き特装版
PLAY ARTS改 FINAL FANTASY VII ADVENT CHILDREN クラウド・ストライフ&フェンリル
発売:2018年10月31日 (水)
PVC製 塗装済み可動フィギュア
Fate/Grand Order アヴェンジャー/ジャンヌ・ダルクオルタ ドレスVer.

発売:2019年3月31日 (日)
1/7スケール ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュア
初音ミク -Project DIVA- F 2nd ヴィンテージドレスVer.
発売:2019年7月31日 (水)
1/7スケール ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュア
這いよれ! ニャル子さんW ニャル子 バニーVer.
発売:2018年12月31日 (日)
1/4スケール PVC製 塗装済み完成品フィギュア 再販分
Re:ゼロから始める異世界生活 レム
発売中!
1/7スケール ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュア
Re:ゼロから始める異世界生活 ラム
発売中!
1/7スケール ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュア
初音ミク -Project DIVA- F 2nd 巡音ルカ テンプテーションVer.
発売中!
1/7スケール ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュア
サッカー 日本代表 ホームレプリカユニフォーム半袖
発売中!
アディダス メンズ
サッカー 日本代表 なでしこ ホームレプリカユニフォーム半袖
発売中!
アディダス レディース