April 18, 2009

←多彩なカテゴリ,あなたも登録を!!!

#セリーグ個人打撃最新OPSランキング←金本すごい


セントラルリーグ個人打撃最新OPSランキング4月18日終了)

※右のカッコ内は打率での順位

1 金本知憲 阪神 1.609 (1)

2 小笠原道大 巨人 1.123 (13)

3 森野将彦 中日 1.109 (8)

4 和田一浩 中日 1.047 (10)

5 ラミレス 巨人 0.962 (6)

6 栗原健太 広島 0.958 (11)

7 狩野恵輔 阪神 0.922 (2)

8 デントナ ヤクルト 0.914 (12)

9 ガイエル ヤクルト 0.898 (18)

10 藤井淳志 中日 0.893 (21)

11 宮本慎也 ヤクルト 0.883 (4)

12 坂本勇人 巨人 0.846 (9)

13 東出輝裕 広島 0.825 (3)

14 亀井義行 巨人 0.821 (16)

15 青木宣親 ヤクルト 0.771 (19)

16 関本賢太郎 阪神 0.767 (19)

17 吉村裕基 横浜 0.762 (26)

18 野本圭 中日 0.749 (15)

19 鳥谷敬 阪神 0.747 (28)

20 内川聖一 横浜 0.74 (7)


金本が1位でダントツにすごいが,狩野打率2位で奮闘している。打てる捕手は魅力的だが,タイガースにあっては守れる・投手陣を引っ張れる捕手であってほしいとも思う。


  

←クリックしてほかのブログもCHECK!!!


携帯からも読める!
通勤・通学の際にはどうぞ★ (クリックして携帯アドレスに送信!)
ブログの事なら何でもわかる!の「王国」らしい↓
   

March 25, 2009

   

February 01, 2009

   

January 07, 2009

←多彩なカテゴリ,あなたも登録を!!!

#こんなプロ野球が見たい石田雄太


著者: 石田雄太
出版社: 学陽書房
発行年月: 2003年03月
【内容情報】(「BOOK」データベースより)
マリナーズのイチロー、ヤンキースの松井、ドジャースの野茂…、当たり前のように流される日本人メジャーリーガーのニュース。スーパースターの相次ぐ海外流出に追いつめられる日本のプロ野球。数年前、現在の野球界の日常をどれほど想像できただろうか?「プロ野球の危機」がメディアで声高に叫ばれるも、その打開策が何もなされない中、巨人への一極集中は相も変わらず、現実は想像以上のスピードで変化している。未来へ向けてプロ野球が生き残るために、いまできることは何なのか。

【目次】(「BOOK」データベースより)
ON対決に時代の終焉を感じた第1章 プロ野球新世紀の到来―2000〜01・オフシーズン/イチロー渡米に夢を託した第2章 ベースボールの未来予想図―2001年・ペナント前半/いてまえ打線の爆発に驚いた第3章 ドメスティックとワールドワイド―2001年・ペナント後半/長嶋茂雄の退任を歓迎する第4章 巨人という名の柵―2001〜02・オフシーズン/星野阪神VS原巨人に胸躍らせた第5章 新たなる伝統のカタチ―2002年・ペナント前半/カブレラ騒動に矛盾を感じた第6章 ニッポン野球の現状と限界―2002年・ペナント後半/松井秀喜にエールを贈る第7章 インディペンデンス・デイ―2002〜03・オフシーズン

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
石田雄太(イシダユウタ)
1964年、愛知県に生まれる。青山学院大学文学部卒業後、NHKに入局し、「サンデースポーツ」などでディレクターを務める。その後、スポーツ・ジャーナリストとして独立し、「週刊ベースボール」「Number」をはじめとする雑誌、新聞への執筆、スポーツ番組の構成・演出など精力的な活動を続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

  
←クリックしてほかのブログもCHECK!!!


携帯からも読める!
通勤・通学の際にはどうぞ★ (クリックして携帯アドレスに送信!)
ブログの事なら何でもわかる!の「王国」らしい↓
   

January 01, 2009

   

December 14, 2008

   

November 23, 2008

   

November 22, 2008

   

October 23, 2008