December 07, 2004

←多彩なカテゴリ,あなたも登録を!!!

#そんなことで復讐?!←オールドボーイをレビュります

041207-1924.jpgオールド・ボーイ
観てきました。61点。テレビ朝日「虎の門」で先週井筒監督がすごいオススメしていたが,まったく満足できず。まったく,てのは言い過ぎで,設定は奇抜で面白いが,話の内容(脚本?原本?)がツメられておらず,納得できず。

内容は,15年謎の人に監禁された男が,恋に落ちたりナゼ・誰に監禁されたかを追い求める話。韓国映画です。

ネタバレ覚悟で堂々と書くが(それほどオススメしないので),監禁された理由の「復讐」てのが私には納得できない。高校時代に実姉と恋に落ち,実姉を想像妊娠させたことを主人公の男にバラされた,これが監禁の主たる理由になるのだが,なぜ監禁なのか,なぜ15年なのかがいまいちハッキリしないし,そんな理由で監禁してええのか?とこちらが不安になってしまった。

また,15年監禁後に惚れた女というのはその加害者によって仕組まれた恋愛であったが,これも「あぁ,そうなん?」て感じで,特に感心はしない。

とにかく,これからは井筒監督の強いススメには乗らないようにしようと思った初冬の夜。


   へぇ♪へぇ♪音が鳴ります!(スクリプト構成・実験中!)
      
       ↑↓ランキング健闘に貢献するのは…主にあなたですから!!!

      (←youも登録しませんか!待ってます)
携帯からも読める!
通勤・通学の際にはどうぞ★ (クリックして携帯アドレスに送信!)

★この記事へトラックバックURL★
(↓コピペして,ドーン!!!)
コメントも大歓迎です,とても歓迎します(リピータ企画というのをやっているのでブログごとご紹介するかも?!)

ついでに他の方のブログにトラックバックしませんか?ぜひクリックを!(rankヲcheck!)

この記事へのトラックバック
毎度ありがとうございます!
2004年11月16日、仕事帰りひとり、 関内MGAさんにて、19時の回を鑑賞しました。 感想を一言で言うと、 上映時間が一瞬に感じられるくらい引き込まれる作品です。 一時も飽きさせず、常に緊張感が漂い、展開が早くても問題なく理解できます。 そして描写、演技があまりに上手
映画生感想『オールド・ボーイ』【Scarving 1979 : Always Look on the Bright Side of Life】at December 08, 2004 01:10
観てきました。韓国映画。カンヌだかで何か賞貰った映画らしいですよ。タランティーノが大絶賛したらしいですよ。日本の漫画が原作らしいですよ。そんな予備知識を持って観ました。まあ他の映画観たとき、劇場予告で結構気になったので。観ました。 感想、フィンチャーの
オールドボーイ。【■love talk show■】at December 08, 2004 01:19
笑うときは、世界と一緒、泣くときは、おまえは一人ぼっち監督 : パク・チャヌク原作 : 土屋ガロン (作) / 嶺岸信明 (画) / 『オールド・ボーイ』 (全8巻)出演 : チェ・ミンシク / ユ・ジテ / カン・ヘ...
オールド・ボーイ【4th desire】at December 08, 2004 01:35
[映画] 本数:2004_58/100(目指せ年間100本!!もう無理です。多分60も危うい。) 鑑賞日:2004/11/29 題名:オールドボーイ 場所:錦糸町 ジャンル:ミステリー+サスペンス 寸評or感想: 井筒監督絶賛でしたは此方↓ http://www.tv-asahi.co.jp/tiger/ 確かに物凄く強烈。 SAW.
[映画]オールドボーイ【arrr@blog】at December 08, 2004 01:57
☆私はやたらと「セブン」を引き合いに出して評価したがるが、この「オールド・ボーイ」こそ、比較するにふさわしい作品だ。今後の映画の進む方向性にさえも影響を与えた作品「セブン」。それ以降、世界の映像作家は「セブン」を一つの座標軸として据えていた。この「オー
オールド・ボーイ【Matsuno-FC Blog】at December 08, 2004 06:23
「オールド・ボーイ」を観ました(本家・fab*funにもup)。
「オールド・ボーイ」【るるる的雑記帳】at December 08, 2004 09:00
オールドボーイ行ってきました。 ほんまは連れと行く約束してたけどどうしても一緒の時間がとれずに上映終了となってしまいそうやったから、うち一人で慌てて行ってきました。行ってよかったわ。 例によって感想はこっこのがらくたTOPのmovieからお願いします。
更新履歴★映画感想【Cocco TIMES】at December 08, 2004 09:14
03韓 監督・脚本/パク・チャヌ 出演/チェ・ミンシク ユ・ジテ カン・ヘジョン あらすじ/ごし平凡な生活を送っていた男「オ・デス」(チェ・ミンシク)はある日誘拐され、意識を取り戻す と狭い監禁部屋にいた。その後15年間、理由も分からないまま監禁され続け突然開放
オールドボーイ ★★★★★【韓流サロン】at December 08, 2004 09:48
オールド・ボーイを観てきた。またしてもレディースデーに(またかいw) SAWと同様に、オチの設定が肝となっている作品だ。 独特のオープニングは、何かが始まる予感を高めてくれるだけの雰囲気を醸し出していた。 嫌でも、期待感が高まる☆ そして… カンヌでグラン
オールド・ボーイ観ちゃった☆(後半にネタバレ含む)【半蔀(はじとみ)の徒然なる日々】at December 08, 2004 17:36
土曜日、夜にツレと呑む約束があったので、昼間梅田に出て、 予告で見て気になってた「オールド・ボーイ」を見てきました。 平凡なサラリーマンの主人公オ・デスはある日突然何者かに連れ去られ、 15年間監禁生活されていた。15年経ったところでなぜか開放される。 自分
オールド・ボーイ【curious about ....】at December 08, 2004 23:09
オールドボーイ観てきました。すっごく期待していったの。はあ。。。 いかにもタランティーノが好きそうな映画。それに尽きる。...
[オールドボーイ]カンヌ映画祭グランプリ  ?【らむね的通販生活】at December 08, 2004 23:56
監督 : パク・チャヌク 出演 : チェ・ミンシク/ユ・ジテ http://www.oldboy-movie.jp/
2003年 韓 【オールド・ボーイ】【Movie Diary】at February 09, 2005 17:17
☆私はやたらと「セブン」を引き合いに出して評価したがるが、この「オールド・ボーイ」こそ、比較するにふさわしい作品だ。今後の映画の進む方向性にさえも影響を与えた作品「セブン」。それ以降、世界の映像作家たちは「セブン」を一つの座標軸として据えていた。この「
オールド・ボーイ【Matsuno-FC Blog】at February 17, 2005 23:50
「オールド・ボーイ」 チェ・ミンシクの鬼気迫る怪演。 「どうして、オレを15年も監禁したんだ」 訳のわからない状況、そして復讐。 謎解きよりも、明らかになる真実に 主人公がどう反応するかということから 目が離せない。 可憐なカン・ヘジョンと 無機的なユ...
オススメの韓国映画〓「オールド・ボーイ」【soramove】at April 06, 2005 11:12
人妻フミの赤裸々ビデオ日誌に、 『 「オールドボーイ」に感化されて復讐を思い立つ』を追加。 きっとお兄さんの所業は、妹萌えの余りだったのでしょう……って違いますか。 とりあえず、お兄さんは速やかに返却しないと、今後更に大変なことになりそうな悪寒です。 オールド
「オールドボーイ」の感想【I N T R O + UptoDate】at April 08, 2005 18:51
「オールドボーイ」 やっと観られたあ!! 全国に遅れをとって、二日間だけの上映。 しかも、映画館ではなく海沿いのとあるホール。 いやあ、迫力あって、スピード感があって、ものすごく 深いテーマが感じられた映画だった。 展開の速さと謎に迫っていくところのム
オールドボーイ【月影の舞】at May 27, 2005 16:25
この記事へのコメント
毎度ありがとうございます!
ここにも井筒に吊り上げられた方が!
TBありがとうございます。
あのネタは、もしかしたら韓国ではビックリな内容なんでしょうかね?

拷問のようなシーンもモロな描写はなく、そこは助かったけれど、番組であんなに騒いでたから結構覚悟して行ったのに、肩透かしでしたw。

15年も監禁され、その中で、主人公が何度かリストカット、気絶してるところを引きずられて(治療へ)行くところが私は一番怖かったかも。
Posted by かこすけ at December 08, 2004 12:28
>かこすけさん
まったく同感ですね。人間がオカシくなるシーンの描写はやけにリアルで怖かったですね。それにしてもこの映画ばかりは井筒監督のセンスを疑います。「映画好き」の人にとっては楽しいと言えるのではないかとは思いますが。
Posted by 魚[かんりにん] at December 08, 2004 15:42
はじめましてです。今日オールドボーイを見てきた者です。
死ぬほどのネタバレなんでまだ見てない人はこの先を見ないでください!!。


「なぜ監禁なのか」→「主人公の娘と隔離するため」。
「なぜ15年なのか」→「主人公と○○できる年齢になるのを待つため」「死んだ姉と同じ歳になるのが15年後?」。
さらに、主人公が昔した行為はただバラしただけなんですが、結果が
「犯人の姉が妊娠したらしい」→「発覚の恐怖からパニックに陥り姉を殺してしまった」→「本当は想像妊娠だった」→「焼ける自責の念を主人公への憎悪に転嫁させた」。
以上だと思います。
最後に主人公が娘と再会するシーン。あれも犯人のシナリオどおりなんですよ。催眠術の最後に挿入されるテープリールが終わるカット。
あれが犯人の計画の最後を表しています。再開は主人公の企図しないものだったはずです。仕組まれた。
娘を抱いて笑う主人公に催眠術が効いているかどうかはわかりません。
ただ、「笑うときは世界(=娘)と一緒、泣くときはお前一人」という犯人の謎の言葉が最後に結実されるんです。記憶があるなら、娘に秘密を気づかせないために、命がけで泣けないんですから。
記憶が無いとしたら、そうとは知らぬ父と娘の獣の道が待っています。
どう転んでも、地獄です。すごい復讐映画だと思いました。つーか、犯人はいくらなんでもひどすぎるが。長文で失礼いたしました。
Posted by unknown at December 19, 2004 00:37

★この記事へのコメント★
ぜひぜひ!歓迎しとります!必ず返事をしますのでまたのご訪問をお待ちしています。ブログ上討論やっていきましょう!
(コピペはご遠慮くださいね)