今日の日経平均株価は〜


終値 13,317.62円

前日比 -196.58円



今日は『新世紀エヴァンゲリオン〜使徒、再び〜』で当たり

d027f92b.jpg

でも連チャンもすぐに終って伸びないので

7ef3bc3c.jpg

台移動

bd9d8602.jpg

そしてまた『Rio』です

36361590.jpg

昔はこの台で酷い目にばかり遭いましたが

def76301.jpg

最近はそんな事も無く楽しさも解りまったり遊戯

643c3933.jpg

でも今回は…

78b34f3a.jpg

当たっての連チャンも全部ワンセットばかり

953e4212.jpg

なので出ては飲まれを繰り返してました

12da6f49.jpg

一応プラスだしヤメ

さて僕の当てた台は



小遣いしか稼げんな〜



さて僕の持ち株のコード銘柄名 

株数に平均取得単価です


1417 ミライト・ホールディングス 100株 668円

1766 東建コーポレーション 10株 2878円

2157 コシダカホールディングス 400株 169円

2300 きょくとう 100株 242円

2335 キューブシステム 100株 693円

2406 アルテ サロン ホールディングス 1株 23905円

2676 高千穂交易 100株 1073円

2681 ゲオホールディングス 1株 206216円

2684 ジパング・ホールディングス 2株 25553円

2685 ポイント 10株 3521円

2693 YKT 132株 285円

2694 ジー・テイスト 1000株 163円

2698 キャンドゥ 100株 949円

2703 日本ライトン 100株 422円

2712 スターバックス 1株 30505円

2762 三光マーケティングフーズ 1株 99105円

2769 ヴィレッジヴァンガードコーポレーション 1株 99405円

2772 ゲンキー 100株 1203円

2778 パレモ 100株 304円

2789 カルラ 500株 566円

2792 ハニーズ 50株 878円

2809 キユーピー 100株 931円

2812 焼津水産化学工業 100株 740円

2902 太陽化学 100株 417円

2927 AFC‐HDアムスライフサイエンス 100株 661円

2928 健康コーポレーション 100株 244円

3003 ヒューリック 100株 1180円

3048 ビックカメラ 1株 44305円

3050 DCMホールディングス 100株 762円

3068 WDI 100株 197円

3097 物語コーポレーション 100株 1130円

3147 リックコーポレーション 100株 252円

3171 MV九州 100株 1054円

3244 サムティ 2株 31228円

3260 エスポア 100株 572円

3326 ランシステム 1株 71605円

3371 ソフトクリエイト 100株 692円

3434 アルファCo 100株 647円

3512 日本フエルト 100株 560円

3598 山喜 100株 142円

3817 SRAホールディングス 100株 782円

3830 ギガプライズ 100株 690円

3950 ザ・パック 100株 1276円

4271 日本カーリット 100株 444円

4312 サイバネットシステム 1株 36005円

4334 ユークス 100株 591円

4346 ネクシーズ 10株 3120円

4679 田谷 100株 736円

4762 XNET 1株 82105円

4799 アグレックス 100株 1162円

4826 CIJ 100株 260円

4921 ファンケル 100株 1148円

4928 ノエビアホールディングス 100株 1441円

4957 ヤスハラケミカル 100株 981円

5742 エヌアイシ・オートテック 100株 316円

5816 オーナンバ 100株 214円

5819 カナレ電気 100株 852円

5909 コロナ 100株 743円

5959 岡部 100株 410円

6262 ペガサスミシン製造 100株 528円

6485 前澤給装工業 100株 1084円

6789 ローランド ディー.ジー. 100株 1483円  

7201 日産自動車 200株 1005円

7291 日本プラスト 100株 408円

7313 TSテック 100株 488円

7421 カッパクリエイト 50株 2622円

7445 ライトオン 100株 1092円

7458 第一興商 100株 798円

7506 ハウス オブ ローゼ 100株 1371円

7512 イオン北海道 100株 335円

7520 エコス 100株 809円

7524 マルシェ 100株 1155円

7525 リックス 100株 798円

7550 ゼンショー 300株 829円

7559 GFC 100株 922円

7594 マルカキカイ 100株 616円

7603 マックハウス 100株 917円

7607 進和 100株 869円

7613 シークス 100株 281円

7616 コロワイド 500株 551円

7622 さかい 1000株 137円

7628 オーハシテクニカ 100株 538円

7638 シーマ 501株 61円

7732 トプコン 100株 758円 

7744 ノーリツ鋼機 100株 655円

7818 トランザクション 200株 464円

7819 SHO−BI 100株 577円

7834 マルマン 100株 470円

7867 タカラトミー 106株 1256円

7874 レック 100株 1232円

7893 プロネクサス 106株 391円

7925 前澤化成工業 100株 799円

7942 JSP 100株 770円

8001 伊藤忠商事 100株 809円

8118 キング 100株 228円

8263 ダイエー 100株 278円

8267 イオン 100株 1077円

8772 アサックス 1株 133139円

8793 NECキャピタルソリューション 100株 941円

8798 アドバンスクリエイト 100株 998円

8893 新日本建物 300株 218円

8904 サンヨーハウジング名古屋 100株 727円

9368 キムラユニティー 100株 697円

9449 GMOインターネット 100株 347円

9619 イチネンホールディングス 100株 406円

9644 タナベ経営 100株 803円

9759 NSD 100株 724円

9766 コナミ 151株 2183円

9861 吉野家ホールディングス 1株 169050円

9882 イエローハット 100株 986円

9943 ココスジャパン 100株 1396円

9945 プレナス 100株 1064円

9990 東京デリカ 100株 312円

9991 ジェコス 100株 750円

9995 ルネサスイーストン 100株 254円

9996 サトー商会 100株 862円


評価額合計 12,606,059 円

評価損益合計 2,992,112 円



前日より53,000円ほど下がりました


そしてパチの帰りに図書館へ

0992ab80.jpg


マライヤキャリーの『# 1's』と『Butterfly』を借りました



借りても最近は聞く暇がないんだよね〜



さて妻の持ち株のコード銘柄名    

株数に平均取得単価です


1766 東建コーポレーション 10株 3701円

1965 テクノ菱和 100株 553円

2128 ノバレーゼ 1株 50705円

2300 きょくとう 100株 266円

2580 コカ・コーラ セントラル ジャパン 100株 1115円

2599 ジャパンフーズ 100株 803円

2607 不二製油 100株 1084円

2685 ポイント 10株 2811円

2769 ヴィレッジヴァンガードコーポレーション 1株 91505円

2702 マクドナルド 100株 1753円

2772 ゲンキー 100株 1269円

2789 カルラ 100株 369円

2792 ハニーズ 10株 905円

2928 健康コーポレーション 100株 202円

3003 ヒューリック 400株 494円

3023 ラサ商事 100株 487円

3034 クオール 100株 526円

3048 ビックカメラ 1株 44555円

3050 DCMホールディングス 100株 548円

3068 WDI 100株 201円

3077 ホリイフードサービス 100円 574円

3147 リックコーポレーション 100株 247円

3153 八洲電機 100株 335円

3171 MV九州 100株 1129円

3366 一六堂 100株 388円

3396 フェリシモ 100株 1146円

3512 日本フエルト 100株 382円

3598 山喜 100株 175円

3654 ヒト・コミュニケーションズ 200株 513円

4271 日本カーリット 100株 413円

4298 プロトコーポレーション 100株 1490円

4548 生化学工業 100株 957円

4668 明光ネットワークジャパン 100株 763円

4762 XNET 1株 87105円

4799 アグレックス 100株 1131円

4837 シダックス 100株 513円

4926 シーボン 100株 1387円

5234 デイ・シイ 100株 227円

5742 エヌアイシ・オートテック 100株 199円

6161 エスティック 1株 96305円

6257 藤商事 1株 88505円

6262 ペガサスミシン製造 100株 148円

6287 サトーホールディングス 100株 996円

6630 ヤーマン 100株 978円

6855 日本電子材料 100株 476円

7148 FPG 300株 193円

7291 日本プラスト 100株 454円

7412 アトム 100株 389円

7421 カッパクリエイト 50株 1708円

7438 コンドーテック 200株 271円

7445 ライトオン 100株 914円

7458 第一興商 100株 851円

7490 日新商事 100株 822円

7512 イオン北海道 100株 357円

7550 ゼンショー 100株 1001円

7561 ハークスレイ 100株 501円

7596 魚力 100株 981円

7607 進和 100株 919円

7643 ダイイチ 100株 565円

7722 国際計測器 100株 583円

7732 トプコン 100株 519円

7818 トランザクション 200株 251円

7874 レック 100株 1432円

7921 宝印刷 100株 692円

8005 スクロール 100株 308円

8012 長瀬産業 100株 839円

8127 ヤマト インターナショナル 100株 388円

8151 東陽テクニカ 100株 928円

8171 MV中部 100株 752円

8196 カスミ 100株 441円

8198 MV東海 100株 1059円

8255 原信ナルスホールディングス 100株 1000円

8772 アサックス 1株 101106円

8798 アドバンスクリエイト 100株 997円

8908 毎日コムネット 100株 342円

9324 安田倉庫 100株 476円

9449 GMOインターネット 100株 369円

9501 東京電力 100株 507円

9728 日本管財 100株 1369円

9759 NSD 100株 663円

9861 吉野家ホールディングス 1株 167175円

9932 杉本商事 100株 890円

9979 大庄 100株 1389円


評価額合計 8,298,240 円

評価損益合計 2,257,509 円



前日より19,000円ほど上がりました


さて今日は下がっちゃいましたが…

それより僕と妻の持ってる1766 東建コーポレーションが

単元株式数の変更及び定款一部変更に関するお知らせ』ってのが

単元株式数を10株から100株に変更するらしいんですが…

株式分割は実施しないらしいです

そして気になる株主優待は…

現行の株主優待制度は平成26年4月末時点における株主様分まで実施することと致します。しかしながら、平成26年5月以降の株主優待制度につきましては、全面的な見直しを予定しており、これにつきましては、内容が決まり次第、改めてお知らせ致します。

これは廃止しちゃうって事かな

なんか最近は単元株式数の変更するのに分割しないの多くて嫌だね

それと同時に『平成25年4月期 決算短信〔日本基準〕(連結)』も発表

東建コーポレーション、今期経常は6%増益、5円増配へ

 東建コーポ <1766> が6月11日大引け後(15:00)に決算を発表。13年4月期の連結経常利益は前の期比68.6%増の96.8億円に拡大し、14年4月期も前期比6.3%増の103億円に伸びる見通しとなった。3期連続増収になる。

 同時に、今期の年間配当は前期比5円増の90円に増配する方針とした。

 直近3ヵ月の実績である2-4月期(4Q)の連結経常利益は前年同期比30.8%増の39.5億円に拡大し、売上営業利益率は前年同期の4.5%→5.7%に改善した。


分割してよ〜



2013年に届いた配当金10万5723円

2013年に届いた株主優待は約14万5878円分


2004年5月からチョビチョビ株を買い始めて


2004年9月から今まで届いた配当金は127万5357円

2004年9月から今まで届いた株主優待は約233万3013円分です



我が家の持ち株では〜


5%ルール報告11日 ポイント(2685)――保有割合の減
財務省 6月11日受付
(提供者、保有株券等の数・保有割合、カッコ内は報告前の保有割合)
★発行会社:ポイント
◇株式会社ポイント
1,599,701株 6.56%(10.89%)


日本マクドナルドH<2702> マクドナルド、14カ月ぶり月次既存店売上高プラスの裏に主力品「価格逆転」戦略
 5月の既存店月次売上高がついに下げ止まったマクドナルド。13カ月続いていた前年割れからの脱出だけに画期的なニュースともいえるが、その中身は前年同月比で客数が3.1%減少したのに対して、客単価が3.7%上昇し、結果的に既存店売上高が0.5%アップしたという格好だ。背景にはどのような戦略があったのか。

 マクドナルドを運営する日本マクドナルドホールディングスは、既存店売上高の前年同月比割れが続いたことを受け、主力商品を“値上げ”する一方、キャンペーンやクーポン券配布による“値引き”により、客単価アップと集客力拡大の“最適解”を追求することに力を注いできた。

 その結果、たとえば本来、単品では倍近い価格差がある「チーズバーガー(150円)」と「ダブルチーズバーガー(店舗により異なるが300円前後)」が、セット価格(ポテトとドリンクMサイズのセット、以下同)では逆転するといったケースが、一部の店で出ている。

 東京都渋谷区にあるマクドナルド南青山店。同店ではチーズバーガーのセット価格が530円(単品は150円)、ダブルチーズバーガーのセット価格が650円(同店での単品価格は310円)でそれぞれ販売されている。一見、単品価格での安い・高いがそのままセット価格に反映されているように見える。

 ところが、マクドナルドでは昨年10月から、一部地域を除く全国3000店以上の店舗で平日の10時30分〜14時の間、「マックランチ」と名付けたお昼時の割引キャンペーンを実施している。ダブルチーズバーガーのマックランチにおけるセット価格は全国均一で500円だ。

 つまり、平日のお昼時に限ると、南青山店ではチーズバーガーのセット価格530円に対し、ダブルチーズバーガーのセット価格は500円となり、単品とは価格が“逆転”してしまう。

 チーズバーガーのセット価格はマクドナルドのほとんどの店で490円以下に設定されているが、南青山店はそれが500円を超える数少ない店舗。そのため、チーズバーガーとダブルチーズバーガーのセット価格での逆転劇が、平日のお昼時限定とはいえ、起きてしまったのだ。

 「クーポン券」などを利用することにより、本来高い商品が安い商品よりも安く買えるケースは他の外食でも見られなくはない。ただ、時間限定とはいえ来店者が誰でもクーポン券等もなしに、明らかに付加価値の高い商品を、そうでない商品よりも安く買えるような例は、それほど多くない。

 日本マクドナルドホールディングスによれば、この2商品の価格逆転は都内10店舗超で起きているという。

 「あくまで(セット価格では)ダブルチーズバーガーがお得ということであり、チーズバーガーが高いわけではない。限られたプロモーションでの価格設定だ」と同社では説明する。

 とはいえ、このチーズバーガーvs.ダブルチーズバーガーより、さらに広範な店舗で影響が出ているケースもある。マクドナルドの最もベーシックな商品である「ハンバーガー」をめぐる価格逆転だ。

 ハンバーガーは単品120円で、セット価格は460〜510円(店舗により異なる)。ところが、マックランチの時間帯に利用すれば、「てりやきマックバーガー」や「フィレオフィッシュ」はいずれもセット価格が450円であるため、ハンバーガーのセット価格とは完全に逆転する。

 チーズバーガーとダブルチーズバーガーの価格逆転が少数の店舗にとどまるのに対し、ハンバーガーをめぐる価格逆転は、マックランチを実施している3000店以上で起きている。

 こうした中で、マクドナルドの5月の既存店売上高が14カ月ぶりに下げ止まったことをどう評価すればよいのか。これはちょうど1年前に行った値下げ戦略の影響が一巡したことに加え、今年の5月7日からハンバーガーやチーズバーガーといった比較的低価格帯の一部商品を値上げしたことで、客単価を引き上げることに成功したことが大きい。その反面、値上げが客数の減少に影響したことも見逃せない。

 日本マクドナルドホールディングスでは、今回の月次売上高の発表と同時に、6月中旬には新商品発表会を実施し、「夏の外食市場を席巻すべく、クォーターパウンダーの新商品を投入する」ことを表明した。同発表会には原田泳幸会長兼社長が出席し、自ら商品戦略を説明するという。

 客単価については、“値上げ”戦略の奏功で、ひとまず下げ止まりのメドをつけたマクドナルド。ただ、5月の既存店売上高は回復の兆しを見せているとはいえ、通年での挽回に向けてのハードルは低くない。東洋経済では下表のように、既存店の復調を前提とした会社側の営業小幅増益計画の達成は現時点では未達の可能性があると見ている。夏場の客数底入れに向けて、原田社長はどのような商品戦略を打ち出すのか。

(松浦 大)(株)東洋経済新報社


『人にやさしい会社がみんなを幸せにする』


【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 やさしい会社づくりから始まる高度幸福化社会の建設ー元祖「大家族主義」経営・日本理化学工業からの教え(やさしい会社を創ろう/きっかけは、同情心から ほか)/第2章 普通の会社が「究極の幸せ」を分かち合う会社に変身した5年間ーLFC流「大家族主義」経営誕生の物語(「大家族主義」経営の六か条/人として正しいことは、必ず伝わる瞬間が来る ほか)/第3章 大家族から生まれた、心温まる「絆」の物語ー「有縁社会」復活の足音が聞こえる(有縁なくして真の幸福なし/名は残さずとも、匠の心は残せ! ほか)/第4章 働く幸せづくりと生産性(市場競争力)は両立するー究極の「大家族主義」経営・長野の中央タクシー(理念共同体企業/サービスは有料、ホスピタリティは無料 ほか)/第5章 アジアにひろがる「大家族主義」経営ーグローバルスタンダードよ、さようなら。アジアンスタンダードよ、こんにちは(「持続可能な高度幸福社会」の建設が命題/残能全開 ほか)