今朝は朝からイライラ

9d6704b3.jpg

いつもだけど二世君がご飯中に遊んで食べないし

15a57558.jpg

洗濯機のホースとか引っ張るからかパッキンが悪くなったのか水がピュー

420c5bc8.jpg

そして今日は妻が朝に幼稚園へ送ってくれるので

8aed68ee.jpg

僕は一安心パチ屋にでも行くか〜で出発

92948e6d.jpg

そしてバックしたらドン

27037fc3.jpg

二世君が一人で家から飛び出してついてきてぶつかりました

1260632b.jpg

ま〜バックの時にブレーキから足を離した程度のスピードなので軽くでケガは無しですけど

fe4dc85e.jpg

朝から説教です

14c871e1.jpg

前ほどではないけど今でも毎日一度は何かしらで怒ってるけど…

510be5a4.jpg

いつになったら気をつけてくれるんだろ〜

fd91a3f4.jpg

最近じゃ足漕ぎ自転車で僕の足では追いつかないスピードで

6eb4a53d.jpg

一人でお菓子を買いにお店までダッシュするし

eea1cbe3.jpg

車とか危ないよ〜って言っても注意してないみたいだし大変

e825758c.jpg

家の中では鬱陶しいくらいにべたべたしてくんのに

3115192c.jpg

外だとどこかに行っちゃうのヤメてよ

19e3f7f4.jpg

そんな感じで朝からイライラ



そして『スーパーロボット大戦OG』 と『革命機ヴァルヴレイヴ』でめっちゃ負けました


その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

そして朝に思いっきり怒られたからか

84692a2f.jpg

幼稚園の帰りは爆睡

3b98038f.jpg

寝ぼけながらおやつを購入です

cb76ac26.jpg

珍しく素直に安いお菓子を買ってくれた

3a2139a9.jpg

そして公園へ

0ccce8d2.jpg

桜も満開です

55dfad6f.jpg

友達とも遊んでもういつもの調子

9a958eb7.jpg

友達にもおやつをあげて

d102ac79.jpg

キットカットうま〜

97909472.jpg

もう朝の事は忘れたのかな〜

4a077489.jpg

気をつけて遊んでね




そんな今日のポイントサイトの稼ぎは

1873c246.jpg

『ポイントタウン』で3万PをPeXポイントに交換

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

無料で貯めて交換手数料も無料

僕の稼ぎの中ではここがナンバー1です

ちなみに『ポイントタウン』で貯めたポイントはビットコインにも交換できるよ

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

『ちょびリッチ』でも交換可能だし

モッピー!お金がたまるポイントサイト

『モッピー』でも交換できるし

お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布

『お財布.com 』でもビットコインに交換できるから

ポイントサイトを利用してそのまま投資しちゃうのも楽しいかもね


簡単で還元率が高いポイントサイト / ポイントモンキー

2018年に届いた配当金7万2663円

2018年に届いた株主優待は約7万5720円分


2004年5月からチョビチョビ株を買い始めて


2004年9月から今まで届いた配当金は390万2939円

2004年9月から今まで届いた株主優待は約525万3132円分です

暮らしをおトクにかえていく|ポイントインカム

『高齢ドライバー』


【内容情報】(出版社より)
【増加が予想される「高齢ドライバー」事故。本人、家族、社会が出来ることとは?】

ブレーキとアクセルを踏み間違えて孫をひき殺した、高速道路に誤って侵入して逆走した、気を失って歩道に突っ込んだ……高齢ドライバーの事故が相次いでいます。
交通事故全体は減少していますが、高齢者による事故割合は増加の一途を辿り、対策は急務。今年3月には改正道路交通法も改正され、特に認知症検査が強化されました。
一方で、地方では公共交通機関が衰退し、車が無ければ生活ができない状況に陥っています。認知症患者を抱える家庭では、おじいちゃんが勝手に車に乗らないように鍵を隠す、などという涙ぐましいケースも出てきています。
しかし、問題はそう簡単ではありません。一番のネックは「年齢より個体差が大きい」こと。特に病歴や服薬の状況によって大きくリスクは変わってくるのです。
それでも希望はあります。たとえば……
・自動ブレーキ技術の導入で誤発進を防ぐ!
・免許返納者へプレゼントを送る自治体が増えている!(現在27万人、対象の2%)
・乗り合いタクシーなど輸送代替手段を整備する事例が増えている!
本書では、高齢ドライバーの「認知」「身体」の専門家からの寄稿に加え、地方問題や公共交通の専門家も参戦。この一冊で問題の核心が分かります!

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
高齢ドライバー増加に伴い、二〇一七年、改正道路交通法で認知機能検査が強化された。しかし、免許証返納後の不便をどうするのか?認知機能検査は効果があるのか?自動運転はどこまで事故を減らせるのか?など問題は山積みだ。この一冊で問題の核心がわかる!

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1部 社会問題としての高齢ドライバー(わが国の交通事故の概況/高齢ドライバー激増時代の到来/高齢ドライバーの運転能力/交通安全対策の枠組み(交通事故対策の基本原則)/わずか五十年で築かれた日本の車社会/自動車優先主義が定着してしまった日本の交通社会:欧州地方都市との比較を通して/高齢者講習をめぐる問題/免許自主返納へ向けての取り組み/超高齢時代の新社会観/今後への提言)/第2部 認知機能と身体能力から見る高齢ドライバー(高齢ドライバーの認知機能/身体的問題と自動運転技術)