U14知多のトレーニングは、チームでボールを保持するパス練習の“ポゼッション”という事をよくやっていますが、個のレベルアップの為に11の“戦い”も行なっています。


選手が複数居ればパスとドリブルが可能になり状況を把握し判断が求められます。


1対1は、誰の助けもなく目の前の相手にどう勝つか駆引きが生まれます。


どちらも大切な要素です。


先週は1対1を中心にトレーニングしました。


以前より、見応えのある戦いが多くなって来ました。


攻撃側も守備側も頭をフル回転させ駆け引きの連続…意地と意地のぶつかり合いで激しさが増して来ました。


先週末の誉高校戦では、球際の戦いで高校生にも臆することなくプレーしました。


ボールを持っていても怖がらず、落ち着いていたのも1対1で激しいプレッシャーにも慣れて来たからだろうか…?


まだまだですが、これからも個と組織も同時にレベルアップして行かなければいけません。


imr


IMG_4580

IMG_4578
IMG_4581
IMG_4582
IMG_4579
IMG_4569
IMG_4571