12月24日は知多のU14,13の選手たちでミカン狩りをしました。


知多のコーチがミカン農家ということで収穫の手伝いです。


選手たちは真剣にやる子もいればワイワイガヤガヤやってる子もいたり、グランドとはちょっと違う顔つきで楽しそうでした。


今年は豊作らしく、一本の木にこれでもかというくらいに実がなっていて、重みに耐えられなくなって折れてしまった木もあるくらいでした。


私はこの実を見ながら思いました。


この選手たちはどんな実がなるのかと。


我々指導者や親御さん、周りの大人たちが子供たちのために種を蒔き、水をやり、肥料を与える。


やがて根を張り、芽が出る。


選手たちが今後いろんな困難にあっても倒れない立派な木に成長し、やがて花を咲かせ、実をつけることを願う。


花を咲かせ、実がなるまであと何年かかるだろう…


子供の成長に大人たちがサポートするけど、最後は自分自身で強く大きくなり、それぞれの実をつけてほしい。


育成年代に関わった本当の成果は数年後に現れる。


選手たちの今後の成長を楽しみにしています。


imr


IMG_5275

IMG_5252
IMG_5255
IMG_5256
IMG_5258
IMG_5259
IMG_5260
IMG_5264
IMG_5265
IMG_5267