民主党の山岡賢次国対委員長は22日午後の党代議士会で、舛添要一前厚生労働相(61)らが自民党を離党し、新党を結成することについて「いかにも選挙互助会だ。『新党改革』というが、改革クラブに婿入りし、表札を変えただけ。自民党のエースが夜逃げのように出ていったことは寂しい感じだ」と批判した。そのうえで、自民党に対して「ぼろぼろ崩れている。引き留める能力もなかったのか」と揶揄(やゆ)した。

【関連記事】
舛添前厚労相が自民に離党届提出 自民は議員辞職要求
自民衝撃、集団離党…舛添やっと決断、新党旗揚げへ
八方ふさがり最後の決断 舛添新党、23日結成で最終調整
首相「私は愚か」発言 「米紙の揶揄、そのままいただいた」
舛添氏「青木氏の権力の源泉はポスト配分」
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

個人差大きい加齢による体形変化 ワコール人間科学研究所調査(産経新聞)
<八王子2人殺傷>無期を懲役30年に減刑 東京高裁(毎日新聞)
水俣病救済を決定 政府 未認定3.5万人超対象(産経新聞)
寝屋川の女児死亡 懐に飛び込めず見逃す 市と児相 連携、訪問も (産経新聞)
村木被告「(検事に)腹が立った」と涙 郵便不正公判 第17回詳報(産経新聞)