22日午後8時50分ごろ、大阪府岸和田市加守町の民家から出火、隣接する住宅にも延焼した。約1時間40分後に消し止められたが、木造2階建て住宅5棟計約500平方メートルが全半焼した。

 この火事で、火元の住宅に1人で住んでいた男性(91)の行方がわからなくなっており、岸和田署などで捜索している。ほかにけが人などはいないという。

 現場は南海本線春木駅の南約1キロの住宅街。

【関連記事】
山陽道で車両火災 乗用車がガードレールに接触
文化住宅火災で15世帯避難 未明の大阪・岸和田
大阪・八尾のスクラップ会社で火災、山積みの廃品燃える
マンション火災 焼け跡から男性の遺体 東京・江東区
ぞうきん、軍手で発火? 自動車火災に「意外な原因」

プロテカジンに逆流性食道炎の適応追加―大鵬薬品工業
宇宙から帰還の「神秘の種」芽吹く 若田さんと無重力の旅「山高神代桜」(産経新聞)
専門看護師の在り方などで議論-文科省検討会(医療介護CBニュース)
アスベスト訴訟 石綿紡織業100年間の歴史 泉南地域(産経新聞)
小川直也も谷亮子出馬を批判 政治と柔道の両立「絶対に無理」(J-CASTニュース)